62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

キオクシア、手塚プロという企業に加えてAI研究者として栗原聡氏(慶応義塾大学)、迎山和司氏(公立はこだて未来大学)、そして筆者が参加した。... 電子技術総合研究所、公立はこだて未来大学を経て20年か...

(第3水曜日に掲載) ◇東京大学大学院教授 松原仁 86年東大大学院博士課程修了。... 電子技術総合研究所、公立はこだて未来大学を経て20年から東京大学大学院情報...

公共交通の抜本的改革目指す 【VB設立5年目】 2016年にはこだて未来大発の人工知能(AI)ベンチャー会社として設立した「未来シェア」が5年目に入った。... 電...

公立はこだて未来大学の松原仁副理事長は「人間と人工知能(AI)が“なじむ”という考え方も進む」と提言。... 変化への覚悟と行動で未来創造」をテーマに中部の経営者ら239人が参加。... 楠木建一橋大...

AI俳句協会発足 ウェブサイトで4段階評価 (2019/8/1 電機・電子部品・情報・通信2)

同協会の会長には、公立はこだて未来大学の松原仁副理事長・教授が就任。事務局は北海道大学大学院の川村秀憲教授の研究室が務める。

地元の公設試験研究機関と大学へのAIおよびIoT関連機器の導入を支援。... 北海道立工業技術センター(北海道函館市)と公立はこだて未来大学(同)がIoTとAI関連機器を導入する。... はこだて未来...

経営ひと言/ミラック光学・村松洋明社長「すべてはご縁」 (2019/4/25 中小・ベンチャー・中小政策)

公立はこだて未来大学の松原仁教授とAIハヤブサ(北海道函館市)を立ち上げた。

各務茂夫審査委員長(東京大学教授)は「ビジネスプランのレベルは高く、激戦だった。... 【教員審査委員賞】▽みんなで作る教材データベース E commons(大阪大学大学院・藪中孝太朗さん) ...

最優秀賞を受賞した公立はこだて未来大学大学院の永井智大さん(写真左)らのプラン「脳外科新人執刀医学習支援ソフトウェア『PINOCO』」など5件を表彰した。

(代表者、敬称略) 【北海道】▽脳外科新人執刀医学習支援ソフトウェア「PINOCO」(公立はこだて未来大学大学院・永井智大) 【東北】▽味に特化したコーヒー検索プラ...

【札幌】北海道地区の学生によるビジネスプランコンテスト「第14回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)北海道」(高橋賢友実行委員長=北海道経済連合会会長)の最優秀賞は、公立はこだて未来大学大学院の永...

【札幌】北洋銀行は16日、公立はこだて未来大学と包括連携協定を結ぶと発表した。地域経済の活性化などを目的に、知的財産や研究シーズの活用、大学発ベンチャーの支援、人材育成などの分野で協力して取り組む。....

公立はこだて未来大学の安井重哉准教授は、手でなぞると触覚で方向を表現する「触覚矢印」を考案した。

こうした中、公立はこだて未来大学発ベンチャーの未来シェア(北海道函館市)は、地域の公共交通サービスの維持にAIを活用しようと実証実験を展開。... AI研究の第一人者で、未来シェアの社長を務める同大学...

地方住民の足、実証 未来シェアは、公立はこだて未来大学発のベンチャー企業。AI研究の第一人者で同大学の松原仁副理事長が社長を務める。... 未来シェアはこうした地方が抱える公共交通の...

【札幌】札幌市立大学と公立はこだて未来大学は3日、札幌市内で学術交流協定を締結したと発表した。... 札幌市立大はデザインと看護の両学部を、はこだて未来大はシステム情報科学部を有する。... はこだて...

【札幌】日本政策金融公庫函館支店と公立はこだて未来大学は、産学連携の推進などに関する連携協定を結んだ。... はこだて未来大のAI技術などと、地域の中小企業のニーズとのマッチングを図るほか、はこだて未...

公立はこだて未来大学や函館工業高等専門学校などと連携し、人工知能(AI)も活用しながら、函館発の独自製品の研究開発にも取り組む。

シンポジウムでは公立はこだて未来大学の松原仁副理事長が「AI(人工知能)の現状と未来」と題して基調講演。

道中小支援センター、来月「北のものづくり」セミ (2018/1/24 中小企業・地域経済2)

公立はこだて未来大学の松原仁教授を基調講演に招く。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる