277件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

片岡製作所はリチウムイオン電池の充放電検査システムで世界トップシェア。... 高容量型や全固体電池など新電池にも対応できるシステム開発も推進。... 二次電池検査システムに加え、レーザー加工システムも...

既存の液系リチウムイオン電池やバイポーラ型ニッケル水素電池、開発中の全固体電池に加え、20年代後半には新構造の液系リチウムイオン電池の実用化を目指す。... 【全固体電池は「HVから」】 &#...

しかし、酸化物型全固体蓄電池は、大型化や製造コストに関する課題が多い。 ... 硫化物型全固体電池で可能な圧着による電池製造や既存リチウムイオン電池の簡便な製造工程が利用できない。 ....

リチウムイオン電池や全固体電池、水素燃料電池を対象にし3年後に売上高で両社とも約3億円を目指す。  ... 例えば、KMTLがトヨタの車載電池に関する強度試験の認定を持っていなくても...

次世代型電池の開発を通じ、EV本体の価格引き下げにつなげたい考え。  施設は2022年半ばに完成予定で、同年10―12月期にプロトタイプの電池の生産を見込む。... 施設では、リチウ...

開発したフッ化物固体電解質(LAF)を薄膜コーティングすることで実現した。... そこで研究グループは高電位正極の表面を耐電圧性の高い固体電解質でコーティングすることで劣化を抑える方法を考えた。......

米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)と韓国LGエナジーソリューションは、負極材に純シリコンを採用した低コストの全固体電池を開発した。... そこで硫化物の固体電解質と純シリコン負極材とを組み...

全固体電池事業の売上高を2030年に約300億円に増やす計画だ。  ... 従来の同社コイン形全固体電池より、約50%の省スペース化が可能になる。... 全固体電池には素材に硫化物と...

20年代前半実用化を目指す全固体電池はまずハイブリッド車(HV)で採用する方針。 トヨタは電池の内製を電動化時代の競争力と位置付ける。... 電池は投資負担が大きく経営リスクにもなる...

電池材料、食品を開拓 粉体機器メーカーの赤武エンジニアリング(静岡県沼津市、赤堀肇紀社長)は、9月1日に創業50周年を迎える。... 「電池材料を軸に、食品や半導体関係を開拓したい。...

英国の産学官が連携し、電気自動車(EV)向けの全固体電池を開発するコンソーシアムを設立する。... それぞれの技術と知見を結集し、世界トップクラスの全固体電池を開発するという。 中核...

日刊工業新聞社は9月3日14時から、ウェブセミナー「『全固体電池入門の入門』第3回 材料メーカーから見た課題とロードマップ」を開催する。 全固体電池の実用化には、主要材料である固体電...

日本は2016年には世界市場で4割近いシェアを持つトップだったが、車載用のリチウムイオン電池は中国、定置用は韓国が台頭し、地位の低下を招いている。... 経済産業省は今後の開発の方向性として全固体電池...

今後10年間で、全固体電池などの高性能蓄電池や、温室効果ガス排出量を抑えた蓄電池製造技術などを確立する。... 研究開発の取り組みとして、電池パック形状で現状の2倍となる1リットル当たり700ワット―...

同ドメインは、半導体やディスプレー、電池の材料、植物工場、水処理膜製品などを展開。... リチウムイオン電池材料では、宇部興産と欧米を除く電解液事業を統合した。... また新タイプの負極材の量産販売準...

全固体電池は、リチウムイオン電池の電解液を固体電解質に替えた電池だ。そのため、割れに強いナノ多孔構造を導入したシリコン負極はリチウムイオン電池内より、全固体電池内でより性能が引き出せると考えたのだ。....

一方、電動車や高性能IT機器向けで需要が高まる冷却配管システム事業などで成長を図るほか、全固体電池の研究開発強化などで次世代事業の育成を目指す。... 下請け企業の統合の主導も必要だと考えている」&#...

【課題山積み】 蓄電池の代表格であるリチウムイオン電池は、社会のスマート化に大きく寄与してきた。... さらに実現性の高い次世代蓄電池として注目される全固体電池に...

「全固体電池は開発の最終フェーズだ」と話すのは、マクセルホールディングス社長の中村啓次さん。2021年度中に小型・コイン形状の全固体電池の発売を目指す。

大阪府・市の研究機関が統合し大阪技術研となってから、全固体電池や生分解性プラスチックなど新分野の研究が進む。

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる