49件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

化学系6団体、温室ガスゼロで連携 オンライン共同イベント (2021/10/26 素材・医療・ヘルスケア2)

日本化学会など学術・産業系の化学系6団体は、10月23日の「化学の日」に合わせ、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現をテーマにしたパネルディスカッションをオンライン...

住友化学、「女性賞」受賞 (2021/3/16 素材・医療・ヘルスケア)

住友化学は福田加奈子執行役員が化学工学会の2020年度化学工学会賞の「女性賞」を受賞した。... 福田執行役員は4月に住友化学ヨーロッパ(ベルギー)社長に就任する予定。 ...

化学工学会(阿尻雅文会長=東北大学教授)は国連工業開発機関(UNIDO)と共同で、「国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関する宣言―人々のウェ...

【分野超えた連携】 ナノスケールでの熱伝導(フォノン伝導)の理解と制御には、機械工学、電子工学、材料工学、物理学、光学、化学など学術分野を超えた研究者の連携が必要であ...

裏読み科学技術(61)AIシステム開発、中盤戦へ (2019/7/22 科学技術・大学)

MIとは、マテリアルズ・インフォマティクスの略であり、化学物質についてのAIの応用技術である。... 米国化学工学会(AIChE)の2018年11月発行の会誌CEPには「AIが有機反応...

これを憂いた綜研化学の社長・会長を務めた中島幹氏らが「退職後も皆で集まって研究し、成果を社会に発信しよう」と呼び掛け、化学工学会の下部組織としてSCE・NeTを立ち上げた。 ... ...

裏読み科学技術(57)コンピューター教育 (2019/3/25 科学技術・大学)

教員不足、ネットで補う 春は学会のシーズンである。12―14日、化学工学会の年会が芝浦工業大学の豊洲キャンパスで開催され、約1600人が参加し、研究発表などが行われた。... ...

筆者の専門である化学工学界でも、取り上げられている。米国化学工学会のケミカル・エンジニアリング・プログレス誌5月号では「オリガミが光でポリマーを折り・曲げる」として報告している。 ....

筆者は原発事故について論文「スリーマイル島原発事故の化学工学による検証」(2011年)、「東京電力福島第一原発事故の化学工学による検証」(2012年)を日本開発工学会発...

(編集委員・山本佳世子) 受賞が強い励みに 【4%の狭き門】 男女共同参画学協会連...

三菱化学科学技術研究センター(横浜市青葉区)は化学工学会の女性賞に石田美織有機デバイス研究所長(写真右)が選ばれた。2011年に創設した同賞は、ワークライフバランスを実...

裏読み科学技術(21)化学プラント高度化 (2016/3/28 科学技術・大学)

経済産業省によれば、わが国の化学産業は雇用約86万人、出荷額約42兆円、付加価値額15兆円で、いずれも製造業第2位である(茂木正「IoTと我が国の化学産業」化学工学会第81年会)。これ...

近年の電子機器の発展を踏まえ「大学における未来の授業」という報告が、さきごろ米国の化学工学会でなされた。... ノーベル化学賞の受賞者である根岸英一氏は、米国大学の大学院に留学し、量子力学を受講した際...

化学工学会関東支部は7月29日10時から東京理科大学森戸記念館(東京都新宿区)で、大学や研究機関の研究者による講習会「3Dプリンティングで注目される材料加工技術と応用の最前線」を開く。

14年度には化学工学賞(化学工学会主催)を受賞したこともあり、15年は20台の販売を見込む。

新技術開発事業団にいた水野恵司氏らは、今日の技術経営を見据えて、1984年に「日本開発工学会」を設立した。同学会は日本学術会議第5部登録団体として、現在、MOTに関連した研究の場として活動している。&...

【横浜】徳寿工作所(神奈川県平塚市、谷本友秀社長、0463・32・1840)は、2014年度の化学工学会賞で技術賞を受賞した。... 化学工学会賞は研究開発部の吉次寛氏、朝日正三氏、堀...

◇綜研化学研究開発センター分析室 上野裕美 〈プロフィル〉東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻修士課程修了。13年化学工学会女性賞受賞。

化学工学会関西支部は2015年6月14―21日の8日間、ドイツ・フランクフルトで開催される化学装置に関する展示会「ACHEMA2015」と欧州製薬企業の視察ツアーを企画、参加者を募集する。

所属していた化学工学会が震災直後、東日本の電力不足に関する緊急提言をまとめることになり、執筆者の一人として加わった。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン