4,177件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

JSTは事業課題採択の選考などで、多様な委員が参加する集まりが多い分、苦労があるという。 ... 6日には東京都内から、または東京都内を経由し、公共交通機関を利用して通勤している職員...

同フェアは、地方公共団体事業部による毎年恒例の自社展。

シンテックホズミ、サービスロボに参入 空港・ホテル向け (2020/4/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

【名古屋】シンテックホズミ(愛知県みよし市、加藤久視社長、0561・35・5600)は、空港やホテルでの利用を想定したサービスロボット事業に参入する。自動車産業など製造現場で実績のある無人搬送車(AG...

従来の事業継続計画(BCP)のノウハウを生かし、都市機能の持続を強力に支援する。 ... 各社は現業に感染が拡大した場合に備え、間引き運転の実施で必要人員を抑える事業継続計画(BCP...

これを踏まえて政府は事業規模で国内総生産(GDP)の2割に相当する108兆円の緊急経済対策を、7日に決定する。... 同特措法に基づいて国や都道府県から「指定公共機関」や「指定地方公共機関」に指定され...

3月下旬、名古屋市は大丸松坂屋百貨店と共同で再開発を計画する「錦三丁目25番街区」について、三菱地所を代表とするグループを共同事業者候補に選んだと発表した。... 建設する事業者に対し県と市がそれぞれ...

これを踏まえて政府は事業規模で国内総生産(GDP)の2割に相当する108兆円の緊急経済対策を、7日に決定する。... 同特措法に基づいて国や都道府県から「指定公共機関」や「指定地方公共機関」に指定され...

【神戸】TOAは1日、研究開発拠点の宝塚事業場(兵庫県宝塚市)で12月にオープンイノベーション拠点「ナレッジスクエア」を開設すると発表した。大光電機(大阪市中央区、前芝辰二社長、06・6222・624...

富士通、グループ向けシンクタンク設立 中長期戦略の策定支援 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信1)

現在、富士通のエグゼクティブアドバイザー(非常勤)を務め外交や安全保障の分野に知見の深い谷内正太郎氏が理事長に就任、6月から事業を始める予定。 ... これに伴い、富士通グループのシ...

国の20年度公共事業予算案は前年同水準で、19年度補正予算の効果も前年同様に期待される。... インフラ整備事業を背景にアジアやオセアニアを中心に需要増が期待される。... 広島県や愛媛県では災害復旧...

JR九州・西鉄、公共輸送の連携始動 鉄道・バス乗り継ぎしやすく (2020/3/31 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR九州と西日本鉄道による運輸事業での連携が本格的に走りだした。... 人口減など社会構造の変化に対して補完し合い、利用者を増やして持続可能な公共交通を築く狙い。... 北九州市で始まった今回の取り組...

【A】電力、ガス、運輸、通信など公益性が高い事業を営む企業や医薬品・医療機器メーカーは感染症発生時にも業務を続け、国民生活・国民経済を支える必要があります。国や都道府県はこれらの企業に医療機関を加えた...

経済対策は(1)感染拡大防止(2)雇用維持・事業継続(3)経済活動の回復(4)強靱(きょうじん)な経済構造構築(5)今後への備え―の5本柱で行う必要があると強調した。リーマン・ショック後の2009年に...

同社は公共事業を中心に上下水道工事や一般土木、下水管更生など幅広く手がけ、国のインフラを下支えし、社会に貢献してきた。

産業春秋/個人情報保護 (2020/3/30 総合1)

自治体の条例が先行し、後から行政機関個人情報保護法や民間事業者を対象にした個人情報保護法が整備された。 ... 個人情報はプライバシーを保護しつつ、ビジネスや公共サービスに活用してこ...

野村不、福島駅前の再開発事業 市から計画決定受ける (2020/3/30 建設・生活・環境・エネルギー)

野村不動産がJR福島駅前で手がける「福島駅東口地区第一種市街地再開発事業」が、福島市から都市計画決定を受けた。約2・0ヘクタールの施行区域に、商業・公共施設やホテル、分譲・賃貸マンションなどを建設。

人工知能(AI)など活用した高齢者見守りや健康管理、公共交通などの仕組み作りも進め、安心・安全な街づくりを支援する。 自動改札機などの社会インフラ関連事業を担う子会社オムロンソーシア...

住友商事は26日、新型コロナウイルスの感染拡大防止としてボリビアのサンクリストバルで手がける銀、亜鉛、鉛事業、マダガスカルで出資参画するアンバトビーニッケル事業の操業を一時停止すると発表した。 ...

被害の内訳は一般資産などが8391億円、公共土木施設が5311億円、公益事業などが349億円。

次世代の移動サービスからインフラ・公共サービスまでを網羅するプラットフォーム(基盤)を開発し、あらゆる事業体に開放する方針だ。... 社会システムに組み込まれた車をうまく活用できるのがNTTだ」と続け...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる