203件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

20日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=111円台と、前日の同109円台後半―110円台前半から大幅な円安で推移した。... 他方、日本での新型肺炎拡散の懸念が「円売り」につながった側面もあり、この...

(2面に関連記事) 19日午後の東京外国為替市場の円相場は1ドル=107円台後半で推移した。... FRBの利下げで日米の金利差が縮小したにもかかわらず、急激な円高がみられないのは、...

財務省の6月の対外・対内証券売買契約によると、外国人投資家の日本株投資は4972億円の処分超で2カ月連続の売り越しとなった。米中貿易摩擦の様子を見極めようと取引が薄い状態だったが、月後半に円高が進んだ...

14日の東京外国為替市場の円相場は午後に2018年12月以来となる1ドル=111円台に下落した。... 米長期金利は持ち直しつつあり、米金利の上昇で日米の金利差が拡大し、為替市場の円売り・ドル買いにつ...

19日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が前日終値比251円98銭高の2万3672円52銭と、1月24日以来、約8カ月ぶりの高値で取引を終えた。... 円相場は17時現在、1ドル=112円台前半で推...

今回の首脳会談がマーケットに与える影響について、みずほ証券の鈴木健吾投資情報部チーフFXストラテジストは「トランプ大統領の成果に対するドル買いと、リスク後退による円売りで株価にはプラスになるのではない...

中小企業の収益を圧迫しかねない原油高・円安の進行は限定的となる見通しだ。... 先週の日米首脳会談など、足元の政治イベントを影響なく通過したほか原油高などを背景に、円売り・ドル買いの動きが優勢になって...

31日の欧米外国為替市場では、トランプ氏の発言直後、1ドル=113円台だった円相場が2カ月ぶりの高値となる112円付近まで急伸した。 ... 日米首脳会談では、トランプ氏の関心が強い...

NY金、さらに安値 (2016/5/31 商品市況)

イエレン議長の発言に加え、安倍晋三首相が消費増税の再延期に言及したことで、為替市場で円売り・ドル買いが加速。ドル建てのNY金にとっては割高感から売られやすい展開が続いている。

日経平均株価は前週末比233円18銭高の1万7068円02銭と、4営業日連続で上昇した。... 東京外為市場の円相場は午後5時現在、1ドル=111円36〜36銭と前週末比1円59銭の大幅円安・ドル高。...

円高・ドル安基調が年末に向けて継続する可能性が出てきた。... 足元の急激な円高について「一方向に偏った投機的な動きだ。... また第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは、日銀が追加緩和を見送...

リスク警戒感は為替相場にも及び、もう一つの安全資産、円が買われる展開だ。これに加え、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後の日米当局による円売り介入に対する温度差が表面化。市場では「米側に...

米経済指標が堅調だったことを受け、円売りドル買いが進んだ前日の海外市場の流れを引き継いだ。... 米連邦準備制度理事会(FRB)の年内の利上げ観測が強まり、日米の金利差が拡大するとの思惑から、円売りド...

26日の東京外国為替市場の円相場は、米国の景気回復期待を背景に円売り・ドル買いが進んだ。... 先週発表された米国の4月の消費者物価指数が市場の予想を上回り、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長...

10日の東京外国為替市場の円相場は、米国の早期利上げ観測を背景にドル買い・円売りが強まり、一時1ドル=122円台に下落した。122円台は2007年7月20日以来、ほぼ7年8カ月ぶり。午後5時現在は12...

東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=118円台半ばで推移。20年国債入札の順調な結果を受けた円金利の低下に加え、日本株の持ち直しを背景に円売り圧力がかかった。 ... 午前に118円24...

2014年の円相場は、日米の金融政策の違いが強く意識されだした8月下旬以降、大きく円安が進行し、対ドルでの下落幅は年間で約15%に達した。 ... 14年前半の円相場は、13年末に円...

今週に入り、新興国通貨売りのドル買いや米雇用統計の継続改善予測や早期利上げ観測が絡み合い、円安ドル高を後押ししてきた。 ... 市場は4日のECB理事会や5日発表の米国雇用統計、日本...

日米金利差からドルは買われ、円は売られやすくなる」(芥田氏)からだ。 ... また、世界最大の機関投資家、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が外貨建て資産の運用比率を引き上げ...

日本経済にとっては原油安と円安がプラス要因となるはずだが、それほど単純ではない。原油安の要因は世界経済の縮小にあり、また円安は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が投資配分を日本国債から日本株式...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる