41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

再使用ロケット 開発進む 奥津 バルブは広く産業界の各所で使用されていています。... 奥津 再使用というと、打ち上げ後に回収するのでしょうか。 ... 沖田 つい...

20年度に初号機の打ち上げを予定する新型基幹ロケット「H3」の開発費に322億円、被災状況の迅速な把握に貢献する先進光学衛星と先進レーダー衛星の開発費に171億円、ロケット再使用に向けた飛行実験「CA...

私の流儀/フジキン代表取締役・小川洋史(8) (2019/10/31 中小企業・地域経済2)

しかし転んで学ぶことは多いし、再出発の起点となる。 ... しかし幸いにも水素社会の到来で、宇宙ロケットの水素燃料用で培った技術が水素ステーション分野で花開き、成長している。... ...

同社は再使用型有翼ロケット「スペースプレーン」の開発・実用化に取り組むスタートアップ企業。

【ワシントン=時事】米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官は13日、将来の月や火星への有人飛行を視野に開発中の大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」につい...

そのほか、19年度に再使用型ロケットなどの宇宙輸送システムの実現に向けた課題の検討や、宇宙開発を妨げるスペースデブリ(宇宙ゴミ)の政府の基本的な取り組みに関し方向性を整理することなどを盛り込んだ。&#...

宇宙ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区、袴田武史代表取締役)は、2020―21年の月の探査の2回のミッションに利用する月着陸船(ランダー)を米宇宙ベンチャーのスペースXの再使用型ロケッ...

同予算の半分以上を占めるのは文部科学省で、新型基幹ロケット「H3」の開発費に同60%増の340億円を計上、エンジンの実証試験などを進め20年度の打ち上げに向けた動きを加速する。 .....

スペースXの発表によると、限定されたわずかなチェックと改修で10回以上の再使用フライトが可能で、さらにリファービッシュによる再整備で100回、24時間後の再打ち上げにも耐えられる設計だという。 ...

カリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた「ファルコン9」ロケット(3月30日午前、スペースX提供) フェアリングの回収は失敗...

2010年から始まった同ロケットの打ち上げサービスは7年9カ月で大きな節目を迎えた。 ... 衛星が重いことや天候状況などを踏まえ、今回は再使用を想定した第1段ロケットの地上への着陸...

従来使用された素材と同じ強度で約30%軽量化する。... 「飛行機の次は、ロケットに関わっていきたい」と期待を膨らます重谷社長。JAXAの再使用ロケット実験に向け、金属3Dプリンターで作成した部品も提...

米南部フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターから打ち上げられた米民間宇宙企業スペースXの大型ロケット「ファルコンヘビー」(AFP=時事) 積載能力2倍、...

打ち上げに使った補助ロケット2本は地上へ精密誘導して回収できており、同社の再使用型ロケットの技術を見せつけた格好だ。... 再使用や部品量産化が進めばコストはさらに抑えられ、民間主体の宇宙開発はさらに...

名古屋のレゴランド、割引策で年間200万人が射程圏内 3位 トヨタ系各社、EV基幹部品に参入 グループ総力で開発 4位 JAXA、2019年度にも再使用ロケ...

知見を将来の再使用ロケットの開発につなげる。... 18年度中には再使用ロケット実験機による高さ100メートルへの飛行実証を行う。... 高頻度で大量の宇宙輸送を実現するため、再使用ロケットの開発には...

地球を回る軌道上にはロケットや人工衛星の残骸から発生した「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)が散乱している。... 使用済みの人工衛星は他の衛星と衝突しない“墓場”となる軌道に入れるか、大気圏に突入させ燃え...

ロケットでの打ち上げ後、追跡機から標的機を分離。その後、追跡機が標的機を捕まえ宇宙ゴミが密集する地球低軌道から離脱、大気圏への再突入で両機体を燃え尽きさせる。 宇宙空間には使用済みの...

PDエアロ、商用運航の挑戦と課題 米国勢も開発着々 (2017/9/12 機械・ロボット・航空機1)

燃料には、ジェット燃料で一般的なケロシンを使用する。 ... 電気自動車(EV)の米テスラ最高経営責任者(CEO)でもあるイーロン・マスク氏率いる米スペースXは3月、再利用の1段ロケ...

口臭測定では、呼気中の0・01―1ppmの極微量の硫化水素などを選択的に検知しなくてはならないが、これまでのセンサーは感応膜に酸化亜鉛を使用していたため応答性が悪く改善が望まれていた。 ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる