325件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

豊橋技術科学大学の蒲生浩忠大学院生と松田厚範教授らは、硫化物系固体電解質の量産技術を開発した。... 全固体電池の電解質生産コストを大幅に下げる可能性がある。 ....

これに置き換わる電池や(電動駆動モジュールの)eアクスルの場合は違う。... 現在、エネルギー密度が高い全固体電池の技術開発を進めている。... 当面用いるリチウムイオン電池は外部調達...

電池の高容量化については全固体電池を有力視する。... ホンダは40年に全ての4輪車を電気自動車(EV)か燃料電池車(FCV)にする方針を示している。... ホンダは4...

次世代技術として期待される全固体電池の開発支援を含め、国内蓄電池産業の基盤を固める。... 全固体電池の開発をめぐっては、これまで日本が先行してきたが、中国を中心に各国が強化しており、国際競争は激化。...

その後全固体電池の研究に進み、大阪公立大の学長に就任。

全固体電池の早期実用化にホンダや日産自動車、GSユアサ、液系リチウムイオンバッテリー(LIB)や樹脂電池の高性能化にパナソニックエナジー(大阪府守口市)やマツダなどが採...

それができるのは当社だけだ」 ―27年に全固体電池の実用化を目指しています。 ... それでも、液系の今の電池と比べて全固体電池が採算性が良く、性能が優位...

工業材料2022年春号/次世代二次電池開発の最新動向と展望 (2022/4/15 機械・ロボット・航空機)

特集では、急速な市場拡大が見込まれる全固体電池をはじめ、リチウム-硫黄電池、金属-酸素電池、マグネシウム-金属電池といった次世代二次電池開発の最新動向や最近の研究成果を紹介する...

20年代後半の全固体電池の実用化を目指す。... 一方、全固体電池は独自開発。... 青山真二執行役専務は「全固体電池のラボレベルでの検証は完了している。

一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。... ホンダがEVで存在感を示すための、巻き返しのポイントとなるのは、「ソフトウエア」「全固体電...

ENEOSは水素、コスモは風力発電に注力し、出光は全固体電池やアグリバイオ、太陽光発電など多くの選択肢に息長く取り組んでいる。

日産自動車は8日、電気自動車(EV)向け全固体電池の開発において、電池セルレベルで電解質が液体の現行のリチウムイオン電池と比べ、約3倍の急速充電性能を達成したと発表した。... 日産は...

新センターでは脱炭素や省エネルギー燃焼技術を開発する「燃焼ゾーン」、全固体電池電解質など、今後の需要増を見込む注目素材処理の開発に特化する「機能材ゾーン」、最新のデジタル機器などを導入し、アイデア創出...

ホンダは全固体電池を今後のEVのコア要素と見込んでおり、量産を視野に国内で生産技術の検証をしている。GMはリチウム金属電池やシリコン電池、全固体電池などの技術や生産方法について研究開発を進めている。....

主力のニッケル水素電池やリチウム電池、新規事業の中核と位置付ける全固体電池に経営資源を集中させる。

豊橋技術科学大学の松田厚範教授らは、全固体リチウムイオン電池用の硫化物系固体電解質の新しい力学物性評価法を構築した。... リチウムイオン輸送効率化などに向けた電池設計に役立つ。 ....

リチウムイオン電池以外に全固体電池やマグネシウム電池などにも利用でき、レアメタルを使わない安価で軽い高エネルギー密度蓄電池の開発につながると期待される。 ... 電池の高電圧化は高エ...

新大学の学長予定者の辰巳砂昌弘氏は、府大で電気自動車(EV)の普及に欠かせない全固体電池を研究してきた第一人者。

エネルギー密度が従来比1・5倍の電池を開発するとともに、電池の設計を工夫して従来と同じ車のスペースでも、搭載できる電池の量を増やせるようにする。... 最新技術を導入して、高性能な電池を生産する。27...

中でも全固体電池は電気自動車(EV)の可能性を広げる。... 当社は長年、全固体電池の研究を進めてきた。... 全固体電池でもその証を示したい。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる