84件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

海外拠点新設も視野 佐藤工業は主に自動変速機(AT)関連の自動車プレス部品を得意とする。... 当時の佐藤工業は大幅な営業赤字の状態で、オーナー経営から事業承継を含めた立て直しとして...

「エコ・ファースト」企業、楽天など5社認定 環境省 (2020/10/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

環境省は21日、環境先進企業の認定制度「エコ・ファースト」に楽天、島津製作所、佐藤工業、大東建託、ネクシィーズグループの5社を加えたと発表した。

【名古屋】佐藤工業(愛知県あま市、植村達司社長、052・441・7771)は、IoT(モノのインターネット)を活用した生産業務の効率化を推進する。... 佐藤工業は自動車向けプレス部品を得意とする。....

傘下の自動車内外装部品を手がける三井屋工業(愛知県豊田市)などで導入している、生産や作業者に関する情報を見える化する電子日報アプリなどを生かす考え。... セレンディップは自動車部品会社の佐藤工業(愛...

佐藤工業は茨城県つくば市で同社の研究開発と現場業務を支援する「つくば技術センター(仮称)」の建設工事に着手した。

セレンディップは三井屋工業(愛知県豊田市)や佐藤工業(同あま市)、天竜精機(長野県駒ヶ根市)といった自動車部品メーカーなどに出資して傘下とし、経営支援をしながらグループとして共に事業を進めている。&#...

事業承継 新たなカタチ(上)デジタル化に活路 (2020/6/22 自動車・機械・ロボット・航空機)

セレンディップは、トヨタ自動車の主要部品サプライヤーである三井屋工業(愛知県豊田市)や、佐藤工業(同あま市)、天竜精機(長野県駒ヶ根市)などを傘下に収め、グループとして共に事業を進めている。... 三...

三井屋工業はトランク内装部品などの製造を手がけている。... 三井屋工業は18年に中堅・中小企業の事業承継などを支援するセレンディップ・コンサルティング(名古屋市中区)の傘下となった。... セレンデ...

戸田建、福島県の補助事業継続 建設現場で再生エネ活用 (2020/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

戸田建設は28日、同社完全子会社の佐藤工業(福島市)、村田製作所と共同で進めてきた建設現場の再生可能エネルギー導入促進事業を1年間継続し、ビジネススキームの構築を目指すと発表した。... 実証研究は福...

技術支援、現場コスト半減 ―現3カ年中計(2020年6月―22年6月期)の重点施策は。 「茨城県つくば市に技術センターを整備している。新たな技術...

硬化肉盛溶接の健全性、音響AIで評価 佐藤工業と栗本鉄工所 (2020/1/17 建設・生活・環境・エネルギー)

佐藤工業と栗本鉄工所は16日、音響人工知能(AI)と呼ぶ教師データによるマッピング技術を使い、硬化肉盛溶接の健全性を評価する検査器『音響診断ポータブル―AI』を共同開発したと発表した。... 今後、佐...

佐藤工業と滋賀大、データサイエンスで連携 研究開発・人材育成 (2019/10/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

佐藤工業は滋賀大学とデータを分析して新たな価値を創造するデータサイエンス(DS)分野で連携協定を結んだ。... 具体的に佐藤工業は近くクラウド上で現場施工データを一元化した後、高機能検索システムを開発...

日建連、災害応急復旧工事に対応 (2019/10/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

対応会社は大林組、鹿島、佐藤工業、清水建設、大成建設、鉄建建設、東急建設。

佐藤工業など、3D出来形管理システム ロックボルト位置自動検出 (2019/10/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

佐藤工業は7日、ユニアデックス(東京都江東区)、日本ユニシス・エクセリューションズ(同)と共同開発した山岳トンネルの3次元(3D)出来形管理システム「出来形マイスター(トンネルPKG)」にロックボルト...

東北でも少ない大型スチールショットブラストマシン完備  SKブラスト(旧:佐藤工業)は消波・根固ブロック用型枠を中心に各種...

佐藤工業など、ウエアラブル対応の打音検査器 (2019/10/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

佐藤工業は、Dynabook(東京都江東区)の眼鏡型ウエアラブル機器「AR100」に対応したコンクリート打音検査器「健コン診断AR=写真」を共同開発した。... 佐藤工業の検査業務に導入し、同社従来比...

佐藤工業、トンネル発破を消音 車用マフラー技術応用 (2019/6/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

佐藤工業は東海大学の森下達哉教授と共同でトンネル発破音の新型消音装置とその設計技術を開発した。

トンネル、アリーナに注力 ―建設市場をどう見ていますか。 「仕事は間違いなくある。だが大型案件が最盛期に入り、新規の案件が出てくるため人のやりくりが課題だ。

360度の音源方向可視化 産総研など、建築現場用に開発 (2019/3/5 建設・エネルギー・生活1)

産業技術総合研究所、佐藤工業、長谷工コーポレーション、安藤ハザマ、CAEソリューションズ(東京都千代田区)は4日、音源方向の可視化技術を開発したと発表した。

再生可能エネルギーが有効利用されるよう、エネルギー循環型システムの提供に力を入れる」 ―福島県の佐藤工業を買収しました。 ... 再生可能エネルギーに取り組む福島県...

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる