23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

慶応義塾大学の村田満教授、涌井昌俊准教授、竹内勤名誉教授らと医学生物学研究所(東京都港区)の共同研究グループは18日、新型コロナウイルスに対する中和抗体を自動測定装置で迅速に検査するキ...

京都大学大学院医学研究科は国の指定難病「潰瘍性大腸炎」の発症を示す抗体(免疫)を発見した。... 同抗体を検出する検査キットを医学生物学研究所と開発中で2022年に薬事承認と発売、23...

JSR、医学生物学研にTOB (2020/10/28 総合3)

JSRは現在、医学生物学研究所株式の約51%を保有する。... 医学生物学研究所はTOBに賛同している。 ... 2013年に医学生物学研究所と資本提携した。 ...

【名古屋】医学生物学研究所は主力の臨床検査薬を生産する伊那研究所第二生産棟(長野県伊那市)で、人手による工程の機械化を進める。... 医学生物学研究所は抗体や抗原を検出する免疫・血清学...

京都大学大学院農学研究科の黒田浩一准教授らは、アルコールを生産する酵母による、バイオ燃料のイソブタノールの生産能力を、従来の約5倍にすることに成功した。米マサチューセッツ工科大学と米ホワイトヘッド医学...

4日の東京株式市場は、3日夜に東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル生理学医学賞を受賞したことを受け、バイオ関連銘柄が上昇。... 試薬を手がけるコスモ・バイオや医学生物学研究所は買い気配で値段がつ...

98年旭化成アメリカ上級副社長、05年ギンコバイオメディカル研究所(現SBIバイオテック)社長、09年医学生物学研究所経営企画室長、10年執行役員、11年取締役。

実証を経て、研究メンバーの医学生物学研究所が2016年度の製品化を目指す。

【医学生物学研究所】山田公政氏(やまだ・きみまさ)81年(昭56)九大院農学研究科修士修了、同年旭化成工業(現旭化成)入社。98年旭化成アメリカ上級副社...

医学生物学研究所の関係者はこう漏らす。... その過程でBSL4施設である国立感染症研究所もしくは理化学研究所の活用が想定されるが、周辺住民の反対運動などで運用されていない。... 【法体系に不備】&...

名古屋大学大学院医学系研究科の高橋隆教授は約5年間、外科医として難治がんに立ち向かった経験を持つ。... (名古屋編集委員・田中弥生) ≪プロフィル≫▼設立=...

同社は8月にSCIVAXライフサイエンス(川崎市幸区)、3月に医学生物学研究所に出資するなど、医薬品の製造工程や研究開発に使う製品のラインアップ拡大を進めている。

ペプチドリームは独占実施権を持つ人工リボザイム(触媒の働きをするリボ核酸=RNA)「スガザイム」の利用に関する非独占的なライセンスを医学生物学研究所に供与した。同研究所はこの物...

医学生物学研究所は同社がスポンサーとなり民事再生手続き中の病理学的検査サービス会社、組織科学研究所(東京都青梅市)の事業を、新設した100%子会社「新組織科学研究所」(...

信用情報・26日 (2013/4/30)

【26 日】 ◎組織科学研究所 (1)病理検査(2)東京都青梅市(3)1600万円(4)松尾紀子...

JSRは12日、医学生物学研究所に資本参加すると発表した。29日に医学生物学研究所が実施する第三者割当増資をJSRが引き受けて45億円を出資する。... 業務提携も行い、医学生物学研究所の抗体・遺伝子...

医学生物学研究所は22日、東京大学発の創薬ベンチャー、ACTGen(長野県駒ケ根市、梶川益紀社長、0265・82・7334)を3月1日付で吸収合併すると発表した。... 医学生物学研究...

医学生物学研究所は抗体として働く免疫グロブリン(Ig)の一種「IgG4」を目印に、自己免疫性すい炎が発症しているかどうかを診断する臨床検査の新手法を2012年度中にも実用化する。......

(名古屋・伊藤吉登) 76年(昭51)山梨大工卒、同年医学生物学研究所入社。

【医学生物学研究所】佐々木 淳氏(ささき・じゅん)76年(昭51年)山梨大工卒、同年医学生物学研究所入社。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン