40件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

使い捨てプラによる海洋汚染問題を背景に、プラ削減に加え、再利用可能な素材や生分解性の高い素材への代替が進む。

使い捨てプラの削減が目的で、11月から103店の一部商品で先行導入し、2021年2月から全店舗で切り替える。 ... 見た目が華やかなフラペチーノなどは従来通りプラ製カップを使う。&...

ただ、日本で発生する年900万トンの廃プラのうちレジ袋は数%にすぎず、プラごみ削減の効果を疑う声もある。... 欧米やアジアでは、ストローやスプーンなど使い捨てプラ製品の使用を禁止する国・地域が増えて...

日本は廃棄物の適正処理の仕組みが構築され、プラゴミの海洋流出が少ないとされるが、使い捨てプラ製品の乱用に歯止めをかける必要はある。

環境省、バイオプラに導入行程表 用途別に時期明示 (2020/5/21 建設・生活・環境・エネルギー)

海への廃プラ流出が国際問題となり、国内ではレジ袋などの「使い捨てプラ」の消費量が多いこともあり、バイオプラの普及が期待されている。... 検討会ではプラ製品を扱う企業以外に、リサイクルや廃棄物処理業者...

「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の携帯電話を扱う全店舗が新しい手提げ袋を導入し、使い捨てプラを大幅に削減する。

リコー、柔らかな植物由来100%プラ 食品容器など提案 (2020/2/7 素材・医療・ヘルスケア)

梱包材や飲料カップのフタ、食品容器など、石油由来の使い捨てプラの代替素材として提案する。 ... 海に漂うプラごみが国際問題化し、使い捨てプラの削減が迫られている。政府は19年6月、...

プラ使用量少なく、色あせない開発成果 「開発に5年の歳月がかかった」。... いま、使い捨てプラの大量廃棄が問題となり、プラ使用量が少ない同社の容器が再評価されて...

【北京=ロイター時事】中国国家発展改革委員会などは、使い捨てプラスチック製品の生産、販売、使用の制限を強化する方針を発表した。... 具体的には、20年末までに外食業界で使い捨てストローの使用を禁止さ...

リサイクル品、植物由来や生分解性プラ、紙などを例示し、石油由来プラの代替品の購入条件を聞いたところ「価格、品質ともこだわらず」が13・7%、「従来品と比べ、品質が同等以上なら多少価格が高くても購入」が...

各国が足並みをそろえざるをえなくなってきた」 ―海洋プラ問題や気候変動問題に対する化学産業界の役割は。 ... サーマル・リカバリー(廃プラの燃料化)はリサイクルの...

一度しか使われない使い捨てプラスチックの使用を禁止する“脱プラ”が産業界に広がってきた。... 日本も30年までに使い捨てプラ廃棄を25%削減する目標を設定した。脱プラが潮流となっ...

日本の年間のプラ消費量1000万トンに迫る量だ。... 5月末、使い捨てプラ廃棄の削減目標を定めた「プラスチック資源循環戦略」を策定した。... 産業界でもプラ削減への動きが強まっている。

富士通、社内プラ削減 自販機ペットボトルをゼロへ (2019/6/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

国内で“プラ削減”を先行し、海外拠点にも広げる。 海に漂うプラゴミが国際問題化し、2018年夏から飲食店や企業の社食で使い捨てプラの使用をやめる動きが広がってきた。... 結露によっ...

環境省、プラ削減408団体登録 (2019/6/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

同省は2018年10月、使い捨てプラ製品の廃棄を減らそうとサイトを開設し、企業や自治体から事例を募った。

有料配布を義務化し、使い捨てプラの使用を削減する。

プラ製品の海への流出を防ぐため、リサイクル設備の導入を補助する。... また、プラ製品の製造・利用企業の横断組織「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」の活動を支え、新素材の普及を後押しする...

古河電工、強化プラ再生で新技術 使い捨てプラと古紙活用 (2019/5/29 電機・電子部品・情報・通信1)

古河電気工業は28日、使い捨てプラスチックと古紙を強化プラスチックに再生する技術を開発したと発表した。

海に漂うプラスチックゴミ問題が注目され、容器やレジ袋のような使い捨てプラ製品の使用を減らす“脱プラ”の機運が盛り上がって1年。... その後、政府は3月末、使い捨てプラ廃棄を30年までに25%削減する...

一度しか使われずに廃棄されるプラの使用をやめて“脱プラ貢献”を訴求する商品が出てきた。... 使い捨てプラであるラベルの削減が狙いだ。 ... 政府は30年までに使い捨てプラ廃棄を累...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる