291件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

LVMHは9日、米国の対仏制裁関税への対応として、買収期日を延期するよう仏政府から要請されたなどとして、買収合意の撤回を発表。

【ワシントン=時事】世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)は15日、米国が2018年以降に発動した中国製品に対する制裁関税はWTO協定違反とする報告書を発表した。... 中国の知的財産権侵...

香港での反体制活動を中国が取り締まる国家安全維持法に対抗し、米国が香港に認めてきた関税優遇を停止。香港産品に課す関税は中国本土と同率になる。... トランプ政権が発動した制裁関税が香港産品にも適用され...

欧米向け複合機は中国でも生産しているが、米中貿易摩擦による関税の影響回避のため、今後の増産はベトナム工場で対応する。... ベトナムで欧米向けを増産するのは、米中貿易摩擦による関税の影響を最小限に抑え...

米国と中国が互いの輸入品に制裁関税を発動してから6日で2年を迎えた。書簡は、第1段階合意を完璧に履行することが「米中双方に残された関税撤廃のための一番の近道」と強調。

米通商代表部(USTR)は昨年、デジタル税を導入したフランスに対して制裁関税を視野に入れた調査を実施。

【ワシントン=時事】世界で独自課税が進む米IT大手を標的とした「デジタルサービス税」をめぐり、トランプ政権が制裁関税を視野に入れた調査の対象に10カ国・地域を加えると発表したことを受け、欧州各国から3...

課税は、新型コロナウイルス流行に伴う電子商取引の普及が導入を後押しする中、米企業が主な標的とみられており、米政府は制裁関税を視野に入れた調査を通じて撤回を求める狙いだ。 ... 制度...

両国が1月に署名した第1段階合意を中国側の要望で見直すことに慎重な意向を示すとともに、中国の合意違反に対して制裁関税を課す規定などを念頭に「中国の履行を注視していく」とけん制した。

アップルウオッチ、対中関税免除 USTRが貿易協議で判断 (2020/3/31 電機・電子部品・情報・通信2)

【シリコンバレー=時事】米通商代表部(USTR)が米アップルの腕時計型情報端末「アップルウオッチ」について、対中制裁関税の免除を認めたことが明らかになった。... アップルウオッチは昨年9月、中国から...

米国による制裁関税の打撃を受ける中、新型肺炎が追い打ちをかけ、景気減速が深刻になってきた。

米国による対中制裁関税を受け、中国工場の生産を他国にシフトする動きが顕在化していたが、新型肺炎で操業停止が長引けばその動きが加速しかねない。

中国は米国による制裁関税の緩和と引き換えに、米国産農産物の大量購入など重い制約を受け入れる。... 履行期限の延長協議が提案されることになると、「第2段階」の貿易協議や、対中制裁関税の緩和の是非にも影...

きょうの動き (2020/2/14 総合3)

■政治・経済■ ◇参院本会議(10時) ◇雨宮日銀副総裁講演(19時、東証) ■産業・企業■ ◇決算=日本郵政、キリンHD、大塚HD、リクルートHD、クボタ、SOMPO...

発効と同時に、米国は中国からの輸入品約1200億ドル(約13兆円)相当に対して2019年9月に発動した制裁関税第4弾の税率を現行の15%から半分に引き下げる。 ... 関税緩和の動き...

中国は米国による制裁関税の緩和と引き換えに、米国産農産物の大量購入など重い制約を受け入れた。

米国は1カ月内にも、2019年9月に課した制裁関税の関税率を15%から7・5%に引き下げる。 ただ、18年以降に課したハイテク分野などの制裁関税については、25%のままで維持した。

中国が米国産農産物を大量に購入する代わりに、米国は2月中旬にも対中制裁関税の一部を引き下げる。... 一方、米国は署名から30日後、2019年9月に発動した対中制裁関税第4弾の税率を現行の15%から半...

中国が米国産農産品の輸入を大幅に増やす一方、米国は2月中旬に対中制裁関税の一部を引き下げる。関税緩和の動きは貿易戦争が本格化した2019年夏以降で初めてとなる。

19年は米中による制裁関税の応酬が金融市場や実体経済を揺さぶった。... 関税(引き上げ)でもいろんな影響が出ている。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる