281件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

大日本住友薬、中計見直し 開発中止で売り上げ減少 (2021/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

抗がん剤候補薬「ナパブカシン」の開発中止に伴う売り上げ収益の減少に加え、米国子会社の新製品の販売費用を計上した。... ナパブカシンの開発中止により収益が減少する一方、米国子会社の新製品である進行性前...

アステラス製薬は、抗がん剤「イクスタンジ」が、欧州委員会から転移性ホルモン感受性前立腺がん(HSPC)患者への適応追加で承認を取得した。... 今回の承認でイクスタンジは非転移性および転移性去勢抵抗性...

国立がん研究センターは27日、2008年にがんと診断された患者約23万8000人の10年後の生存率が59・4%だったと発表した。... 部位別では、前立腺がんが最も高い98・7%。他は乳がん87・5%...

米国子会社を通じて承認取得した前立腺がん向け『レルゴリクス』と、過活動膀胱向け『ビベグロン』について21年度から収益に貢献し、24年度から業績をけん引すると期待している。... ファイザーの前立腺がん...

大日本住友製薬の米国子会社であるマイオバント・サイエンシズは、進行性前立腺がんを適応症とする開発薬「レルゴリクス」の販売承認申請が欧州医薬品庁(EMA)に受理された。承認されれば欧州における進行性前立...

アステラス製薬の前立腺がん治療薬「エクスタンディ」について、欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品委員会(CHMP)は、転移性ホルモン感受性前立腺がん(HSPC)に適応拡大する販売承認を勧告した。... ...

結腸直腸がんを対象とした第3相臨床試験に失敗したことを受け、固形がんや肝細胞がんなどを対象とした第1・第2相臨床試験の中止を決めた。... 大日本住友が傘下に置いた米マイオバント・サイエンシズは1月、...

成人の進行性前立腺がんを適応症とする経口剤としては、米国で初めて承認された。... 前立腺がんは米国で300万人以上の男性が罹患しているとされる。進行性前立腺がんは、最初の治療後に進行または再発する前...

大日本住友製薬は、米国子会社マイオバント・サイエンシズを通じ、新薬「レルゴリクス」について、米製薬大手ファイザーと北米におけるがんと婦人科領域の共同開発、共同販売で提携した。... 進行性前立腺がん向...

前立腺肥大症を伴うOAB向けなどにも開発を進め、適応症拡大を狙う。 ... 同じく米子会社のマイオバント・サイエンシズは12月、すでに米国で進行性前立腺がん治療剤「オルゴビクス」(一...

ニュース拡大鏡/期待の新薬、米で攻勢 大日本住友製薬 (2020/12/24 素材・医療・ヘルスケア)

前立腺がん薬、来月発売 大日本住友製薬は、米国子会社マイオバント・サイエンシズを通じ、米国において進行性前立腺がん治療剤「オルゴビクス」(一般名レルゴリクス)の承認を取得した。......

大日本住友薬、米で前立腺がん薬承認 経口タイプ (2020/12/22 素材・医療・ヘルスケア)

進行性前立腺がんを適応症とした経口剤が米国で承認されたのは初めて。... 前立腺がんは米国で男性が罹患(りかん)するがんとして2番目に多く、300万人以上が罹患しているとされる。進行性前立腺がんは、最...

(総合1参照) 神大病院国際がん医療・研究センター(同)で前立腺がんの手術で利用した。... 前立腺がんをはじめ、下腹部の血管や神経が集まっている場所で行う手術は難易度が高い。

「子会社化した米マイオバント・サイエンシズによる子宮筋腫や前立腺がんなどを適応症とした『レルゴリクス』、同ユーロバント・サイエンシズによる過活動膀胱(ぼうこう)向けの『ビベグロン』はブロックバスター候...

群馬県から紹介を受けた「群馬がん治療技術地域活性化総合特区」を活用し、医療機器製造に参入。18年にゴム成形技術を応用し、前立腺がんの治療で使用する「シリコンHDRテンプレート」を初めて自社開発した。&...

アステラス製薬は、米ファイザーと共同で開発と商業化を進める前立腺がん治療剤「エクスタンディ」(一般名エンザルタミド)について、中国の国家薬品監督管理局(NMPA)から非転移性去勢抵抗性前立腺がん(nm...

「がん治療」に使用 岡山大、CT画像確認して組織採取 岡山大学はがんの検査や治療に使用するロボ「ゼロボット」を開発中だ。医師がコンピューター断層撮影(CT)画像を撮影しながら患者に医...

槇田元生氏(75歳、まきた・もとお=元三菱重工業常務)13日前立腺がんのため死去。

中外製薬と武田薬品工業は、複数のがん種を対象とした抗がん剤の併用療法を検討する国際的な第3相臨床試験に参加する。中外製薬の非小細胞肺がんなどの治療薬「テセントリク」(一般名アテゾリズマブ)と、武田薬品...

大日本住友薬、米で子宮筋腫適応症薬の新薬承認申請 (2020/8/20 素材・医療・ヘルスケア)

同剤は前立腺がんの発生に関与する精巣のテストステロンも抑えることから、前立腺がん向けにも開発しており、20年12月の承認を目標とする。

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる