1,047件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

経団連と連合は26日、2022年春季労使交渉(春闘)をめぐり都内で懇談会を開いた。... 会談後、十倉会長は「労使が目指そうとしている社会像は一緒だ。

「(コロナ禍で)急に減産になった時も、すぐ休業にするのではなく(労使協調で)職場体質の改善に努めてきた」と胸を張るのは、全トヨタ労働組合連...

経団連が25日、都内で「労使フォーラム」を開き、2022年の春季労使交渉(春闘)が事実上スタートした。

経済情勢の変化を労使でじっくり話し合う必要がある。 2022年の春の労使交渉(春闘)がスタートした。... 労使で変化する経済環境に向き合い、賃上げ水準を話し合ってほ...

東京都の小池百合子知事は24日、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い従業員の欠勤が急増する事態に備え、労使および行政関係機関のトップとオンライン会談した。... 公労使で連携して取...

きょうの動き (2022/1/25 総合3)

■政治・経済■ ◇全国財務局長会議(10時、財務省) ■産業・企業■ ◇経団連労使フォーラム(10時半、オンライン)...

今回の改正では休業の分散取得や労使協定を結んでいる場合に限り、従業員が個別に合意した範囲で休業中もスポット的に働くことも可能とした。

経団連は18日、2022年春季労使交渉(春闘)における経営側の交渉指針となる「経営労働政策特別委員会(経労委)報告」を発表した。... 経...

労使が取り組むべき事項や国によるす支援策などを体系化する。... 指針には労使が取り組むべき事項として、求められる能力やスキル・学びの目標の明確化などを盛り込む予定。

労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の雇用保険部会は、失業手当などに充てる「失業等給付」の保険料率を10月から半年間、労使で計0・6%に引き上げることなどを盛り込んだ報告書を...

迫られる働き方改革 3つの法改正、4月施行 (2022/1/11 中小・ベンチャー・中小政策)

男性の育休取得率向上は女性の就業継続にもつながるだけに、男女問わず当たり前に仕事と子育てを両立できる社会の実現に、労使双方が一歩を踏み出す節目となる。 ... 「産後パパ育休」では、...

2022年 経済・産業 主な日程 (2022/1/4 総合3)

1月 1日(土)▽地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効 ...

ただ、内外の事業環境を踏まえ、収益力を考えて個社の労使が話し合って決めるのが大原則だ。

これまではイデコに加入するには各企業の労使合意が必要でしたが、10月から原則加入できるようになります。

労働組合委員長に就任、労使交渉などで経営側との是々非々のやりとりを行った。

黒字を確保し安全を確立することと、社員のエンゲージメントを高めることだ」 国鉄に入社したのは労使対立冷めやらぬ1974年。

金属労協の方針決定を受けて、傘下の産業別労働組合はそれぞれ要求水準を固めて、22年2月以降、労使交渉が本格化する。

連合の決定を受け、傘下の各労組も闘争方針を固め、22年2月以降、労使交渉が本格化する。

8月以降、労使問題を抱えるなか、支払いのめどが立たなくなり、9月30日に自己破産の申請を行うこととなった。

07年に「ワークライフバランスの充実と生産性の向上」で労使が合意。

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる