8,949件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

発電不足リスク顕在化 電力各社、今冬の電力需給逼迫 (2021/1/22 建設・生活・環境・エネルギー)

こうした需要変動を吸収するためにも、ベースとなる原子力、火力、水力の各発電所が一定の出力で稼働する必要がある。

日本原子力研究開発機構と森林研究・整備機構、筑波大学の研究グループは、2011年3月の福島第一原子力発電所事故の後の福島県の森林の放射線量の要因を明らかにした。

同社は原子力発電所の廃炉作業向けに遠隔ロボを特注で設計・製作している。

電事連会長「電源はバランス大事」 LNG在庫不足受け (2021/1/18 建設・生活・環境・エネルギー)

原子力やCCUS(CO2回収・利用・貯留)を利用したLNGや石炭、蓄電池を用いた再生可能エネなど各電源を最大限に活用する必要がある」と述べた。

日本原子力研究開発機構と大阪大学の研究グループは、がん細胞を狙い攻撃できる治療法「α線標的核医学治療」を実施する際、患者に適した治療計画の立案に役立つシステムを開発した。... 原子力機構が開発した放...

展望2021/日本電産社長・関潤氏 中国事業に拡大の余地 (2021/1/15 電機・電子部品・情報・通信)

携帯電話の振動モーターから、原子力発電所向けまで製品は幅広く、拡大余地は十分にある。

関西電力は14日、定期検査中だった大飯原子力発電所4号機(福井県おおい町)を17日に運転再開すると発表した。

電力不足、LNG緊急調達 エネ業界、総出で対策 (2021/1/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

関電は供給余力が極めて少ない事態を「(電力需要が高まる中で)原子力の定期検査延長や火力のトラブル、水力の渇水など複数の要因が重なっている」と指摘する。

構造的な課題は原子力発電所の長期間の停止で安定供給が確保できず、LNGに頼った電源構成となっていることも大きい。

展望2021/鹿島社長・押味至一氏 協力会社の人材確保支援 (2021/1/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

「エネルギー政策上からも原子力再稼働に向けた施工が当社の責務だと考える。

新しい目標は、(1)国内総生産(GDP)あたりのCO2排出量を05年比で少なくとも65%削減(現在の目標では60―65%削減)、(2)1次エネルギーにおける非化石エネルギー(再エネと原子力)の割合を2...

全体のCO2排出量ベースでは火力発電が約8割の日本製と原子力発電が主力の仏製で評価が分かれ、輸出競争力にも影響を与える。... 国には原子力の有効活用をお願いしたい」と踏み込む。経団連の中西宏明会長も...

次世代原子力の利用を進めるため、福島事故にけじめをつけることも政府の役割である。

政府の原子力防災会議、原発避難計画を了承 (2021/1/11 建設・生活・環境・エネルギー)

政府の原子力防災会議(議長=菅義偉首相)は関西電力美浜原発(福井県美浜町)の重大事故に備えた広域避難計画を了承した。

2021TOP年頭語録/LIXIL・瀬戸欣哉社長ほか (2021/1/8 建設・生活・環境・エネルギー)

【伝わる意思疎通 日本原燃・増田尚宏社長】 事業環境が大きく動く中で、原子燃料サイクル、原子力の必要性の再認識に向けて世の中が進むことを期待する。

展望2021/中部電力社長・林欣吾氏 新生活様式対応に商機 (2021/1/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

海外も再生可能エネルギーを中心に投資案件を探し、19−23年度に2000億円を投資する」 ―浜岡原子力発電所の再稼働の見通しは。

再生可能エネルギーや原子力といった非化石電源の最大限の活用とともに、化石燃料発電の脱炭素化がカギを握る。... 再生エネは気候の影響を受けやすく、原子力は安全性を高める必要があるなど、完璧なエネルギー...

展望2021/九州電力社長・池辺和弘氏 脱炭素に原子力重要 (2021/1/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

―対テロ施設建設のため停止していた川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)2基が2020年12月までに発電を再開しました。 ... ただ東日本大震災以降、原子力を学...

【福島の責任全う 東京電力ホールディングス・小早川智明社長】 福島第一原子力発電所の事故から10年を迎える。... 停止後10年になる浜岡原子力発電所の再稼働に向けてギアチェンジし、...

にっぽん再構築/脱炭素―鉄鋼の技術力結集 (2021/1/4 素材・医療・ヘルスケア)

国には原子力の有効活用を求めたい。... 用いる電気を原子力や再生可能エネルギーにすれば脱炭素に近づきそうだ。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる