97件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

自動運転向け距離センサーや監視カメラ向けなど近赤外光の制御需要が高まっており、25年に売上高5億円、早期に同10億円規模の事業に育てる。 量産する光学機能性材料は、波長が0・7マイク...

同メガネのレンズには、黄色光をカットする「ネオコントラスト」技術や紫外線などのカット、白色発光ダイオード(LED)の特定波長の光のカットといった三井化学の光制御技術を活用した。

当社は機械側でそれらを制御したいと考え、造形状態を観察して造形を制御する技術を確立し、世界で初めて機械に搭載している」 「さらに今回、造形品質の解析機能の一つとして、造形中の温度や金...

また白色LEDは色むらを抑えるために光を液晶パネルに伝える拡散板との間に一定の距離が必要だった。一方、青色一色なら配光制御が容易なため、拡散板との距離が縮まり、液晶ディスプレーの薄型化にもつながるとい...

大ガス、光学制御で放射冷却素材 フィルム・帆布開発 (2021/4/27 素材・医療・ヘルスケア)

大阪ガスは26日、独自の光学制御技術を利用した放射冷却素材(写真)について、5月から営業活動や生産といった事業活動を始めると発表した。光制御技術を使い、太陽光の入熱を抑えて、熱輻射(ふくしゃ)による放...

スタンレー電気の強みである光学設計技術や車載用ランプ製造技術などと、三菱電機の強みである先進制御システム技術を融合。... 車載用ランプシステム事業で、スタンレー電気が光源や光学、ランプ本体を、灯火・...

小糸、次世代照明でCES出展 (2020/12/21 自動車)

ヘッドランプシステム「ブレードスキャン」は「CES2020イノベーションアワード」を受賞したシステムで、独自の配光制御技術により歩行者の早期発見に寄与する。

ニューノーマルで輝く(4)トリマティス (2020/11/3 電機・電子部品・情報・通信2)

光を高速制御できるデバイス技術や回路技術を駆使した製品の開発・設計から試作・量産までをオンラインで完結。... 05年に光制御型光スイッチの事業化で産業技術総合研究所の「産総研技術移転ベンチャー」、1...

マクセルの映像光制御技術を採用した映像装置と、日本カーバイド工業の再帰光学部材を組み合わせた。独自開発した液晶表示装置(LCD)に対応した映像光制御技術で映像光を任意の方向へ導ける。 ...

レーザーの偏光を制御 NTTと東京工業大学は30日、光のトポロジカル(位相幾何学的)な特異点を自在に生成し、制御できる手法を発見したと発表した。... 光のトポロジカルな性質を利用し...

ナノ印刷で低反射率化 【WG用途広げる】 飛躍的な成長を続けている光技術では、偏光制御は特に重要である。この偏光制御技術を支えているのが偏光素子で、光を利用する製品...

山形大、有機薄膜太陽電池の光制御技術 (2020/6/5 科学技術・大学)

【山形】山形大学大学院理工学研究科の久保田繁准教授らは、有機薄膜太陽電池の発電層に光を閉じ込める光制御技術を開発した。 表面に微小な円すいを並べたモスアイ(ガの眼)構造で入射光を電池...

富士フイルムは内視鏡システムの光制御技術と画像処理技術に強みを持つ。光の波長を変えることで病変を発見しやすくなる独自技術を使った検査画像をAIに学習させ、検出精度を高める。

NICTでは、体積ホログラムによる空間光制御技術をこれに利用するための研究開発を進めている。... 光のビーム形状や方向などを制御する空間光制御技術の発展は、今後の空間分割多重通信の送受信機や交換機な...

なぜ波長の制御なのか? ... そこで、我々は加熱対象に応じて熱ふく射の波長を高い精度で制御できる、新たなヒーターの開発に乗り出した。 ... (水曜日に掲載) &...

パナソニックは4日、JR東日本の新駅「高輪ゲートウェイ駅」(14日開業予定)に電力線搬送通信(PLC)を使った照明制御システムを納入したと発表した。... PLCによる調光調色照明制御が駅ホームに本格...

2019年 第62回十大新製品賞 (2020/1/6 十大新製品賞)

発振器から出たレーザー光を光制御ユニット内部の鏡で振動させ、光をわずかに揺らす。レーザー光を微細な8の字やUの字の軌跡を描くように照射するといった自由な制御ができる。... レーザー光の制御ユニット、...

主な出展製品として、独自の配光制御技術によるヘッドランプシステム「ブレードスキャンADB(配光可変ヘッドランプ)」のほか、光で図形などを示して周囲と意思疎通を図る「コミュニケーションランプ」、センサー...

NTT、インテル・ソニーとフォーラム 光でデータ処理具現化 (2019/11/1 電機・電子部品・情報・通信1)

電気の流れを制御するトランジスタの集積度が約2年ごとに2倍になるムーアの法則の限界も見え始めた。... NTTは長年、光工学技術の研究開発を続けており、4月に世界最小の消費エネルギーで動作する光変調器...

これによって2次元光電子系デバイス用基板や新たな光制御素子材料として基礎研究が成されるようになり、国内外25カ国、200以上の研究機関に試料提供されている。

おすすめコンテンツ

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる