415件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

JR大阪駅北側で工事が進む再開発事業「うめきた2期」が具体化してきた。... 大阪屈指の交通利便性がある同エリアの再開発では大阪・関西にとどまらず、グローバルに人が集う都市づくりを目指してほしい。&#...

建物の柱利用で昇降床持ち上げ 大成建、超高層RC向け短工期技術 (2021/11/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

大成建設は16日、同社開発のタワークレーン一体型クライミングシステム「テコアップシステム」の稼働状況を、札幌市内の建設現場で初めて公開した。... 公開した建設現場は、札...

清水建の4―9月期、営業益77%減 2期連続減少 (2021/11/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

国内建築事業の単体売上高が前年同期比2・6%減の4058億円で、国内土木事業は同16・6%減の975億円だった。... 国内受注について半田公男副社長は、「都市型大型再開発事業や万博、統合型リゾート(...

さあ出番/佐藤工業社長・平間宏氏 土木・建築・海外を3本柱に (2021/10/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

土木、建築、海外事業を3本柱に、強固な経営基盤の構築と高い収益率を持つ企業を目指す。多角化事業として不動産や再開発事業の投資を強め、収益向上を狙う。... 2022年2月に完成する新研究所では「カーボ...

建設業界はバブル崩壊の影響から脱し切れず、公共事業の抑制もあり厳しい時代を迎えた。... 東京五輪・パラリンピック関連施設や首都圏再開発事業と大型案件にも恵まれたが、競争激化で中期経営計画の未達が明ら...

竹中工務店の通期見通し、営業益下方修正 民間の受注競争激化 (2021/8/30 建設・生活・環境・エネルギー)

一方、大型再開発事業が計画通り稼働するとみて、受注高は1兆2000億円から1兆2200億円(同6・4%増)に引き上げた。

ゼネコン4社の4―6月期、営業減益 競争激化で採算悪化 (2021/8/9 建設・生活・環境・エネルギー)

鹿島や大成建設は大型開発物件の売却も寄与した。 ... 前年同期に貢献した好収益の大型再開発工事などが終わった反動や、土木でも一部大型工事の設計変更で採算が悪化した。... 今後の受...

新型コロナウイルス感染症や国連の持続可能な開発目標(SDGs)など社会を取り巻く環境の変化に即応する。... FDLでは独自に蓄積したデータやデジタル技術の活用、多分野との横断型連携により、従来の高品...

清水建、デジタルデバイスで施工管理効率化 東京・港区プロに導入 (2021/7/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

清水建設は28日、東京・港区で施工中の「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業(虎ノ門・麻布台プロジェクト)A街区新築工事」に、新開発のデバイス「SmartStation」の配備を始めたと発表した。

新社長登場/鹿島・天野裕正氏 耐震・超高層で存在感示す (2021/7/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

耐震性能技術など優れた新しい技術を駆使することで『超高層の鹿島』としての存在感を示したい」 《少子高齢化で建設市場は先行き不透明が漂う中、安定成長を目指す》 「建築...

【岡山】両備ホールディングス(HD、岡山市北区、松田敏之社長)は1日、岡山市北区の大型商業施設跡地再開発事業の1棟目となるオフィス・商業棟(写真)を完成した。... この再開発事業はイトーヨーカドー岡...

CO2、70トン減 森ビルと東京電力エナジーパートナーの共同出資会社である虎ノ門エネルギーネットワーク(東京都港区)は24日、2023年に開業予定の虎ノ門・麻布台再開発事業(同)で下...

ポストコロナはまだ見通せないが「広島では市街地再開発事業の表明が相次いでいる。... 新しい芽の育成や事業転換アドバイスなど、金融機関の役割も大事になる」と気を引き締める。

新役員/大林組 執行役員・安藤賢一氏ほか (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

フィンランド国立研究所に留学経験があり、米国オープンイノベーション組織SVVLボードメンバーや、技術開発組織BIRD INITIATIVE取締役を務める国際派。 ... ■執行役員大...

地中連続壁を簡易施工 清水建が新継ぎ手工法、工費1割減 (2021/5/27 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は26日、高剛性の地中連続壁を容易に施工できる場所打ち地下構築工法「SSS―N工法」を開発したと発表した。... 大都市中心部の大型再開発事業や超高層建築プロジェクトでは、鉄道や道路などのイン...

森ビルと慶大、予防医療で連携 (2021/3/31 建設・生活・環境・エネルギー2)

森ビルと慶応義塾大学は30日、森ビルが2023年に開業を予定する虎ノ門・麻布台再開発事業(東京都港区)において、両者で予防医療を推進する基本協定を締結したと発表した。... 森ビルは同再開発事業でグリ...

三井不、英再開発オフィスを米アパレル大手に賃貸 (2021/3/29 建設・生活・環境・エネルギー)

三井不動産は英ロンドンの再開発事業「テレビジョンセンター再開発計画第1期」の最終区画「西オフィス棟=イメージ」に関し、カルバン・クラインなどを傘下に持つ米アパレル大手PVH(ニューヨーク州)の英国法人...

森ビル、「ヒルズアプリ」開発 施設の利便性向上 (2021/3/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

森ビルは16日、六本木ヒルズ(東京都港区)をはじめとしたヒルズ関連施設の情報を一元閲覧できるデジタル基盤「ヒルズネットワーク」を開発、4月5日に運用すると発表した。... 2023年に開業予定の虎ノ門...

「今後は再開発事業に伴う工事量が増大し、工事車両を駐車するのが難しくなるのでは」と指摘するのは、高砂熱学工業社長の小島和人さん。

土木事業ではダム工事が減少したが、コストと技術面で強みをもつトンネルやシールド工事を確保しつつ、道路や鉄道など民間土木にも注力する」 ―受注を増やすためには自動化や省力化の技術開発が...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる