電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

685件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

一度承認された加工工程が容易に変えられず、プロダクトサイクルが長い航空機部品製造の特性に一致している。... 具体的には最小のサイクルタイムで最大の加工が得られる5軸機の追従性や加工精度の確保に加え、...

また、新棟の空いたスペースでフリーズドライ商品の加工も始める。... 新棟の商品加工工程には、省人化設備を導入する計画。 ... さらに新棟でのフリーズドライ商品加工で「さらなる付加...

主に製品の検査工程で活躍する。... 近年は加工工程にも女性が進出する。... 「加工工程を担当する“現場女性”が増えると、検査工程とのコミュニケーションも円滑になるだろう」(広木社長)...

アマダ 欧州を拓く(上)レーザー技術で差別化 (2024/7/1 機械・ロボット・航空機2)

高速高精度なレーザー加工技術で差別化を図り、板金加工工程の自動化需要を取り込む。... レーザー加工機と組み合わせることで、ワークの供給から加工後の仕分けまでの工程を自動化できる。... 山梨貴昭社長...

2024年は約100台の工作機械を引き取り、DMG森精機の鋳物加工工程で発生する切り粉も回収して約560トンの鋳物原料を調達。

同装置の活用でプレス機への加工対象物(ワーク)の供給や搬送を自動化できる。人手不足などを背景に国内外で高まるプレス加工工程の自動化需要に対応する。 ...

切断面の形状や表面の品質が向上し、その後の工程に好影響を及ぼす。 ... 放電加工機による金型加工を始めたのは数年前。急な受注の場合に金型加工工程の順番を入れ替えることなどが可能にな...

アマダ、板金加工機向け自動化装置 フィンランドで増産 (2024/6/7 機械・ロボット・航空機)

人手不足などを背景に欧州で高まる板金加工工程の自動化需要に対応する。... 最終組み立て工程のスペースも同3倍に広げ生産性を高めた。 ... レーザー加工機や、パンチプレスとレーザー...

過去の加工データを基にして、複数種類の部品を一度に熱処理加工するための温度や時間といった加工条件を算出。... 工程計画を効率良く作成でき、作業員の負荷を減らせる。 ... 複数種類...

機構部の剛性を強化して高い加工性能を実現した「α―CiCシリーズ」に、厚さが最大500ミリメートルの加工対象物(ワーク)を加工できる大型機を追加して発売した。... 機械剛性の強化によ...

ファナック、CNC一新 顧客目線の使いやすさ重視 (2024/5/23 機械・ロボット・航空機2)

加工物の変化やエネルギー効率向上といった環境対応に加え、人手不足など工作機械市場からの要望は複雑化している。... そのため省人化や高精度化を推進する同時5軸加工機や、工程集約につながる複合加工機の設...

属人的な技術が求められる部品加工工程を簡易化した。... 製品の品質を維持しつつ、加工時に属人的な技術が求められる部品の見直しを進めた。... 無線機生産の共通工程である基板へのハンダ付けに汎用自動機...

型技術協会、7月に技術交流会 プラ金型メーカーを見学 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

プラスチック金型専業メーカーのキヤノンモールド(茨城県笠間市)の本社・友部事業所を訪問し、高付加価値金型・内製加工工程や改善活動、人材育成の取り組みを見学する。

加工機、生産性向上をDXで支援 熟練の判断補う (2024/5/1 機械・ロボット・航空機)

アマダは加工工場の工程の進捗(しんちょく)を共有できるソフトウエアを投入した。メンテナンス時期や工程管理など熟練技能者の経験に頼ってきた判断をDXで補い、人手不足などの社会課題の解決に...

DMG森精機、工作機械操作盤にアプリ HMI開発 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機1)

デジタル変革(DX)による加工工程の集約や自動化、省エネルギー化をしやすくし、生産性の向上に貢献する。 ... アプリでは工程集約で複雑化する加工...

工作機械業界でベッド(土台)やコラム(柱)といった構造体や接続部品などに使う鋳物の生産工程や調達を見直す動きが広がっている。再資源化の仕組みを作ったり、産業用ロボットな...

同社は独自の生産技術を確立し、内製部品の加工工程の集約を拡大している。... 伊賀事業所では大物鋳物部品以外にも、MXによって内製部品の加工工程の集約を拡大している。 例えばタレット...

アルミニウム鋳造で加工工程までを一貫生産する体制を整えるのが狙い。... 鋳造品は熱処理し、加工工程を経て製品化するが、これまで加工工程はマシニングセンター(MC)などを導入し一部を手...

ユキワ精工(新潟県小千谷市)は加工対象物(ワーク)の加工効率を上げるハンドリングツールを提案。三和ロボティクス(長野県飯田市)は自動化のハードルが高い少...

2024年に同鋳物部品と、同社の鋳物加工工程で発生した切り粉を回収して再資源化し、銑鉄から鋳造する場合と比べ約900トンの二酸化炭素(CO2)削減効果を見込む。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン