電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,354件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ソニーセミコン、化学物質申告に誤り (2024/7/11 電機・電子部品・情報・通信2)

ソニーグループの半導体会社であるソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(熊本県菊陽町、山口宜洋社長)は、有害な化学物質の排出や移動で過去2年間のデータに誤りがあったことを公表した。...

今後、自動車サプライチェーン(供給網)に加え、化学物質規制への対応や物流の効率化、資源循環などさまざまな目的で連携事例の創出が見込まれる。

北大と地球研、来月2日に連携シンポ開催 (2024/6/27 科学技術・大学1)

北大と地球研の教授らによる、環境化学物質や北極域研究、ゴミと国連の持続可能な開発目標(SDGs)といったテーマの三つのセッションとパネル討論で構成。

テクノヒル、化学物質管理と保護具着用管理の責任者講習を追加開催 (2024/6/26 素材・建設・環境・エネルギー1)

テクノヒル(東京都中央区、鈴木一行社長)は、2024年度の化学物質管理者と保護具着用管理責任者の育成向け講習会を追加開催する。... リスクアセスメント対象物を製造する事業場では4月か...

培養細胞に化学物質を浴びせて小核の発生数などからデオキシリボ核酸(DNA)の損傷を検出する小核試験では、顕微鏡視野内の全細胞と小核核含有細胞を手動で測定することが多く、目視による誤りや...

キヤノンやトヨタ自動車など49社・団体が連携し、製品中の化学物質の情報を業界横断で管理する次世代プラットフォーム(基盤)の構築に乗り出す。... 共通の化学物質リス...

2時間でグラムスケールの化学品の合成に成功したと発表した。... 中でも同合成法は、化学物質規制「REACH規制」を回避しながら高品質なポリウレタンを作製できることが期待できる。 ....

インド香辛料、輸出4割減も 発がん性物質使用で (2024/5/22 生活インフラ・医療・くらし2)

インドの大手香辛料メーカー、MDHとエベレストの製品に、発がん性が指摘される化学物質エチレンオキシド(酸化エチレン)が使用されていることが、一部の国々で問題視されている。

Sotas、化学物質検索3倍20万件超に拡充 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

【川崎】Sotas(川崎市幸区、吉元裕樹社長)は、化学製品の含有物質調査を支援するクラウド型サービス「Sotas化学調査」で、検索可能な化学物質情報を従来比約3倍の20万件以上に増やし...

プラ生産制限の交渉難航 条約制定、11月に持ち越し (2024/5/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

一次ポリマー以外にも争点があり、「懸念される化学物質」「問題のある/回避可能なプラスチック」への規制も意見が割れている。

生物が身の回りの化学物質を捉える感覚の進化の過程を遺伝子レベルで解明する一歩となる成果。... データベースにある16種のヤマアラシ亜目の全ゲノム配列に加え、ネズミの仲間で西アフリカで食用とされるグラ...

三井E&S、住化にメタノール製造用反応器を納入 (2024/4/23 機械・ロボット・航空機2)

三井E&Sは住友化学の愛媛工場(愛媛県新居浜市)内のメタノール製造用試験設備(写真)向けに、内部凝縮型反応器(ICR)を1基...

研究室の空気循環をモニタリングし、有害な化学物質を検知した際に自動で排気するシステムなどを連携して開発する。... 島津理化は島津製作所の子会社で、研究室で発生する有害物質を場外へ排出するドラフトチャ...

新たな地質年代への提案「人新世」とは オゾンホールのメカニズム解明でノーベル化学賞を受賞したクルッツェン博士は、自然科学的な理解で地球環境の変動が説明できていた地質年代(完新...

香り自在にデザイン 岩手大と島津が装置開発 (2024/3/28 科学技術・大学2)

ガスクロマトグラフは混合物に含まれる化学物質を個別に分離し、質量分析計はそれぞれどんな物質か特定できる。

だが、従来法は全て凍結保護剤として化学物質を用いており、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などで影響が懸念されている。

シグマー技研、低価格シュレッダー発売 (2024/3/22 機械・ロボット・航空機)

グリーン購入法適合商品で、欧州の化学物質規制「RoHS指令」にも対応する。

九州大学の樋口裕次郎准教授と竹川薫教授、守田湧貴大学院生らは豪クイーンズランド大学と共同で、日本酒やみそ、しょうゆなどの発酵・醸造産業に不可欠な「黄麹菌」の細胞内で酵素などの有用物...

岡山大学の上原孝教授と森本睦大学院生らは、たばこの煙や排ガスに含まれる化学物質「メチルビニルケトン(MVK)」が生理機能に悪影響を与える仕組みを解明した。... また、MVKに構造が似...

新たな化合物や化学物質を生み出すことは、長い期間がかかるだけでなく製品化にたどり着かない場合もある。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン