電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,085件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

実寸の肺をMRで観察 日本メドトロニック、医療訓練システム (2024/7/4 生活インフラ・医療・くらし)

日本メドトロニック(東京都港区、宇佐美英司代表)とキヤノン、ザイオソフト(同、茅野秀介社長)など4社は3日、肺の構造を複合現実(MR)...

島津、徳島大と連携 医療技術強化へ人材交流 (2024/7/3 機械・ロボット・航空機1)

両者で「次世代光源技術」「フードテック」「水中通信技術」に関わる共同研究とともに、双方の研究者・技術者、同大学の学生を対象とした人材育成に取り組む。 同大学は、光を医療や生命医科学に...

サービス開発事業者を選定して今秋から実証事業を開始し、医療従事者に寄り添ったサービスの実用化につなげる。 ... 秋ごろから3―4カ月かけて実証し、PHRサービスの実用性や、患者と医...

国内情勢が不安定で、医療サービスの質が課題の同国で、小児の感染予防に役立てる。 ... 同国では医療サービスの質が低いのに加え、医療従事者が不足しており、すべてのワクチン接種が完了し...

医療従事者向けだが、シニア世代らの活用も見込む。

少子高齢化がさらに進む社会における人手不足や医療従事者の働き方改革などを背景に、効率化のニーズは増大する。... 医療AIの開発を強みとするベンチャーのAIメディカルサービス(AIM、東京都豊...

看護師学び直し、ジストリーがプログラム開発 (2024/5/31 生活インフラ・医療・くらし1)

技術専門職である医療従事者のリスキリング(学び直し)ニーズの高まりに対応するのが狙いだ。... 現在、同社は看護師と医療機関や訪問看護ステーションをマッチングするサービスを提供している...

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2024/5/10 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

この模擬臓器は、実際の手術に近い感触と解剖構造を提供することで、医療従事者の技術向上に貢献することを目指しています。私たちの技術が、医療現場での実践的なトレーニングに役立てられることを心から願っていま...

愛知県がんセンター建て替え 県が基本構想 (2024/5/8 科学技術・大学)

同センターを構成する病院施設と研究所施設が一体となって、次代のがん医療・予防の研究開発や、最先端のがん医療の提供をする県内の中核施設にすることを基本方針とした。... 基本構想で新センターの病院は、ゲ...

MRIのAI活用加速 医療機器メーカー、検査・診断を効率化 (2024/4/30 生活インフラ・医療・くらし)

医師をはじめとした医療従事者の人手不足が深刻化する一方、高齢化社会の進行で患者はさらに増加する。... こうした変化を背景に、医療機器メーカーは人工知能(AI)の活用をさらに加速し、医...

リケジョneo(265)総合メディカル・江淵愛さん (2024/4/29 ひと カイシャ 交差点)

がんの専門的な知識を持った医療従事者がどのように声をかけるかで、治療への患者さんの意欲や治療効果も変わると信じます。... 患者さんが大切にしていること、尊重したいことを医療従事者は知っておく必要があ...

ヘルスケアインフォマティクス医用画像で強み発揮 ヘルスケアインフォマティクスは、情報通信技術を駆使し、個人の健康・医療に関する情報を本人や医療...

日本精工、ストレッチャー搬送ロボ実用化 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機1)

日本精工と湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)は、医療従事者の負担軽減を目的にした搬送アシストロボットを実用化した。

【名古屋】名古屋商工会議所が愛知県、名古屋市、中部医療機器工業協会などと共催する医療機器の展示商談会「メディカルメッセ」が18日、愛知県国際展示場(愛知県常滑市)で...

GEヘルスケア、高画質なAI活用CT 低X線撮影 (2024/4/11 生活インフラ・医療・くらし)

患者だけでなく医療従事者の読影負担の軽減や診断精度の向上にもつながる。

テルモ、腹膜透析をアプリで管理 (2024/4/9 生活インフラ・医療・くらし)

テルモは患者向けの腹膜透析(PD)管理アプケーション「テルモPDマイケア」と、医療従事者向け遠隔モニタリングアプリ「テルモPDマイケア for Hospital」の提供...

科学技術の潮流(236)生成AIで医療の質向上へ (2024/4/5 科学技術・大学)

このような技術を医療分野にカスタマイズした「医療版基盤モデル」の出現により、例えば医師が医用画像や図表を含む論文の内容を深く迅速に理解し、その知見を日常の診療に活用することで、医療の質が向上する可能性...

ロボで血液検体搬送 独協医大病院、オムロン製導入 (2024/4/4 生活インフラ・医療・くらし)

独協医科大学病院は先端技術の活用で医療従事者の業務負担軽減と患者サービス向上を図る。

富士通Japanなど、がんゲノム医療DB化 統合システム開発 (2024/4/1 電機・電子部品・情報・通信)

報告書作成に関する医療従事者の負荷を軽減できる。 報告書に追記した医療従事者の解釈・考察なども含めたすべての情報をDBに蓄積することで、次回以降の症例の評価に活用できるだけでなく、新...

総合メディカル(福岡市中央区、坂本賢治社長)は医療機関や医療従事者の支援のほか薬局運営を展開する。... 医業支援統括部の石川陽介部長は「お客さまである医師や医療機...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン