21件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

探査計画・再使用ロケット研究 文部科学省は、19日に閣議決定した経済対策で宇宙開発の促進に注力する方針を固めた。... 国際宇宙探査計画「アルテミス計画...

スペースウォーカーは「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙を行き来する未来の実現」を目指し、再使用型有翼ロケットの研究開発を行うスタートアップ。

再使用型で国・民間のミッションを増やし、宇宙輸送分野の国際競争力も確保する構えだ。 ... 中でも米国が先行しており、スペースXが再使用型ロケットの実用化にこぎ着けた。... 再使用...

現在、スペースXが開発中の完全再使用型ロケット『スターシップ』の試験飛行に挑戦している。... 「米国は民間が低コスト化に向けて再使用型を前提に開発を進めてきた。一方で、中国やロシアは労働単価が安く、...

2021年度内にも打ち上げる大型基幹ロケット「H3」の後継機は、再使用型でH3の半分程度の費用で打ち上げが可能になる見込み。

打ち上げ後に機体の一部を回収する「再使用型」を採用し、打ち上げ費用をH3の2分の1程度に抑えた低コスト化を目指す。... 世界をみると米スペースXなどが開発する「再使用型」が次期の主流になるとみられる...

(飯田真美子) 衛星エンジン、水使用 環境汚染防ぎ低燃費 2024年に月へ、30年代に火星に有人着陸を目指す米国の「アルテミス計画」に日本も参加を表明した。... ...

同社は再使用型有翼ロケット「スペースプレーン」の開発・実用化に取り組むスタートアップ企業。

そのほか、19年度に再使用型ロケットなどの宇宙輸送システムの実現に向けた課題の検討や、宇宙開発を妨げるスペースデブリ(宇宙ゴミ)の政府の基本的な取り組みに関し方向性を整理することなどを盛り込んだ。&#...

宇宙ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区、袴田武史代表取締役)は、2020―21年の月の探査の2回のミッションに利用する月着陸船(ランダー)を米宇宙ベンチャーのスペースXの再使用型ロケッ...

スペースXの発表によると、限定されたわずかなチェックと改修で10回以上の再使用フライトが可能で、さらにリファービッシュによる再整備で100回、24時間後の再打ち上げにも耐えられる設計だという。 ...

打ち上げに使った補助ロケット2本は地上へ精密誘導して回収できており、同社の再使用型ロケットの技術を見せつけた格好だ。... 再使用や部品量産化が進めばコストはさらに抑えられ、民間主体の宇宙開発はさらに...

九州工業大学は宇宙航空研究開発機構(JAXA)やIHIなどと連携し、2018年度にも液化天然ガス(LNG)燃料エンジンを搭載した再使用型有翼ロケット実験機を米国で打ち上げる。......

同拠点はローバー(探査車)を利用した月資源の探査、通信が難しい月裏側や同極域探査での通信中継、再利用型有人宇宙船の係留地として電力供給を受けるなど月面探査の中継基地として重要な役割を果たす。 ...

CADなどのデータ取り込み機能により、調達部門の再入力工数を削減。... 個別受注型や多品種小ロット生産の中小製造業者の業務に対応する。 ... 【東計電算/物流...

「これからは繰り返し飛行できる完全な再使用型ロケットなど新しい輸送系の開発が使命」と次世代を見据えた研究開発に意欲を燃やす。

JAXAは、開発中の再使用型ロケットエンジンを観測用途に応用する。... ただ、再使用型ロケットエンジンは現在、1台の推力がH2Aの半分以下の40キロニュートン(ロケット1機で約4トンの荷重を持ち上げ...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所は、繰り返し飛行できる再使用型ロケットエンジン(イメージ)の燃焼試験に成功した。現在は使い捨て型だが、100回以上使える再使用型にすることで運用コストを1...

というのも次々ロケットの開発は(再使用型など)違った形になるからだ。

佐々木教授は「再使用型のロケットが使えるようになれば、輸送費は50分の1程度まで下がると期待できる。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる