469件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

多様な産業で同時に変革が進む今、全てに投資すると中途半端になりかねない。... また、日本の石油化学産業ではコンビナート内で各社が原料を運ぶパイプラインで繋がり、運命共同体のような状態。... ただ、...

冷間引き抜き鋼管メーカーとして造船や石油化学、産業プラント向けに製品を供給してきたが「工場の老朽化や需要減もあり、特殊管販売に特化する」ことを決意。

カーボンニュートラル実現、高付加価値モデル確立 三井化学は、国内化学大手でいち早く2050年の温室効果ガス(GHG)排出量実質ゼロ(カーボンニュートラル)を宣言し、相次ぎ施策を打ち出...

【モスクワ=ロイター時事】カザフスタンが2022年の液化石油ガス(LPG)輸出を削減し、国内の石油化学産業に供給する方針を固めたことが、同国の石油化学産業政策やエネルギー省の話で明らかになった。...

2010年にノーベル化学賞を受賞した米パデュー大学特別教授の根岸英一(ねぎし・えいいち)氏が6日、死去した。... 医薬品や有機エレクトロニクス、プラスチックなど化学産業の基盤技術になっている。...

日化協技術賞は、日本化学工業協会が優れた化学技術の開発などで化学産業の発展に寄与した事業者を表彰する制度。

日化協、CO2ゼロへスタンス策定 (2021/5/24 素材・医療・ヘルスケア)

日本化学工業協会は、二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロの実現に貢献する技術利活用を加速するため、化学産業の基本的な考えをまとめた。... オンライン会見した森川宏平会長は「(排出ゼロは)化学業界だけで...

春の叙勲 喜びの声 (2021/4/29 叙勲)

【旭日重光章/三井化学元社長 中西宏幸(なかにし・ひろゆき)氏】 叙勲の栄に浴しましたことは、三井化学グループの企業活動を通して化学産業の発展のため真摯に取り組んで参りました姿勢をお...

「化学合成にはできない化合物の生産、大幅な工程削減、石油化学プロセスの代替の3点だ。... 「バイオラショナルに続き、化学品の製造方法革新を数年内に実現したい。環境負荷の低い製造技術により、カーボンニ...

21入社式TOP語録/三菱ケミカル・和賀昌之社長ほか (2021/4/6 素材・医療・ヘルスケア)

【化学の時代 三菱ケミカル・和賀昌之社長】 21世紀は化学の時代。地球規模の課題を解決できるのも化学産業であり、当社だ。... 【挑戦と発見 三井化学・橋本修社長】 ...

三菱ケミ、地球環境保全で連携 東大と共同研究 (2021/4/2 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ケミカルは、人類の持続的発展の共通基盤である地球環境システム(グローバル・コモンズ)の保全に向け、化学産業の役割について東京大学との共同研究を4月1日から開始した。... 化学産業の事業活動に伴う...

日本政府は競争力の高い製造装置や化学産業との連携をテコに工場建設を働きかける。... 経済産業省は24日に半導体業界やユーザー企業などを交えた検討会議を立ち上げた。... 23日にはパイロットライン(...

住化、カーボンニュートラル実行計画 22年度から (2021/3/22 素材・医療・ヘルスケア)

住友化学は2022年度から始まる次期中期経営計画に、50年のカーボンニュートラル(CN、二酸化炭素〈CO2〉排出実質ゼロ)に向けた実行計画を盛り込む。... 化学産業は製造業の中でもCO2排出量が多く...

安全基準は重要で、現状の化学産業や発電所での取り扱い基準をベースに作り上げ、それを基に資源エネルギー庁と国際的な基準づくりにつなげていく」 ―燃料アンモニアのネットワークは。 ...

CO2から化学品を生産するために必要な水素を“クリーン”に作ることが研究の中心の一つとなる。... 解決できる技術の提供は化学産業の役割だ」 【記者の目/人工光合成に期待】 ...

裏読み科学技術(79)工業用蒸留塔の設計 (2021/1/25 科学技術・大学)

FRI、技術で世界リード 臨海工業地帯のコンビナートを車や船で通過すると、銀色に光り林立して威容を誇る構造物を見かけるが、そのほとんどは蒸留塔と言われる化学装置である。... 蒸留塔...

化学材料に関する産業は日本に強みのある分野であり、機能性に加えて品質や耐久性の高さが訴求力となっている。... 【産業界につなぐ】 産業技術総合研究所(産総研)では、多彩な分析技術を...

「社会的なうねりであり、化学産業への期待は大きい。... 中国勢との技術格差の維持に注力する」 【記者の目/石化、奇策より地道さ】 住友化学は農薬の出荷増やメチオニ...

多くの経済・産業団体が5日までに、2021年の仕事始めを迎え、各トップは年頭所感で、新型コロナウイルス感染症危機を乗り越える決意や、サステナビリティーを重視して産業の発展を目指す方針を示した。 ...

当社を含め日本の化学産業の歴史は、電力をはじめとするエネルギーをいかに有効に使うかという工夫の歴史でもある。化学産業はそれだけエネルギーに対してセンシティブで、変化に柔軟に対応できる。... 同時に他...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる