35件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

東京都市大学 環境学部環境経営システム学科教授 古川柳蔵 ふるかわ・りゅうぞう 72年(昭47)、東京都生まれ。

深層断面/循環型社会 藻が活躍 (2021/7/14 深層断面)

インタビュー/東京都市大学教授 古川柳蔵氏 生活者の価値観 変えるべき ―循環型社会への転換に商機はありますか。

政府の環境関連の審議会の委員を務める安井至氏(東京大学名誉教授)、東京都市大学環境学部教授の古川柳蔵氏らが講義をする。

続いて、古川柳蔵東北大学准教授をファシリテーターに、講演者や分科会発表者らによるパネルディスカッションを開催。

地域の生活様式を研究する古川柳蔵東北大学大学院准教授も顧問に就任した。

これらは市と東北大院の古川柳蔵准教授、三橋正枝助手などが連携して進める「北上ライフスタイルデザインプロジェクト」の一環。

同市と東北大大学院環境科学研究科の古川柳蔵准教授、三橋正枝助手などが連携して進める。

兵庫・豊岡市、東北大とエコで心豊かな暮らし研究 (2016/5/11 中小企業・地域経済2)

ライフスタイルの変革で環境負荷低減と心豊かな暮らしを提唱している東北大大学院環境科学研究科の古川柳蔵准教授の研究室分室と位置付ける。

坂本氏、東北大学大学院の古川柳蔵准教授や須藤祐子助教、YKK AP中央研究所の大野木輝明氏によるパネルディスカッションも行った。

また、東北大学の古川柳蔵大学院准教授をモデレーターに兵庫県豊岡市の池内章彦環境経済課課長補佐、デンソーの宮地良治デザイン部車載システム室開発課長らが「産学官連携によるネイチャー・テクノロジーの展開」を...

同時に石田教授は古川柳蔵東北大学大学院准教授と心豊かな暮らし方のあり方をマッピングできる指標を開発した。

東北大学大学院の古川柳蔵准教授は、90歳前後の高齢者に戦前の暮らしを聞き取り調査する「90歳ヒアリング」を行っている。

■全体最適目指す 石田教授と一緒に活動している東北大学大学院の古川柳蔵准教授は「全体最適化を目指した新しいビジネスがみえてくる」と、バックキャスティングによるライフスタイルの効果を強...

東北大学大学院環境科学研究科の石田秀輝教授と古川柳蔵准教授は、心豊かな暮らし方のあり方をマッピングできる指標を開発した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン