24件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

NICT先端研究/情通機構(131)光通信のエネ効率高める (2020/4/21 科学技術・大学・中小・ベンチャー)

光ネットワークでは、送信器でデータを光信号に変調し光ファイバーで伝送、受信器で光信号をデジタルデータに復調する。... そのため、現在の光伝送システムでは、送信するデータの有無に関係なく、ダミー信号を...

高速で安全性が高く長距離の光ファイバー伝送システムの実現が期待される。 近年商用の光伝送システムで使われる光信号受信方式「デジタルコヒーレント方式」を、盗聴者が暗号文を正しく取得でき...

【相模原】多摩川電子(神奈川県綾瀬市、小林正憲社長、0467・76・1072)は、電磁環境適合性(EMC)試験やアンテナ計測向けに、ケーブルに光ファイバーを採用した光伝送システムを開発した。... 多...

富士通・田中改革の第2幕−18年度、営業利益率6%ゾーンへ (2017/6/7 電機・電子部品・情報・通信1)

米国では光伝送システムだけでなく、通信事業者向けアウトソーシング(外部委託)にも事業領域を拡大する。

富士通、光伝送システム基板で機能提供−北米に投入 (2016/3/30 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通は光伝送システム「ワンフィニティ」シリーズの品ぞろえを拡充した。... トランスポート機能を提供する「T200」では、世界最高水準の毎秒400ギガビット(ギガは10億)、1万キロメートル以上の超...

富士通は機能ごとに機器を分割したディスアグリゲーション構成を実現した光伝送システム「ワンフィニティ」シリーズを開発した。... 既存の光伝送システム「フラッシュウエーブ」シリーズと高い互換性を持つ。

NECとNECマグナスコミュニケーションズ(東京都港区)は、ケーブルテレビ(CATV)事業者向け光伝送システム「BX9000II」のサブラックに収容できる、「2・6ギガヘルツ直接変調型光送信機ユニット...

富士通とパナソニックの両社のシステムLSI事業を統合して3月に始動したソシオネクストは7日、初めて記者会見を開き、5年以内に新規株式公開(IPO)を目指す計画を明らかにした。映像と通信の両分野に注力し...

企業向けが23億円(同3・2倍)、システム製品が87億円(同4・8倍)といずれも増益となった。 ... 国内はサーバー関連が減収だったが、パソコン、携帯電話、システム構築(SI)が増収。海外は...

NTTとNEC、富士通は4日、従来比4倍の伝送容量である1チャネル当たり毎秒400ギガビット(ギガは10億)の光伝送技術の実用化にめどをつけたと発表した。... 現在普及している毎秒100ギガビット級...

内閣総理大臣賞を受賞したNEC、富士通、三菱電機と菊池和朗東京大学教授のグループによる「100ギガビット級超高速光伝送システム技術の研究推進及び成果展開」など、計14件のテーマを選定。... 内閣総理...

毎秒100ギガビット(ギガは10億)の光伝送システムの実装を可能にし、機器内の短距離配線から長距離の光ケーブルまで幅広い通信需要に対応する。

富士通は毎秒100ギガビット(ギガは10億)超の高速光ファイバー伝送システムに組み込む光送信器を開発し、そこに搭載する信号の波形ひずみを補正する補償回路性能を、従来の同社技術比約3倍に引き上げ、消費電...

国内は金融分野で大口の基幹系システムの更改があったほか、サーバやストレージ(外部記憶装置)などの統合・仮想化商談が底堅く推移。海外は英国政府による投資抑制などで下振れしたが、通信事業者向け光伝送システ...

富士通は、現在主流のシステムに比べて通信速度が10倍の毎秒100ギガビット(ギガは10億)超の光伝送システム向けに、長距離を送る際に必要な、信号の品質を高める補正回路を70%小型化する技術を開発した。...

光伝送システムの高速化が進むなか、現在SMP、SMPM合わせて年間4000万円程度の売上高を、3年以内に2億円に引き上げたい考え。

情報通信研究機構と青山学院大学は25日、従来比10倍程度の波長帯域の拡大が見込まれる光伝送システムを開発し、世界最長級となる5キロメートル超の長距離で動作実験に成功したと発表した。... 半導体製のナ...

富士通と富士通研究所(川崎市中原区、村野和雄社長、044・754・2613)は、毎秒40ギガビット(ギガは10億)の基幹系長距離光伝送システム向けに、低コスト化が可能な相補型金属酸化膜半導体(CMOS...

OKIは24日、毎秒160ギガビット(ギガは10億)の通信容量で伝送できる高速光マルチメディア配信システムを開発したと発表した。... 開発した光伝送システムはOKI独自の光ハイブリッド多重技術を採用...

富士通グループは大都市間の基幹系ネットワークに導入が進む毎秒40ギガビット(ギガは10億)の高速光伝送システム向けに、相補型金属酸化膜半導体(CMOS)製の送信ICを開発した。... 従来システムを半...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる