1,056件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

先進技術だけでなくスポーツ車用ユニットの開発なども手がけるトヨタの東富士研究所(同)も合わせて、「三つにうまいケミストリー(化学反応)が起きて貢献しあえれば」と期待を込...

日化協が事務局を務める国際標準化機構(ISO)の化学分野の専門委員会(TC47)へケミカルリサイクルの定義などを提案し、議論を開始した。 ... 日化...

1本鎖DNA(デオキシリボ核酸)の配列を使ってSWCNTを化学修飾し、結晶格子に秩序だった形で欠陥を作れるという。 ... 今回の研究は、DNAの1本鎖配列でSWCN...

粉末材料を成形して1000度C以上で焼き固める焼結の代わりに、化学反応で製造できるようにする。... 焼かないセラミックスの製造では、酸とアルカリを反応させると水と塩ができる中和反応を利用する。

しかし、ブレストは、みんなで集まって多くのアイデアを出すというよりは、メンバー同士のアイデアを相互に作用させて化学反応を起こすことを目的としています。

高速充電などの妨げとなる硫化物固体電解質と電極材料間の高い界面抵抗は、界面形成時の反応で生じる層に起因することを示した。... そこで界面構造などを分析すると、電極表面から10ナノメートル程度までの深...

選択肢の一つとして、二酸化炭素(CO2)と水素を反応させメタンを作る「メタネーション」の取り組みが国内で盛んだ。大阪ガスは微生物を利用し生ごみを分解・発生させたガスと水素を反応させメタ...

体内でエネルギーの放出・貯蔵を行うATP(アデノシン三リン酸)を作り出すATP合成酵素のように、目標とする化合物の生成や化学反応を促進するナノマシンなどへの応用技術として将来役立つと見...

欧米化学大手は早くから同技術の開発に取り組んできた。... 化学反応を用いるケミカルリサイクルは廃プラを溶融して再生するマテリアルリサイクルに比べ消費エネルギーは大きいが、再生の難しいプラも新品と同等...

日本製鉄は22日、微生物を利用し二酸化炭素(CO2)から中鎖脂肪酸など基礎化学品を製造する研究開発に、豪州のクイーンズランド大学、水処理を手がけるアーバンユーティリティと共同で着手した...

「固体である(セルロース集合体の)パルプが溶けていない状態で化学反応させるため、非常にエネルギーを使う。(セルロースを溶かした)液体の状態による反応で効率化・省エネルギ...

既存企業と新興企業の組み合わせは、新商品開発や課題解決の化学反応を起こす可能性を秘めている。

東京工業大学の早水裕平准教授と駱偉大学院生らは、グラファイト(黒鉛)表面にペプチドとヘミン分子を並べて電気化学反応を起こすことに成功した。... 電気化学とたんぱく質工学の融合研究の事...

来場者や出展者同士の化学反応に期待したい」 ―穴開けの工法はさまざまです。

CO2と水素を化学反応させてアルコールをつくり蒸留してウオッカができる。

都市在住者が地方へ来訪し、都市・地方間が楽しみ学び、新たな化学反応を起こすことを期待する取り組みである。

水素とメタンのガス分離膜開発などに注力し、水素を化学反応プロセスや二酸化炭素(CO2)還元などの用途で活用していく。

リュウグウから採取した試料の化学・同位体組成と構成物質の成因や年代、隕石との関係性を調べた。... 同隕石の化学組成は水素や希ガスなどの一部の成分を除いて太陽系全体と等しいと考えられている。... こ...

流動電位で電解重合反応 東工大が成功 (2022/5/30 科学技術・大学)

3ボルトの電位差を作り、ピロールの重合反応を進めた。給電せずに電気化学反応を起こしたことになる。電力のない極限環境などで電解反応を起こす手法になる可能性がある。

新しい考え方の経験者が入ることでどんな化学反応が起きるかみてみたい。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン