78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

「期待の抗がん剤候補『ナパブカシン』は臨床試験がうまくいかなかった。... がんワクチンは脳腫瘍の膠芽腫(こうがしゅ)は中止になったが卵巣がんでは引き続き開発を進めている。非臨床段階だ...

中外薬、がんセンターと契約 アジア国際共同研究に参画 (2022/1/11 素材・医療・ヘルスケア1)

中外製薬は国立がん研究センターと共同研究契約を締結、同センター中央病院が進めるアジア国際共同研究「エートレイン」に参画した。エートレインはアジアで発生頻度が高い子宮頸がんなど6種類の難治がん...

アストラゼネカ、卵巣がん啓発のオンラインセミ (2021/9/24 素材・医療・ヘルスケア)

アストラゼネカ(大阪市北区、ステファン・ヴォックスストラム社長)とNPO法人のキャンサーネットジャパンは10月14日18時から、女性を対象に啓発セミナー「わかる卵巣がん...

東ソー、卵巣がんマーカー用測定薬 (2021/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

東ソーは卵巣がんの診断の補助に用いられる新規マーカー「組織因子経路インヒビター2(TFPI2)」の測定試薬を開発した。

子宮内膜症は生殖年齢の女性の10%に発生すると推定され、月経痛や不妊症、卵巣がんなどと関わっている。... 5年前に卵巣子宮内膜症の手術歴があり、月経時の下腹部の痛みで東大医学部付属病院を受診...

武田薬品、卵巣がんの治療薬発売 (2020/12/1 ヘルスケア)

武田薬品工業は、経口のPARP阻害薬「ゼジューラ」(一般名ニラパリブトシル酸塩水和物)を卵巣がんの再発や進行を防ぐ治療や、再発卵巣がんへの治療薬として発売した。... 卵巣がんは女性生...

東海大学医学部の三上幹男教授らは、卵巣がんの早期発見につながる診断システムを開発した。... さらに同システムに統計学的な解析法や人工知能(AI)の深層学習を応用することで、血液中の血...

原発巣である卵巣がんおよび転移したがんを治療できる可能性がある。 臨床試験の対象は標準治療薬の一つであるプラチナ製剤が効かなくなった卵巣がん。... 松山哲人社長は「卵巣がんは治療法...

ソレイジア、ジーンケア研究所との独占交渉権を取得 (2020/7/30 素材・医療・ヘルスケア)

消化器がんや卵巣がんにおける腹膜への転移およびそれに伴う腹水貯留などに適応する医薬品になる可能性がある。... がん細胞内の複製においては、酵素「RECQL1」がこの損傷を修復する。

正常細胞で葉酸受容体が発現しているのは腎臓や肺などに限られているが、卵巣がんや子宮内膜がんの表面には葉酸受容体が過剰に発現してる。... また、がんを再現したマウスに開発した蛍光試薬を使うと、投与後3...

米国立衛生研究所(NIH)の研究者らは、ベビーパウダーの使用が卵巣がんの発症リスクを明確に高めるわけではないとする研究結果を米国医師会雑誌(JAMA)に掲載した。......

ヒトの卵巣がん細胞株の培養液中に抗がん剤を加えて生き残ったがん細胞内で、IL―34を作るのに必要な遺伝子の発現が上昇していた。... ヒトの卵巣がんの細胞を培養して抗がん剤を加え、生き残った細胞ではI...

第一三共は、抗がん剤「アバスチン」(一般名ベバシズマブ)のバイオ後続品(バイオシミラー、BS)を発売した。適応は「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」。... ア...

富士フイルムは、開発中の抗がん剤「FF―10850」について米国で第1相臨床試験を始めた。... トポテカンは卵巣がんなどを適応症とする抗がん剤。... 骨髄抑制は骨髄の機能が抗がん剤の副作用で抑制さ...

抗TMEM180抗体、製造法を確立 凜研究所 (2019/10/24 ヘルスケア)

同分子は大腸がんの細胞膜表面に発現する抗原。... TMEM180分子は、乳がんや卵巣がんにも発現するケースが認められている。他の固形がんでの展開にも期待がかかる。

米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」や中外製薬のがん免疫薬「テセントリク」、英アストラゼネカの抗がん剤「イミフィンジ」などの大型薬が当面は市場の成長をけん引すると見られる。 ... ...

NEC、創薬に参入 AI活用、薬の販売も視野 (2019/5/28 電機・電子部品・情報・通信1)

第1弾として、提携先であるフランスのトランスジーンとともに、欧米において頭頸部がんと卵巣がん向けの個別化ネオアンチゲン(遺伝変異に伴うがんの抗体)ワクチンの臨床試験を日本企業として初め...

AIで卵巣がん判別、精度92.4% 理研が手法開発 (2019/5/15 科学技術・大学)

理化学研究所の川上英良ユニットリーダーらは、人工知能(AI)を利用し卵巣がんの血液検査データからがんと良性腫瘍を精度良く判別する手法を開発した。... 東京慈恵会医科大学産婦人科で、2...

NEC、米バイオVBに56億円出資 創薬・医療事業拡大 (2019/5/9 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは人工知能(AI)やゲノム解析により、患者ごとに異なる遺伝子変異の特徴やそこから予想される免疫反応に基づいた個別化がん免疫療法を開発している。ボストンジーンは特に免疫療法と標的療...

富士フイルムと国立がん研究センターは、薬物送達システム(DDS)を用いた新たながん免疫療法の共同研究を開始した。... がん組織において、免疫応答を制御する細胞を標的とした新しいがん免...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる