51件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

両者が持つロボットを連携させ、遠隔地からでもコーヒーの専門家であるバリスタ業務を可能にする「テレバリスタプロジェクト」の早期実現を目指す。... オリィ研究所が提供する分身ロボット「OriHime(オ...

区長会見の序盤にアバター(分身)ロボットで登場し、「私でも簡単に操作できる」とタブレット端末の画面からあいさつしたのは、東京都大田区長の松原忠義さん。 ... このほかロボットや区内...

NTTとオリィ研提携 グループに分身ロボ、障がい者雇用推進 (2020/10/16 電機・電子部品・情報・通信)

NTTは15日、遠隔操作型分身ロボットを手がけるオリィ研究所(東京都港区)との資本業務提携を発表した。... NTTは今後、NTTドコモをはじめとするグループ各社で分身ロボの導入を進める。... 11...

川田テクノロジーズはオリィ研究所(東京都港区)と共同で、難病や障がいで外出が困難な人でも遠隔からロボットを操作し、カフェで働けるシステム「テレバリスタ」を開発した。オリィ研究所の分身ロボット「オリヒメ...

NTTは、オリィ研究所(東京都港区)の遠隔操作型の分身ロボット「オリヒメ―D」を活用した、障がい者による受付業務を本社内に本格導入した。... 【会話和やかに】 坂本絵美さんは、オリ...

大成建設と大和ハウス工業グループのモノプラスは、名古屋大学医学部付属病院の協力を得て、医療業務の支援に自律移動ロボットを活用する実証研究を始めた。遠隔から患者の状態を確認するアバター(分身ロボット)と...

人手不足の解消を狙ってハンバーガーチェーン「モスバーガー」に設置された接客ロボットはコロナ対策としても注目されている。... 分身ロボ注文対応 “温かい接客”目指す ...

分身ロボット「オリヒメ」を使ったコミュニケーションも実施。

モスフードサービス、分身ロボで接客・レジ 都内店舗で導入実験 (2020/7/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区、吉藤健太朗社長)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道...

ANAホールディングス(HD)傘下のスタートアップ、avatarin(アバターイン、東京都中央区、深堀昂最高経営責任者〈CEO〉)は、時間や距離などの制限を超えられる分身ロボット「アバター」のプラット...

勃興 5Gサービス(7)凸版印刷、IoAで遠隔体験 (2020/6/3 電機・電子部品・情報・通信2)

ロボットやウエアラブル端末、4Kカメラなどの遠隔操作を通じて遠隔地にいるような体験を提供するIoA仮想テレポーテーション技術を用いた「IoA学園」の一環。... 例えば飛行ロボット(ドローン)に乗り移...

ANAHD、国際宇宙ステーションでアバター実証 (2020/5/20 建設・生活・環境・エネルギー)

ANAホールディングス(HD)でアバター(分身ロボット)事業を手がけるアバターインは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とともに、国際宇宙ステーション(ISS)で実証プロジェクトを始める。

【横浜】神奈川県は分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」や新たなテクノロジーを活用した社会参加、就労支援を図り、共生社会の実現のため、同ロボットを提供するオリィ研究所(東京都港区)と「連携と協力に...

ANAホールディングスと三菱地所が、東京都内の観光案内所で「アバター(分身ロボット)接客」の実証実験を進めている。外国人観光客への案内を遠隔操作の接客ロボットで担う。

これを機に自動運転やロボットの開発、地域の課題解決に向けた技術の実証を加速する。... 【中小参入促進】 ロボティクスではスマートシティー(次世代環境都市)の実現に向け、施設内へのロ...

NTTは20日、遠隔操作型の分身ロボットを活用した受け付け業務の実証実験を始めたと発表した。オリィ研究所(東京都港区)のロボット「オリヒメ―D」を活用する。身体に障がいを抱える人が遠隔地域でロボットを...

分身ロボット(アバター)戦略の推進や飛行ロボット(ドローン)産業など「先端技術への挑戦関連事業」として10億9289万円を盛り込んだ。

埼玉県は14日14時から新都心ビジネス交流プラザ(さいたま市中央区)で「埼玉ロボットビジネス交流会」を開く。遠隔操作ロボットがテーマ。ANAホールディングス(HD)の深堀昂氏が分身ロボット(アバター)...

成田国際空港(NAA)はNTTドコモと共同で、第5世代通信(5G)と分身ロボット(アバター)技術を組み合わせた遠隔地からの案内業務の実証実験を始める。

ヒト型はその複雑さからロボット技術の最高峰とされるも、コストが高く、事業化が難しいロボットだ。最近はアバター(分身ロボット)として注目されている。... 分身ロボなら移動中は別の作業にあてられる。&#...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる