146件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

菅義偉首相は21日、訪問先のインドネシアで会見し、「南シナ海の緊張を高めるいかなる行為にも反対する」と述べた。さらに「南シナ海をめぐる問題のすべての当事者が、力や威圧によるのではなく国際法に基づき、紛...

中国を念頭に、東シナ海と南シナ海で力による一方的な現状変更の行為に強く反対すると同時に、自衛隊の戦闘機が豪州軍給油機から空中給油を受ける訓練や、日本の防衛に関連する活動に従事する豪州軍を攻撃から守るた...

東・南シナ海への進出を強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」構想実現へ協力を確認。... ベトナムは、南シナ海での中国の動きに神経をとがらせている。

首相はこうした点も考慮し、米国と中国が対立する南シナ海情勢をめぐり、東南アジア諸国との関係強化を図るものとみられる。

「南シナ海の軍事基地化や尖閣諸島への度重なる領海侵入など、力を背景にした現状変更の試みや既成事実化の動きは極めて遺憾であり、容認できない。

中国の東・南シナ海などでの軍事活動を踏まえ、日米が目指す「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力を確認。

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は開幕式で、「南シナ海情勢を含めた地域の地政学的な環境が大きく変化し、平和と安定に影響を及ぼしている」と言明。南シナ海を含めた地域の平和と安定を確保する重要性を訴え...

コロナ対応では連携を強化するほか、南シナ海や北朝鮮など「地域情勢についても意見交換する」という。

NY金、小反落 (2020/8/28 金融・商品市況)

この日は中国軍が南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射したと伝えられ、同海域をめぐる緊張感が高まった。

【ワシントン=時事】ポンペオ米国務長官は26日、中国による南シナ海の軍事拠点化などに関与した中国人に対してビザ(査証)制限を実施すると発表した。... トランプ政権は7月、中国が主張する南シナ海の領有...

ポストコロナの中国が南シナ海や東シナ海での軍事活動強化に走り、香港の一国二制度を否定したのは、狙いが台湾併合にあることは明らかだ。

河野氏は、沖縄県・尖閣諸島をはじめとする日本周辺の海空域や南シナ海での中国の軍事活動に「強い懸念」を表明。

さらに、中国が南シナ海での海洋進出を強めており、地域情勢について意見交換を行う。

7月だけでも、香港の自治侵害や新疆ウイグル自治区の人権侵害に関わった関係者や金融機関への制裁、「中国共産党の党員と家族の米国入国全面禁止」検討の報道、米空母2隻による南シナ海での軍事演習、そして在ヒュ...

尖閣諸島周辺における公船の度重なる侵入事件に加え、南シナ海でもフィリピンやベトナムと国境を争うヒューズ礁、ファイアリークロス礁で飛行場やレーダー・通信施設を造るなど、露骨な軍事拠点化の動きを進めている...

中国は潜水艦の水中航行や尖閣諸島での領海侵入に続き、南シナ海・東シナ海・黄海で3海域合同軍事演習を実施するなど、軍事プレゼンス活動を活発化させ、ベトナム漁船とも衝突沈没事件を起こしている。

河野太郎防衛相は、モンゴルのエンフボルド国防相とテレビ会談を行い、東シナ海・南シナ海を含む地域情勢に関する意見交換で、力を背景にした一方的な現状変更の試みに強く反対する姿勢で一致した。

中国にとって南シナ海や東シナ海はエネルギー調達の生命線。... 南シナ海や東シナ海が中国の支配下になれば、同エリアから天然資源を運んだり工業製品を輸出したりする日本の国家安全は脅かされる。

中国が南シナ海や東シナ海で軍事行動を活発化していることを念頭に、力を背景にした一方的な現状変更の試みに強く反対し、国際法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序が重要であるという考えも共有した。 ...

三菱電、フィリピンに対空レーダー輸出 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信2)

日本政府は南シナ海での中国の軍備増強に懸念を強めており、比軍の警戒監視能力の向上を間接的に後押しする狙いもある。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる