123件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

使用目的は研究拠点構築に向けた大型機器購入、データベースなど研究インフラの整備、博士人材育成、ベンチャー育成など。

【人的資源の強化】 「人材育成核に工学基盤強化」と題した8月28日付の連載では、工学系博士人材の育成の事例として英国のインダストリーPhDプログラムを紹介した。... 政府研究開発費...

今回は、日本における人材面の課題の一つとして挙げられた工学系博士人材の育成について紹介したい。 ... 例えば、英国では博士課程トレーニングセンターが各地に設置されている。... 一...

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、新型コロナウイルス感染症の流行による博士課程学生の研究活動アンケートで速報結果を公表した。... 調査はNISTEPの博士人材データベースの登録者約2万16...

博士課程学生などの就職・採用マッチングサイト「博士のキャリア」を立ち上げた。... 高スキル人材に高給与を用意するジョブ型採用が、サイトの売りだ。「博士人材の地位向上は進学率アップにつながる」と大学の...

産業界と連携した博士人材の育成制度など独自の取り組みが注目を集める北陸先端科学技術大学院大学。... 「大学の使命は世界をよくするための研究を進める人材育成だ。浅野哲夫前学長の『知的にたくましい人材』...

博士人材を中心に論文や学会発表など研究業績をベースとし、人工知能(AI)分野で高額年収でスカウトするといったことも可能だ。... エピストが19日にオープンするウェブサイト「博士のキャリア」は修士・博...

キーワード/大学院大学 (2020/4/2 大学・産学連携)

A 大学院は博士前期課程(修士課程)2年と博士後期課程3年からなる。... 対して大学院大学は5年一貫教育で、博士修了の博士人材を育成するのが基本となる。 ... 一方で博士人材の就...

日本において大企業の中央研究所は、博士人材の受け皿としての役割を持っていた。しかし、その縮小と閉鎖により、日本の博士人材は行き場を失ってしまった。日本の博士人材は減少しつつある。

技術立国の実現には理工系博士人材の育成が不可欠。... さらに、プロジェクトリーダーとしての資質も磨いて大学以外での知的活動のリーダーシップが取れる博士人材育成を進める必要があろう。... 要は実質的...

日本の研究力向上に挑む 博士人材を取り巻く雇用環境が変化しつつあるなか、北陸先端科学技術大学院大学の産業界と連携した博士人材育成制度が注目されている。... 学生の経済的負担と就職へ...

また博士号取得者が企業で採用されないことが問題だ。民間での博士人材の採用を活性化するため、産業界からの聞き取りを行いたい」 ―ソサエティー5・0の実現に向けどのように取り組みますか。...

これをリードする博士課程学生に、通常の助教の給与を上回る年約600万円の給与支給を目指し、企業に資金提供などを呼びかける。 新組織「UMP―JUST」は文部科学省が進める「卓越大学院...

博士人材の就職率は約7割で停滞し、40歳未満の国立大学教員の6割以上が有期雇用と、就職状況も厳しい。

早大は産学連携による博士人材育成の文科省事業「卓越大学院プログラム」で、採択された計26件のうち私立大学唯一の1件を担っている。

博士人材育成の文部科学省「卓越大学院プログラム」で、多様な取り組みが広がっている。... 卓越大学院は、社会のあらゆる分野で活躍する、独創的で俯瞰(ふかん)力を持つ博士号取得者を育てる5年一貫のプログ...

継続的革新で実践力育成 人工知能(AI)がつくる超スマート社会に向け、革新を興す博士人材を育む―。... AIE教育研究センター長の金子俊郎東北大教授は「継続的にイノベーションを起こ...

博士人材育成の卓越大学院プログラムで医工薬理の連携を推進する。

キーワード/プラクティススクール (2019/5/23 大学・産学連携)

A 大学教員と博士学生の集団で、レベルも高いからね。企業や地域・自治体の課題解決を、産学官連携での人材育成と重ねた大学が増えているが、その頂点といえるかも。... 専門が深くて狭い、通常の博士人材とは...

博士学生の育成とともに、外部資金を獲得する有力ツールとしても注目される。 ... 対象は化学・材料系の大手企業1社で、博士学生10人が数週間で滞在し、数人の教員が指導する。... 学...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる