20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

南極海などの鯨類調査を目的としているため「動力は空気を汚さないリチウムイオン電池を搭載し、発生騒音も抑えた」(開発担当者)。

約8時間、9キロメートルにわたり海氷下の全自動潜行に成功。... 南極海での探査に活用し、地球の環境変動の要因と考えられている南極の役割の解明につながると期待される。 ... 南極は...

南極海の過去2000年間の海氷分布と海水温の変動を復元。... 近年、人為的な地球温暖化が進む中で南極海の海氷は過去40年間で拡大する傾向にある。... 南極海インド洋区の海底から採取した試料を解析。

同レースの航行海域には一般商船や海洋調査船の航行が少ない南極海なども含まれる。

国立環境研究所と東京海洋大学、北海道大学、国立極地研究所の研究チームは、南極海での二酸化炭素(CO2)吸収に、植物プランクトンの量だけでなく、種類が重要な役割を果たすことを突き止めた。...

島弧―背弧の発達過程解明へ 【海洋の開発・利用】 日本は海に囲まれた国家であり、海洋の開発や利用が日本の経済社会の基盤になることは必須である。... また、12年に...

商業捕鯨の対象海域は領海と排他的経済水域(EEZ)内で、南極海や南半球では実施しない。

南極海の気候、予測精度向上 海洋機構 (2019/3/12 科学技術・大学)

海洋研究開発機構アプリケーションラボの森岡優志研究員らは、海氷が海面を覆う割合「海氷密接度」の値を利用し、南極海の気候予測精度を向上させることに成功した。 人工衛星で観測した海氷密接...

対象はミンククジラなどとしこれまで実施してきた調査捕鯨は終了し、南極海・南半球では捕獲しない。

IWC脱退により、国際条約の制約を受ける南極海では捕鯨ができなくなる。

日本は現在、資源調査の目的で南極海と北西太平洋でミンククジラなどを年間約630頭捕獲しているが、IWC脱退により南極海での捕鯨は国際条約上できなくなる。

エスイーシー、北大と南極のスラリー氷観測専用カメラ開発 (2017/9/6 建設・エネルギー・生活1)

【札幌】エスイーシー(SEC、北海道函館市、永井英夫社長、0138・22・7188)は北海道大学と連携し、独自の耐圧防水樹脂「ジェラフィン」を活用した「南極海スラリーアイス観測カメラ&...

現在、中国で用いられている深海調査用潜水艇としては7000メートル級の有人潜水艇「蛟流」号、無人潜水艇「海龍」号や「潜龍」号、そして1月にマリアナ海溝の「チャレンジャー海淵」で1万メートル級の海中試験...

探検家が南極点を目指した20世紀初めは、南極大陸を取り巻く海氷域の夏の面積が現代より1割大きい程度だったと、英レディング大の研究者らが28日までに欧州地球科学連合の科学誌に発表した。... 夏の海氷面...

これまでの海事システムや流通をカバーする海洋工学、水産物の養殖やバイオテクノロジー、食品加工を扱う海洋科学と合わせ、3学部体制となる」 ―世界をつなぐ海がターゲットなだけに、国際化が...

海洋研究開発機構生物地球化学研究分野のフランシスコ・ヒメネス研究員らは、南極のウィルクスランド沖で掘削された海底コアに含まれる破片や粒子を解析し、350万年前を境に東南極の氷床量の変動パターンが変化し...

マイナス1・87度Cの低温で生息している南極海の魚はなぜ凍らないのか、マイナス196度Cの液体窒素を利用して「低温目玉焼き」をつくる、宇宙で最も温度の低い場所が地球上にある、など興味深い話題を多数盛り...

(木曜日に掲載) 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 機能性蛋白質研究グループ長 津田栄 AFPは...

地球温暖化の予測にあたっては、海にとけ込んだCO2量の見積もりが不可欠とされるが、研究チームは、10年間隔で見積もりを改定する必要性を示す成果としている。 ... 研究チームでは南極...

海洋研究開発機構は北太平洋最深部の水温上昇が南極海での気候変動現象と約40年の規模で連動していることを初めて実証した。... この結果、南極海における海洋から大気への熱輸送の減少である熱交換の変化が、...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる