6,889件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

大ガスの4―9月期、売上高1.8%増 6504億円 (2021/10/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

大阪ガスが27日発表した2021年4―9月期連結決算は、海外エネルギー事業の好調により売上高が前年同期比1・8%増の6504億円だった。... 22年3月期の通期業績予想は「油価が...

日立建機、通期予想を上方修正 売上高9200億円 (2021/10/27 機械・ロボット・航空機1)

中国以外の地域での市況回復、為替の円安効果に加え、米ディアとの合弁解消に伴い保有株式の譲渡益が生じる見込みであることが理由。売上高は期初見通し比400億円増の9200億円(前期比13・1%増)、当期利...

原燃料価格の高騰や円安進行について「コストプッシュ要因となり、(業績に)非常に大きな影響を与える」と警戒感を強めるのは、日本製紙連合会会長の野沢徹さん。 ... ...

景気回復へのテンポが弱い日本経済にとって、物価上昇を招く足元の円安基調は「悪い円安」と言える。... 円ドル相場は3年ぶりの円安水準である1ドル=114円前後で推移している。... 産業界が望むのは、...

インフレ観測を背景とする米長期金利の上昇圧力がドル高・円安に寄与していることもあって、円建ての銅地金価格は前週末に史上最高値を更新。... さらに、ドル高・円安が進んだことで円建ての非鉄金属価格は一段...

NY金先物、軟調 (2021/10/19 商品市況)

円建て価格は、円安の影響もあって過去最高値を更新している。

国際的な液化天然ガス(LNG)の需給逼迫(ひっぱく)が原油高を誘因することに加え、ドル高・円安基調が輸入材価格を押し上げることが想定される。... また、ドル高・円安基調も輸入材価格を押し上げて原料高...

株式相場/小幅続落 (2021/10/14 金融)

円安が進行したものの、米国の物価上昇による景気減速への懸念が根強く、重要な物価指標の発表を控えてやや低調な取引となった。13日の日経平均株価の終値は前日比90円33銭安の2万8140円28銭、東証株価...

株式相場/続伸 (2021/10/12 金融)

東京外国為替市場で1ドル=112円台後半まで円安が進んだことで自動車など輸出関連株が買われ、11日の日経平均株価の前営業日比上げ幅は一時500円を超えた。終値は日経平均が449円26銭高の2万8498...

9月末の鉄スクラップ国内相場(炉前渡し、H2相当)は、関東地区がトン当たり前月比500円安の同4万6500―4万7500円と下げた。... 一転、他の地区に目を向けると、トン当たりで北海道は同500円...

強烈な円高の影響もあり12年3月期は赤字に転落したが、13年3月期はスカイアクティブ技術全面採用のCX―5が好調で、為替の円安も追い風となり黒字転換した。

8月末の鉄スクラップ国内相場(炉前渡し、H2相当)は、関東地区がトン当たり前月比1500円安の同4万7000―4万8000円、北海道も同500円安の4万5000―4万6000円、東北も同1000円安の...

2020年12月の前回調査に比べて489円安い。楽天モバイルを含む携帯通信大手4社は前回より1027円安い5351円だった。... サブブランドと呼ばれるソフトバンクの「ワイモバイル」とKDDIの「U...

株式相場/7円安 (2021/8/26 金融)

25日の日経平均株価は前日比7円30銭安の2万7724円80銭、東証株価指数(TOPIX)は1・46ポイント高の1935・66で取引を終えた。 ... 出来高は9億1254万株、売買代金は2兆...

建機4社の4―6月期、大幅増益 ショベル世界需要回復 (2021/8/17 機械・ロボット・航空機2)

中国の建機売上高は前年同期の431億円から317億円に減少したが、世界全体の売上高は同4200億円から5930億円に増加。懸念されたアジア(中国を除く)も同233億円から512億円とプラスだった。&#...

円安による為替差益発生もあり経常利益は5・8倍だった。

21年4―6月期決算ではトヨタが700億―800億円、日産自動車で143億円、マツダでも136億円の影響が出た。... 産業機械業界ではコマツが「21年4―6月期に(営業利益で)31億円のマイナス要因...

日本ペイントホールディングス(HD)は10日、2021年12月期連結業績予想(国際会計基準)の当期利益を2月公表値比110億円増の780億円(前期比74・7%増)に上方修正した。売上高も1兆100億円...

株式相場/3日続伸 (2021/8/11 金融)

円安進行や企業業績の回復期待を背景に買いが優勢で、日経平均株価は3営業日続伸となった。... 日経平均の終値は前営業日比68円11銭高の2万7888円15銭。... 出来高は10億8759万株、売買代...

多くの地区でトン当たり5万円近辺と、水準は高い。 7月末の鉄スクラップ国内相場(炉前渡し、H2相当)は、関東地区がトン当たり前月比500円安の同4万8500―4万9500円、北海道も...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる