12件中、1ページ目 1〜12件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

電子移動度の高さを利用したデバイスが多く提案され開発が進められているが、グラフェンの高電子移動度を実現するには高品質のグラフェンを原子レベルで構造を制御して加工する必要があり、グラフェンと組み合わせる...

【移動度3倍】 最近我々は、トランジスタのゲート絶縁体としてこれまで主に使われてきたアルミナなどの金属酸化物の代わりに、六方晶窒化ホウ素(h―BN)という材料を使うことで、高性能なダ...

ダイヤモンドは室温で電子スピンの状態を操作でき、スピンを用いた電場や磁場の高感度センサーなどへの応用に注目が集まっているが、デバイス化に向けては、限りなく純粋に近いダイヤモンド基板が欠かせない。...

三菱ケミカルは3次元連結構造(カードハウス構造)を持つ六方晶窒化ホウ素を使った放熱部材を開発。... 半導体素子を載せる放熱部材の構造はエポキシ樹脂などに窒化ホウ素を配合したシートの上下を銅などの金属...

六方晶窒化ホウ素(h―BN)を含む樹脂複合材の熱伝導性の大幅改善に成功。... KRIでは最適化できれば、10ワット/メートル・ケルビンを超えると見ている。 ... 電子・通信機器の...

熱硬化性樹脂に独自の3次元連結構造を持つ六方晶窒化ホウ素(h―BN)を配合することで、熱伝導率を15―20ワット/メートル・ケルビンに高めた。... 三菱化学はホウ素と窒素の化合物であるh―BNを、「...

米コーネル大学の研究チームは、導電性の高いグラフェンと、絶縁物質である六方晶窒化ホウ素を水平方向で接合し、原子1個の厚みを持つ異種素材の2次元シートを作るプロセス技術を開発した。実際に異種素材によるシ...

熱可塑性樹脂を高熱伝導化する技術を確立。... 性能向上により、熱伝導率を上げるため添加していた六方晶窒化ホウ素などのフィラーの量を20%程度減らせる。

冨士エンタープライズ(愛知県犬山市、大須賀晃社長、0568・67・8172)は、高槻機工(大阪府高槻市)などと共同で、パワー半導体実装用の樹脂基板の放熱特性を大幅に向上する窒化ホウ素の量産に成功した。...

耐熱材料や絶縁体に使う六方晶窒化ホウ素(hBN)の粉末を原料にした発光素子を開発し実現した。... さらに能力を高めて高効率化できれば、水銀ランプの代替として幅広い応用が見込める。省エネ化にもつながる...

【水戸】物質・材料研究機構(物材機構)は双葉電子工業と共同で、六方晶窒化ホウ素を用いた遠紫外線(UV)面発光素子を開発した。... 六方晶窒化ホウ素を高純度化することで、波長225ナノメートル(ナノは...

JFEスチールと水島合金鉄(岡山県倉敷市、山田博右社長、086・444・4241)は18日、樹脂への充填性を高めた樹脂フィラー用の六方晶窒化ホウ素(h―BN)粉末「HP―40」を共同開発し、量産を始め...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる