191件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

 井関農機は南都銀行グループの奈良みらいデザイン(奈良市、大田直樹社長)が2022年に始める農業事業を支援する。

【奈良】奈良先端科学技術大学院大学と南都銀行は、産学官金連携による地域共創事業を始める。

日本公庫奈良支店は南都銀行とも同スキームを創設し、県内の中小企業の事業継続や財務体質の強化を図っている。

 【奈良】南都銀行と日本政策金融公庫奈良支店は30日、協調融資商品「奈良のチカラ」を拡充すると発表した。

【奈良】南都銀行と日本政策金融公庫奈良支店は、新型コロナ対策資本性劣後ローンを活用した協調融資スキームを創設した。

みずほ銀行、南都銀行、奈良県御所市は24日、御所市の地方創生に関する連携協定を結んだと発表した。

【銀行の枠越えて 南都銀行・橋本隆史頭取】 地域社会や生活スタイル、働き方が大きく変化した。地域経済発展のため、グループ一体となり、チエ・ヒト・エクイティを活用し、従来の銀行の枠を越...

森興産(大阪市中央区、森隼人社長、06・7657・9816)は、関西の地方銀行と協業で展開している外国人材の紹介・定着支援サービスを2021年に関西エリア外に拡大する。... 現在、関西で提携するのは...

(褒章に主な受章者の「喜びの声」) 藍綬褒章には日野自動車の市橋保彦会長や京都銀行の土井伸宏頭取、南都銀行の橋本隆史頭取、日本酒造組合中央会(東京都港区)の大倉治彦会長、大阪機械器具...

【藍綬/京都銀行頭取・土井伸宏(どい・のぶひろ)氏】 コロナ禍での受章に戸惑いを感じつつも、身に余る光栄にこのうえない喜びを感じています。... 【藍綬/南都銀行頭取・橋本隆史(はし...

奈良・生駒市、経営塾を刷新 (2020/9/18 西日本)

第1段階は経営支援の専門家や南都銀行から講師を招く。第2段階は南都銀行の行員が受講者に伴走する形で事業計画をブラッシュアップし、テスト販売や展示会などに参加するのを支援する。

日本IBM、地銀共同化システムのクラウド版 (2020/6/17 電機・電子部品・情報・通信1)

日本IBMは16日、三菱UFJ銀行の基幹系システムをベースとした地方銀行の共同化システムのクラウド版を発売すると発表した。 ... チャンス地銀共同化プロジェクトには、現在、めぶきフ...

富士通、南都銀全店にタブレット 銀行諸届をデジタル化 (2020/6/9 電機・電子部品・情報・通信)

富士通は8日、南都銀行の営業店をデジタル化するITシステムを提供すると発表した。南都銀行は2019年7月から窓口業務の口座開設にタブレットを活用していたが、今月から紙で受け付けていた諸届業務をデジタル...

南都銀行は新型肺炎で直接的・間接的に影響を受けた法人や個人事業主向けに運転資金を融資する「新型コロナウイルス対応緊急資金」を始めた。

【水戸】めぶきフィナンシャルグループ、百十四銀行、十六銀行、南都銀行、山口フィナンシャルグループは27日、取引先のM&A(合併・買収)支援で協業すると発表した。 ... 協業に参加す...

商工中金、ASEAN進出で金融支援 SBLC制度活用 (2020/1/23 中小・ベンチャー・中小政策)

同社のインドネシア現地法人に対して、南都銀行と協調し、現地での事業拡大やグループ間借り入れの整理などに必要な資金450万ドル(約5億円)を融資した。商工中金が225万ドル(約2億5000万円)で、残り...

お客さま本位のソリューション営業を実践し、頼れる筋肉質な銀行に向け、一人ひとりが挑戦と変革をしよう。 【自己変革に挑む 滋賀銀行・高橋祥二郎頭取】 「温故創新」で自...

日本政策金融公庫堺支店から1億5000万円、南都銀行から3億円の協調融資を受けた。

南都銀行は2020年6月までに30店舗を統合する。

SMFL傘下のSMFLみらいパートナーズ(東京都千代田区)、NOTE(兵庫県丹波篠山市)のほか、地域金融機関として南都銀行も参画する。

おすすめコンテンツ

はじめての現場改善

はじめての現場改善

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる