電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

669件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

受信器でデータ収集した各ロガーのデータを受信機のデータベースに保存してブラウザーで閲覧可能。受信器はパソコン用アプリケーションに接続し、複数の受信器のデータを集約管理できる。 また受...

DXの先導者たち(157)シナミー タッチ不要で改札通過 (2024/6/20 電機・電子部品・情報・通信2)

現在、受信機を組み込んだゲートなどを試作しており、2024年度内に「10台以下を実証実験に投入したい」(足立社長)という。 ... 従来、ブルートゥースによる位置特定...

三菱マテ・ORPHE、労災予防インソール開発 センサーで現場の転倒検知 (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

転倒を検知すると工場内に設置した受信機が信号を受け取り、スマートフォンのアプリケーションなどを通じて工場の管理者や近くにいる作業者に通知する仕組みだ。

東芝エルイートレーディング、テレビ用無線スピーカー発売 (2024/6/6 電機・電子部品・情報・通信2)

送信機をテレビにつなげるだけで妨害・干渉による音切れや遅延を抑え、受信機のスピーカーからクリアに聴くことができる。... 受信機は約520グラムと軽量で持ち運びやすく、さまざまな場所で使用できる。

日清紡マイクロ、埼玉・ふじみ野のマイクロ波工程を新棟に集約 (2024/5/15 電機・電子部品・情報・通信2)

マイクロ波事業ではセンサーモジュールや衛星通信の送受信機、レーダー用の発振器と受信機、電子銃などを手がける。

能美防災、報知設備を液晶表示に (2024/4/17 機械・ロボット・航空機2)

発売したのは「進PIVシステム」「P型1級火災・複合火災受信機」の2製品。感知器を束ねる受信機の表示部分を従来の7セグメントディスプレーから液晶に切り替えた。

12コア光ファイバーで7280km伝送 NECとNTTが実験成功、世界初 (2024/3/22 電機・電子部品・情報・通信)

実験では光多重伝送の送信・受信機間を52キロメートルの光ファイバーで結び、7000キロメートル以上に及ぶ距離をループさせて信号を伝送した。 ... MIMO(多入力多出力&#...

コア、ドローンなりすまし対策実証 検知・遮断に成功 (2024/3/5 機械・ロボット・航空機2)

ドローンの自律飛行には機体の自己位置取得のためにGNSSを使うことが一般的だが、GNSS受信機の位置を狂わせ、本来と違う経路にドローンを誘導するなりすまし技術が脅威となっている。 実...

ドアの開閉信号を発する送信機が自己発電し、通信に必要な電力を得るのが特徴。ドアの開閉を制御する受信機とワイヤレス連携するため、配線工事を不要にした。... 送信機と受信機は無線通信で連携するため、送信...

IDEC/遠隔から非常停止 (2024/2/19 新製品フラッシュ2)

最大約70メートルの距離で通信でき、無線送信機からの信号を受信するとスイッチが作動して装置を非常停止させる。送信機と受信機、操作支援機能付き非常停止スイッチで構成し、1セットの標準価格は消費税抜きで1...

IDEC、非常停止ボタン遠隔操作 AGV・協働ロボ向け (2024/1/31 機械・ロボット・航空機1)

送信機と受信機、操作支援機能付き非常停止スイッチで構成し、1セットの標準価格は消費税抜きで14万800円。... 無線送信機からの信号を、装置に取り付けた受信機が受信するとスイッチが作動し装置を非常停...

ALES、指定時間の位置提供 測量・地図向け (2024/1/30 電機・電子部品・情報・通信2)

同データとユーザーの全地球測位衛星システム(GNSS)受信機で取得した観測データを用いて後処理を実施する高精度の測位方式「後処理キネマティック(PPK)測位」を行うこと...

光情報伝送のエネ半減 近畿大が新技術実証 (2023/12/26 科学技術・大学)

情報通信のインフラ技術として使われている光通信用受信機での信号の復元機能を拡張。... 近畿大は同じ送信情報量に対して必要になる光エネルギーを削減できる光信号生成方法を採用し、受信回路の構造を工夫した...

今回得られた検出感度特性は、第6世代通信(6G)以降の高速テラヘルツ無線システムの受信機に求められる、100メートル程度の伝送に十分なテラヘルツ検出素子が実現可能なレベル。

ミュオンナビゲーションは、基準となる地上局と地下受信機間におけるミュオンの飛行時間から距離を決定する。... 開発当初、地上局と受信機は有線接続で時刻同期していたが、実際の運用を考えると自由度が下がる...

エアロセンス、端末操作ドローン発売 GNSS対応 (2023/11/21 機械・ロボット・航空機2)

また、2周波GNSS受信機を搭載。高精度の測位情報を衛星から直接受信・記録しながら写真撮影する。二つの周波数帯の電波を受信することで、衛星からの電波が電離層や大気中の水蒸気から受ける影響を補正し、1周...

ACSL、「みちびき」の信号認証実験にドローン提供 (2023/11/1 機械・ロボット・航空機2)

ドローンの自動飛行には自己位置を取得するために衛星測位システム(GNSS)電波が広く使われているが、悪意のあるユーザーがGNSS受信機の位置を狂わせる危険性がある。... この対応受信...

伝送効率が向上すると受信機を高感度化できる。

無線受信機を使って走行する機種や、プログラミングすると自動走行が可能な機種があり、最大積載量は80キロ―350キログラムに対応する。

同製品は、ロボットの動作を制御する小型コンピューター「ラズベリーパイ・ピコ」と無線受信機、モーター制御基盤からなる制御ユニットと、クローラー機構を組み合わせた。... 無線受信機を搭載するため、自動走...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン