615件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

オーキシンが合成されることで、細胞の再分裂に必要な遺伝子の発現を誘導することが分かった。全遺伝情報(ゲノム)編集を応用した品種改良などにつながると期待される。

全遺伝情報(ゲノム)編集技術「クリスパー・キャス9(ナイン)」を応用して解析した。

従来法では菌種を同定できず、全遺伝情報(ゲノム)解析などの先端技術を使って新種と判明した。... 発見した菌は、病原性の有無に関係なく薬剤耐性遺伝子の受容・供与菌として働き、他の病原性...

厚生労働省は7日、ヒトの設計図である全遺伝情報(ゲノム)を解析し、がんや難病の新たな治療開発を目指すプロジェクト「全ゲノム解析等実行計画 2022」案をまとめた。全ゲノム解析を...

生物を利用し高機能性材料や燃料などを作り出す「バイオモノづくり」はカーボンニュートラルや全遺伝情報(ゲノム)編集技術の進展などを背景に、市場拡大が見込まれている。

同技術を使って患者の全遺伝情報(ゲノム)配列を決定。一部の患者で原因遺伝子のDNAが30万塩基以上欠損していることを発見した。... 中でも患者2人から見つかった原因遺伝子の一つである...

ウェルネス・コミュニケーションズ(WCC、東京都港区、松田泰秀社長)と、iLAC(茨城県つくば市、佐藤孝明社長)は、健康データと全遺伝情報(ゲノム)デー...

遺伝には、デオキシリボ核酸(DNA)や全遺伝情報(ゲノム)を収納するたんぱく質「ヒストン」の一部の官能基が置き換わる「ヒストン修飾」が関わっている。... 発生異常の子...

全遺伝情報(ゲノム)を使ったAI創薬の探索ツールの構築と、日本医療研究開発機構(AMED)による産学連携でのAI創薬基盤の構築の2本の柱で構成。... 企業データなどを...

日本人の血清尿酸値と痛風患者の全遺伝情報(ゲノム)解析から、コーヒーを飲む習慣との因果関係を分析。

関電など、CO2固定化技術開発へ 植物プランクトン利用 (2022/4/13 建設・生活・環境・エネルギー)

全遺伝情報(ゲノム)を自在に変えられる技術「ゲノム編集」を利用してCO2を多く吸収できる植物プランクトンの改良技術や大量培養の手法を組み合わせ、高効率の培養システムを確立する。

ボストンジーンは、全遺伝情報(ゲノム)検査を行う製品「テューモア・ポートレート・テスト」の海外展開に向けて、研究開発や臨床試験を拡充する。

ガーダントヘルスジャパン、血液生検で承認取得 (2022/4/5 素材・医療・ヘルスケア1)

固形がん患者での包括的ながんゲノム(全遺伝情報)プロファイリング(CGP)用リキッドバイオプシー検査。腫瘍が血中に放出する遺伝物質の小片「血液循環腫瘍DNA」を検出する...

(大阪・石宮由紀子、同・大川藍) 【総合の相乗効果】「医工農」最先端結集 大阪公立大の全学生数は約1万6000人に達し...

個人向け遺伝子解析業を手がけるジーンクエスト(東京都港区)が持つ遺伝子型特定技術と米アイ・ピースが持つiPS細胞の量産化技術を組み合わせ、全遺伝情報(ゲノム)から特定の...

全遺伝情報(ゲノム)を自在に変えられる技術「ゲノム編集」などのバイオ技術を利用すれば、有用物質の生産能力を高めた細胞でのバイオモノづくりが可能だ。

デオキシリボ核酸(DNA)二重らせん構造の発見に始まり、DNAに記された遺伝情報からたんぱく質が作られる仕組みやその役割などが明らかになった。... ヒトを始めとしたさまざまな生物種の...

感染力や市中流行株の変遷が、大学研究者や大学病院による新型コロナ感染症患者由来の検体を用いた全遺伝情報(ゲノム)解析などで明らかとなり、オミクロン株の正体の一端が見えてきた。... &...

特に塊根中で合成されるでんぷんは全世界で5億―10億人の食糧源・エネルギー源となっている。... だが、キャッサバはイネやコムギに比べ、全遺伝情報(ゲノム)解析の基盤整備が遅れていた。...

全遺伝情報(ゲノム)を活用した果樹の効率的な品種改良を行うために果実特性のデータが大量に必要となる。

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン