6,574件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

4日に誕生した岸田文雄新首相は2050年までの温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を共有し、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入を進める路線を継承する。一方で原子力発電所の再稼働が加速すると、太...

【いわき】福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島市)と東京電力ホールディングス(HD)などが連携し、福島第一、第二原子力発電所の廃炉を福島県内企業と一体で進める廃炉関連産業交流会が福島県富岡町...

安藤ハザマ、石炭灰原料の硬化体 防潮堤工事にも活用 (2021/10/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

 安藤ハザマは石炭灰やセメント、石こうなどを原料にした硬化体「アッシュクリート」を福島第一原子力発電所の津波対策の一環となる「1F 日本海溝津波対策防潮堤設置工事(材料製造工事)」に適用する。... ...

中小企業も含めた産業界の意見を聞きたい」 ―原子力発電については。

投入した機体「SAKURA―1」はすでに実用化され、日本原子力発電の美浜原子力緊急事態支援センターに配備されている。

屋代真特任教授は「原子力発電所の廃炉作業も想定している」とした。

 日本原子力研究開発機構の佐藤智徳研究副主幹らは、放射線環境下での金属材料腐食のデータベース(DB)を構築した。... 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業における腐食トラブルの発生可能性や腐食対策...

(冨井哲雄) 中小の取引改善に全力  ―脱炭素に向け、原子力や再生可能エネルギーの政策にどのように取り組みますか。  ... 安全性を前提に原子力...

経産省、福島第一原発ALPS処理水の相談窓口設置 (2021/10/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

 経済産業省は東京電力福島第一原子力発電所のALPS処理水の処分に伴う風評被害対策として、特別相談窓口を設置し、アドバイザー派遣始めた。

「発電所のリプレースや小型炉を含め原子力発電の最大活用を明確に」と要望している。

浪江町は福島第一原子力発電所事故の復興に向け2020年に「ゼロカーボンシティ」を宣言。... ランカスター市は新築住宅への太陽光発電(PV)の義務化などで、人口15万人の市の消費電力を上回るPVや風力...

それでも入って行かざるを得なかったのが福島第一原子力発電所の事故だった。

日立製作所の東原敏昭会長も、カーボンニュートラルに向け「原子力発電を含めてどういうエネルギーミックスにするのか。

再生可能エネルギーに過度に依存し、原子力発電所のあり方に正面から向き合わなければ計画達成はおぼつかない。

残念なのは、エネルギー政策の議論で、再生可能エネルギーと原子力発電が対立軸のように扱われたことだ。

2007年7月の新潟県中越沖地震は、柏崎刈羽原子力発電所の変電施設の火災で知られているが、電気・ガス・水道などの生活インフラも大きな打撃を受けた。... 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)...

DC誘致へ自治体名乗り 政府拠点配置計画 (2021/9/28 中小・ベンチャー・中小政策)

原子力発電所が多数立地し、電気代が比較的安い特徴を生かす上でDCの立地促進を一案としている。

農林水産省は、米国が東京電力福島第一原子力発電所事故後に実施してきた被災地産などの農林水産物や食品に対する輸入停止措置を撤廃したと公表した。

 東京電力は22日、テロ対策不備の重大事案が相次いだ柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の根本原因の特定と改善計画をとりまとめた。... 原子力・立地本部長と柏崎刈羽原子力発電所長を稲垣武之常...

一方、原子力発電の新増設や建て替えに関する記述はなく、目標の実現は「絵に描いた餅」ともやゆされる。... 原子力は脱炭素の実現のための重要な電源であり、すでに小型原子炉などの次世代原子炉の開発競争が世...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる