3,575件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

有機溶剤を使わず揮発性有機化合物(VOC)排出ゼロを実現するとともに、コンパクトな塗装設備の導入で工程の合理化にもつなげた。  

日本国土開発、破砕混合機の能力3割増 来秋にも投入 (2021/10/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

また、この技術は揮発性有機化合物(VOC)など土壌汚染の浄化にも活用できる。

東工大の豊田真司教授と鈴木颯大学院生、山科雅裕助教は、親水性分子と安価な疎水性分子である「リン化合物」を混ぜるだけで両親媒性分子を合成する方法を開発した。... 窒素原子三つと塩素原子などの「ハロゲン...

従来の赤、青、緑のLEDは光の波長が異なるため色によって化合物も異なる。

もうひとつの選択肢となるビオロゲンと呼ばれる有機化合物は電解質に溶かして2枚のガラス電極間に流し込むため、液漏れなどの問題からデバイスの大型化が難しい。  

現在、複数の化合物が医薬品候補物質として臨床開発途上にあるが、現時点で生存期間を大きく改善できる薬物療法はない。  

プロリン触媒のように、アミノ酸から合成できる小さな有機化合物で不斉合成を次々に実現した。

同フィルムを使用することで、CO2のほか揮発性有機化合物(VOC)の排出量も削減できる。  

酸化酵素のシトクロムP450に適用すると、目的化合物の生産率を最大で従来に比べ6・4倍に増やせた。  ... この予測の中から目的化合物ができる複合体と、副生成物ができてしまう複合体...

14員環の有機化合物で鉄原子を取り囲み、触媒としての安定性を向上させた。

ジュリアス博士は刺激性化合物「カプサイシン」を利用して、熱に反応する皮膚の末端神経のセンサーを特定した。  

半導体産業の黎明(れいめい)期である1970年代からフォトレジスト用感光性化合物(感光材)の基礎研究を続けてきた。

内燃機関の選択肢拡大  窒素化合物の環境放出量の増大が問題になっている。二酸化炭素(CO2)排出を減らすためにリーンバーン(希薄燃焼)を採用すると逆に窒素酸化物(...

三菱ケミ、食品関連の市場・技術開発拠点 上海に開設 (2021/10/1 素材・医療・ヘルスケア)

同拠点では、パンや菓子向けの乳化剤「リョートーシュガーエステル」や食品包材向けのガスバリアー樹脂、香料・油脂化合物原料の脱水・精製を行うゼオライト膜などを扱う。

日本触媒、アンモニア分解触媒開発 25年めど量産技術 (2021/9/30 素材・医療・ヘルスケア2)

そのため、水素を液体や水素化合物の形で貯蔵・運搬する手法が想定されている。... アンモニアは分子式「NH3」で表される水素と窒素の化合物で水素量が多い。

世界では窒素化合物の環境流出が問題になっている。... NOxなど窒素化合物の排出はかつては公害の象徴だった。... これまでも窒素化合物は公害対策として技術投資がされてきた。

がん細胞周辺の血管壁にはすき間があり、大きな分子化合物がそこを通り抜けてがん細胞に集積する「EPR効果」を解明。... 化合物を合成する研究は何度も受賞対象となったが、それを支えた研究も重要だ。......

カワタ、TVOCを90%以上分解する乾燥機用脱臭装置 (2021/9/22 機械・ロボット・航空機2)

 カワタは、樹脂ペレット用乾燥機からの排気に含まれる揮発性有機化合物総量(TVOC)を分解除去する脱臭装置を開発した。

狙った化合物を効率よく作れるかどうかが課題」と説明する。  ... 膜上で空気に触れながら膜の下の水相に化合物を放出させる。

この外部表面を高分子化合物で化学修飾した後、低分子化合物を添加すると、低分子化合物が内部の空洞に入り込み、内部表面を修飾できた。

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる