2,430件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

JFEエンジ、138億円でゴミ処理施設受注 福井・高浜町で (2020/8/4 機械・ロボット・航空機1)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長、03・6212・0800)は、福井県高浜町でゴミ処理施設(完成イメージ)を受注した。... 焼却炉の処理能力は1日当たり35トン。

1日当たりの処理能力が900トンのストーカ式焼却炉設備を改修し、長寿命化と省エネルギー化を図る。... 焼却炉本体の設備や灰処理設備、ボイラ、発電設備などを対象に更新工事を手がける。

容器包装プラの再資源化進む 鉄鋼大手、技術開発加速 (2020/7/27 素材・医療・ヘルスケア)

(編集委員・山中久仁昭) ■処理拡大、官民連携が必須 日本製鉄は年約20万トンの容器包装プラを処理しており、全自治体の回収量の約3割に当たる。室蘭(北海道室蘭市)、...

多発する大規模災害 非鉄大手、BCP策定強化 (2020/7/27 素材・医療・ヘルスケア)

従来の建物の耐震補強や食糧・水の備蓄、避難訓練などに加え、護岸整備や排水処理能力の増強、貯水タンク増設、非常用備品の充実などの改善を図る。

極東開発、秋田・鹿角でゴミ再資源化施設を受注 (2020/7/23 機械・ロボット・航空機1)

施設のゴミ処理能力は5時間当たり5・1トン。

独自のばっ気方式で排水処理の効率指標である酸素溶解効率を上げ、設置面積を従来の10分の1以下に抑えた。... アクアスノーベルは微生物を利用した活性汚泥法の好気性排水処理システム。... 従来は微生物...

不適正な処理のため世界全体で年間数百万トンを超えるプラゴミが陸上から海洋へ流出していると推計される。... 相当量のプラゴミをアジアの途上国に輸出していたが、2018年、中国をはじめアジア諸国の輸入規...

ファイルいい話/サタケ コメの光選別機 (2020/7/20 機械・ロボット・航空機2)

従来機に比べ処理能力を15%高めた。

計2炉を備え、処理能力は1日当たり174トン。高温高圧ボイラを採用して、ゴミ処理に伴う廃熱で発電。... 発電能力は3080キロワット。

これは日本の処理能力の問題ではなく、技術的な問題があるためだ。

産業廃棄物処理業者への委託費など廃棄費用の削減につながる。... 廃棄物の種類によって炭化する温度や処理能力は異なるが、5ミリメートル角以下のプラスチックであれば1時間に約800キログラムの炭化処理が...

川越第二工場のB棟は真空浸炭処理専門工場とする。... 真空浸炭炉の処理能力は600キログラム(治具を含む)。... 真空浸炭処理はガス浸炭処理に比べ仕上がり品質が高いほか、処理による二酸化炭素(CO...

シャフト炉式ガス化溶融炉の処理能力は1日当たり660トン。溶融処理で出るスラグやメタルは再資源化し、全量を有効利用する。... シャフト炉式ガス化溶融炉の国内稼働実績は42件目で、北名古屋工場の処理能...

ロイヤル・ダッチ・シェル、米コンベント製油所の売却検討 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

【ヒューストン=ロイター時事】英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは、米ルイジアナ州で操業するコンベント製油所(日量処理能力21万1146バレル)の売却を検討していると明らかにした。 ...

日野リトラックス(群馬県安中市、若林昌也社長、027・380・3050)は、エンジン、トランスミッション(変速機)の洗浄・再生の処理能力を高める。... 作業時間は従来比2分の1に短縮し、処理能力は同...

アーステクニカ、異素材混在スクラップ専用破砕機を発売 (2020/7/9 機械・ロボット・航空機2)

処理能力は毎時1―1・2トン。破砕能力を超える金属の塊などが混入した場合、速やかに排出する機構により破砕機の損傷を抑制する。中国の廃棄物輸入規制などに伴う、国内リサイクル市場でのスクラップ処理需要の増...

日立ハイテクサイエンス、蛍光X線装置 高分解能で検出 (2020/7/9 電機・電子部品・情報・通信2)

従来の半導体検出器と同等の単位時間当たりの処理能力を維持しながら分解能を高めた「シリコンドリフト検出器」を搭載。

【名古屋】日高工業(愛知県刈谷市、坂野善洋社長、0566・36・2390)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で操業開始を延期していた、熱処理の新工場「今岡第二工場」(愛知県刈谷市)について、今秋をめ...

国交省、下水道技術実証でクボタ提案2件採択 (2020/7/7 機械・ロボット・航空機2)

クボタ単独で実施する「省コスト・省エネ型雨天時対応ハイブリッドMBRに関する調査事業」は雨天時の浸入水による流量変動への対応で、膜分離活性汚泥法(MBR)などを活用して下水処理能力を高める。 ...

脳のすぐれた情報処理能力を人工的に再現するニューロコンピューティングの研究で、神経のような動きをする神経模倣素子は脳型コンピューターの中核部品として実現が期待されている。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる