6,243件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

経営ひと言/関西電力・森本孝社長「安全を最優先」 (2020/8/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

福井県の美浜原子力発電所3号機で11人の死傷者を出した事故の追悼式を開いた。

東電HD、福島牛などプレゼント (2020/8/11 建設・生活・環境・エネルギー)

東京電力ホールディングス(HD)は福島原子力発電所の事故による風評被害を払拭(ふっしょく)する取り組みとして、特設サイトのアンケートに答えることで福島牛や福島県の酒や水産品を抽選で900人にプレゼント...

2024年春完成を目指し、7500キロワット級のバイオマス発電設備を建設する。福島第一原子力発電所の事故で大きなダメージを受けた村の活性化に向け、地元材を利用したバイオマス発電事業を推進する。 ...

太陽光発電や風力発電、バイオマス発電など国内で再エネ案件を発掘し、他社とのアライアンスや地域と共同で再エネの事業化を推進している。 ... さらにバイオマス発電も福島県いわき市に地元...

最終処分の減容化に道 電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は日刊工業新聞などのインタビューに応じ、2030年までに低効率の石炭火力発電所を休廃止する政府の方針について「地域そ...

原子力発電所の再稼働が進まない中、政府の温室効果ガス削減目標を達成するには再エネ比率を大幅に引き上げる必要があると主張している。 40%の内訳は太陽光・風力発電で30%、水力・バイオ...

その先は航空や原子力発電などさまざまな分野を対象にしたい。... また、MTC-PSを拠点に欧州の航空分野、火力発電分野、工具鋼関係分野へのアクセスが非常に良くなると考えており、日本からの取引と比べ、...

福島・浪江町、LPG改質型燃料電池を26基導入 災害公営住宅に (2020/7/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

入居者はFCで発電した電気代を町へ支払い、電気代は系統より安価に設定する。 ... 発電規模は700ワットで電力は各戸で消費し、熱は給湯で利用する。 福島第一原子力...

会津森林活用機構の渡部一也取締役は「会津地域で率先し皆伐・造林を進めて豊かな森にしていくことが、福島第一原子力発電所で被災した福島県に強く求められる」と指摘。... 「5700キロワットの発電事業を進...

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉を迅速化できる。... 20メートルの光ファイバーとこの新規発光体を合わせ、京大複合原子力科学研究所のコバルト60照射施設で高線量空間を作り実験した。 ...

電力新時代 変わる経営モデル(8)関西電力 新経営体制始動 (2020/7/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

石炭火力発電へ厳しい見方もある。二酸化炭素(CO2)削減の電源が強く求められ、当社は原子力発電と再生可能エネルギーでどの程度対応できるか考えたい。

製鉄所や製紙工場、原子力発電所、鋳物工場、溶接用途などに提案する。

関電、非化石5割へ 電源構成、原子力・再エネ両輪 (2020/7/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

40年運転を超える原子力発電所3基(美浜3号機と高浜1・2号機)の再稼働と、再生可能エネルギー拡大が軸となる。... 森本社長は「非化石電源の比率は、原子力が全7基稼働になれば4割となり、それに水力発...

原子力事業者や大学などによる原子力施設の事故影響評価研究への活用を促す。 原子力機構は、原子力事故の影響を事前に評価するために、確率論的事故影響評価コード「OSCAAR(オスカー)」...

中部電、原子力公募研究で10件採択 (2020/7/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

中部電力は原子力関連の公募研究で2020年度開始分で10件を採択した。浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の安全性向上と運営改善が目的で、原子力の将来技術に関連する基礎基盤的研究で6件、浜岡原発の安全性...

ヘビ型マニピュレーターをはじめ用途に応じたロボを提案し、配管や橋、原子力発電所などで実証を進める。

日本の発電量のうち、火力発電は32%を占める主力電源。... CO2排出を抑制しながら電力需要を賄うには、再生可能エネルギーの主力電源化と、安全が確認された原子力発電の再稼働を着実に進める必要がある。...

トリチウム水処理、新発想を 前回の講壇では東京電力の社長が女性であったら福島の原子力発電所事故が防げたかを問うた。... 原子力の役割も大きく変わるだろう。 ......

国内の石炭火力発電所は140基ある。... 石炭ガス化複合発電(IGCC)など高効率な石炭火力は維持していく方針だ。... 原子力発電所の再稼働が進まない中、石炭火力の稼働率は上がっている。

【いわき】福島県飯館村は、地元森林を活用したバイオマス発電に乗り出す。... 飯館村は福島第一原子力発電所事故で一時は全村が避難対象となったが、現在は一部を除いて避難指示が解除されている。... 村で...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる