86件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

3密回避、1人で一服 Fujitakaが喫煙ブース (2020/9/1 機械・ロボット・航空機)

Fujitaka(京都市下京区、高井茂行社長、075・371・9900)は、新型コロナウイルス感染予防指針の「3密(密閉・密集・密接)」を回避できる1人用喫煙ブース「スモークポイントワン=写真」を1日...

ヒサゴ/各種喫煙設備表示ステッカー (2020/7/6 新製品フラッシュ2)

ヒサゴは受動喫煙対策として掲示が義務化された各種喫煙設備を表示できるステッカー「ピタロングステッカー」を発売した。貸店舗で使いやすくしっかり貼れてきれいに剥がせる13タイプ、屋外使用が多い「公衆喫煙所...

喫煙は新型コロナウイルス肺炎の重症化の最大のリスクだ。中国・武漢市を中心としたコロナ患者1000人超の臨床データの分析から、喫煙者は人工呼吸器が装着される、あるいは死亡する危険性が非喫煙者の3倍以上に...

子どもや患者への健康影響を配慮し受動喫煙を防止する。... 喫煙者の割合を前年比マイナス2%とするなど、喫煙者ゼロに向けた目標を設定した。 ... 塩野義製薬はさらなる喫煙対策を推進...

店舗の受動喫煙対策も4月1日の全面施行に向けて進んでいる。

4月の改正健康増進法の全面施行を踏まえ、従業員の喫煙や受動喫煙による健康リスク低減を促す狙いだ。

具体的には長時間勤務の防止、マスクの支給などによる感染症予防、受動喫煙防止を進めていく。

コカ・コーラ、就業中全面禁煙 社員の健康増進 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー2)

4月の健康増進法改正や東京五輪・パラリンピック競技会場が禁煙を打ち出していることを踏まえ、受動喫煙の軽減・防止も図る。 ... 屋内に喫煙場所がある拠点は屋外に移設し、社有車内は時間...

ダイコク電機、喫煙ブース投入 パチンコホール向け (2019/12/11 電機・電子部品・情報・通信2)

【名古屋】ダイコク電機はパチンコホール店向け喫煙ブース「スモーキングアーク=写真」を発売した。パチンコホール向けコンピューターシステム開発を主力とするが、喫煙ブースを手がけるのは初めて。2020年4月...

産業春秋/中小企業の禁煙対策 (2019/11/22 総合1)

2020年4月、受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が全面施行になる。事業者は屋内の共用部を禁煙とするか、換気設備を整えた喫煙室を設置しなければならない。... 産業医科大学の大和浩教授の試算によれば...

ランドピア、東京・千代田区に喫煙トレーラー納入 (2019/10/3 中小企業・地域経済1)

喫煙トレーラーは路上喫煙防止対策として、コンテナを利用した車検対応型トレーラーハウスの喫煙室。喫煙トレーラーは建築物ではないため、基礎工事や建築確認申請が不要で移動が容易。喫煙室用のプラズマ脱臭機など...

たばこ対策の調査は、東京五輪・パラリンピックを控え受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が来年4月に全面施行されるのに合わせて実施された。... 政府に求める対策は、健康被害に関する未成年者教育(41・...

最近では宣言の「受動喫煙防止対策の徹底」に向け、20年4月から国内で就業時間内の全面禁煙を決めた。

国内工場など同社が保有する建物内の喫煙所は撤去する。同社はこれまで分煙を進めてきたが、喫煙後の呼気による受動喫煙は残る。社内の喫煙者にも「禁煙したい」という声があり、従業員の健康を促進するため禁煙の支...

味の素、全事業所で禁煙 (2019/5/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

現状の非喫煙者率83%から同88%を目指す。... 中期経営計画で掲げる「健康なこころとからだ」の実現に向け、喫煙リスク・受動喫煙の極小化を図る。... グループの非喫煙者率は現在75%で、目標数値は...

2020年4月に入社する新卒社員の募集要項に「非喫煙者、または入社時点で非喫煙者であること」を明記したと発表。... 厚生労働省の16年度の「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」によると、...

東京都、受動喫煙防止で専門家派遣 (2019/4/5 中小企業・地域経済2)

東京都は中小飲食店や宿泊施設での受動喫煙防止対策支援で、経営相談に対応する専門家派遣事業を始めた。

都、喫煙室設置に補助金 来年4月の受動喫煙防止条例で (2019/4/4 中小・ベンチャー・中小政策)

東京都は、2020年4月の東京都受動喫煙防止条例の全面施行に向け、都内の中小飲食店や宿泊施設が行う喫煙専用室などの設置に対する補助金の受け付けを始めた。補助対象と補助上限額は、喫煙専用室・指定たばこ(...

「望まない受動喫煙を防ぎ、顧客や約10万人の従業員の健康に配慮するため」(広報)という。 現在は多くの店舗で分煙を採用しているが、今後順次、喫煙席をなくしていく。

ソフトバンクは社員の健康増進のため、段階的に禁煙を実施し、2020年10月の新社屋への移転をめどに全国の事業所内の喫煙所を撤廃する。19日の発表資料によれば、同社は受動喫煙の防止や喫煙率の低下を目的に...

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる