18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

中東・アフリカ地域は巨大な人口を背景に経済成長が見込め、歯科医療の需要が高まると判断。

医療材の在庫管理効率化 村田製作所、無線識別システム投入 (2020/6/3 電機・電子部品・情報・通信2)

【京都】村田製作所は医療機器メーカーや物流事業者の検品、在庫管理業務を効率化する、医療材料の物流管理業務向け無線識別(RFID)システムを発売した。整形インプラントや血管カテーテルはじめ、流通経路や取...

物質・材料研究機構は15日、鉄鋼材料や医療材料の開発など80件を超える最新の研究成果の展示会に先行し、メディア向けに研究成果を発表した。... 物材機構は材料開発に強みを持つ国立研究開発法人。

ADEKA、脱細胞化再生医療材で認証 早期に実用化 (2019/10/8 素材・医療・ヘルスケア)

ADEKAは7日、脱細胞化再生医療材料として日本で初めて医療機器の品質マネジメント規格「ISO13485」認証を取得したと発表した。同認証の取得で、医療機関との共同研究や臨床応用が可能になった。...

東レの医薬・医療材事業の『営業部隊』として、単に製品を売るだけではなく、顧客の声を聞く役割が求められている」 ―透析事業の市場環境をどのように見ていますか。

さらなる飛躍にはテープ類より収益性の高い医薬品や医療材の拡販が必要だが、「メディカル事業の比率を(現在の約36%から)4割に増やす流れができてきた」。

カワニシホールディングスは医療器材を医療機関に販売する商社。... 医療技術と機器の進歩により、医療現場では医師が求める医療器材が多様化している。... 今後は医療機関の共同購買が全国的に増える可能性...

JSRは診断薬用樹脂製材料微粒子を中心とした、医療用材料の本格的な拡大に乗り出した。... 医療用材料事業は、2015年度に売上高100億円規模(10年度約10億円)を目指している。... 多孔質の充...

東レは30日、医薬・医療材事業として初の海外生産拠点を中国に設け、人工透析機器を生産すると発表した。... 繊維メーカーの青島即発集団股分有限公司や東レ・メディカルと合弁会社「東麗医療科技(青島)股分...

世界最先端の医療材料研究拠点とすることを目指す。 旭化成グループは、中期経営計画で医療事業を重点成長領域に設定。... 革新的な血液医療システムおよび次世代バイオプロセスの開発、普及に取り組ん...

やけどや褥そうなどの創傷治療の医療現場では、被覆材が患部にくっつき(固着)、交換時に新たに形成した肉芽を傷つけるなどの問題がある。... 同社では製品分類を一般医療機器にして低価格化。汎用の5号サイズ...

これら新規分野の開拓で2020年度に医療材を含むヘルスケア事業で売上高4000億円を目指す。 ... このため帝人グループ全体で新素材、再生医療、先端医療材料の研究開発を推進していく。各種サー...

医療材では人工腎臓に次ぐ第2の柱である重症敗血症を治療するポリミキシン固定吸着型血液浄化器「トレミキシン」の海外展開を本格化する。これらにより2015年度をめどに医薬・医療事業で売上高1000億円、営...

既存薬の効かない患者の手元に早期に届けたい」(丸山和博専務医薬・医療事業本部長)。 ... 東レの医薬・医療事業の08年度売上高見込みは460億円で、営業利益は薬価改定と研究開発費の増加でゼロ...

東レは重症敗血症を治療する医療材の輸出を拡大する。... 同社は2015年度をめどに医薬・医療事業で売上高1000億円、営業利益200億円を目指している。... 「承認取得後は検査薬とトレミキシンをセ...

在宅医療事業は岩国の研究所が膜式酸素濃縮器を開発したのがきっかけだ。... 研究開発はグループ力を活用し、医療材や医療用デバイスにも開発を広げる。

15年ぶりの自社新薬である痛風・高尿酸血症治療剤の発売が今月から米で始まるほか、在宅医療事業もスペインの合弁会社を足がかりにエリア拡大を図る。研究開発も帝人グループの人材を活用して、医療用デバイスなど...

「ダイアライザーは医療用具の中でも当社の技術を発揮できる事業として展開してきた。... そのほかの医療材事業では救急・集中治療室などで使用する白血球除去カラムを09年度に国内申請するとともに、心房細動...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる