1,429件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

一方の大阪は、大阪取引所が20年7月に金融先物に加え商品先物も扱う国内初の「総合取引所」となったものの、「残念ながら取引高は増えず苦戦している」(大阪商工会議所の尾崎裕会頭)のが現状だ。 &#...

株式相場/小幅続伸 (2021/1/13 金融)

下落はパルプ・紙、証券・商品先物取引業、サービス業など。

株式相場/3日続落 (2021/1/6 金融)

上昇は証券・商品先物取引業、電気機器、金属製品など。

2020年7月に証券と商品先物を一体運営する総合取引所を始動させたが、出来高が伸び悩む。株式市場に注目が集まるが、「商品先物の連動性が薄い」と分析する。 ただ商品先物に参入した外資系...

堂島商取は現在、商品先物会社や米穀商などが60社程度が出資し、会員組織で運営。... SBIやジャパンネクスト証券のほか、大手商品先物会社の岡安商事、豊トラスティ証券が応じる方針だ。 ...

株式相場/3日ぶり小反発 (2020/12/15 金融)

下落は証券・商品先物取引業、空運業、精密機器など。

株式相場/4日ぶり反発 (2020/12/10 金融)

下落は証券・商品先物取引業、石油・石炭製品、電気・ガス業。

株式相場/大幅反発 (2020/12/2 金融)

業種別株価指数(33業種)は証券・商品先物取引業、非鉄金属、金属製品の上昇が目立ち、下落はその他製品、電気・ガス業、鉱業など。

株式相場/高値更新 (2020/11/25 金融・商品市況)

業種別株価指数(33業種)は証券・商品先物取引業、精密機器、不動産業、鉄鋼の上昇が目立ち、下落は水産・農林業のみ。

吉村洋文知事は商品先物などの金融派生商品(デリバティブ)を扱う取引所を核とし、「デリバティブと技術革新をキーワードにエッジの効いた国際都市を目指す」方針。

移管前、東商取の出来高は急減が続いてきただけに、JPXは内外証券会社などの新規参入を促し、商品先物市場の活性化を図りたい考えだ。... 商品先物は、優先順位としては後に回す形だ」と述べている。 ...

東和浩大阪商工会議所副会頭(りそな銀行会長)は「先物で一定の力を持っている」と大阪のポテンシャルを挙げる。 ... 大阪では日本取引所グループ(JPX)が7月、傘下の東京商品取引所の...

大阪取引所は7月、従来の金融デリバティブ(派生商品)だけでなく、同グループの東京商品取引所から貴金属やゴムなど商品先物を移管し、国内初の総合取引所が始動した。金標準や金ミニなどの商品先物は一元化前に比...

株式相場/小反落 (2020/10/27 金融)

米株価指数先物が時間外取引で軟化したことも、投資意欲を冷え込ませた。 ... 業種別株価指数(33業種)はサービス業、証券・商品先物取引業、その他金融業の下落が目立ち、上昇は電気機器...

株式相場/反落 (2020/10/1 金融)

業種別株価指数(33業種)は、銀行業、証券・商品先物取引業、空運業、保険業、海運業などの下落率が大きかった。

総合取引所が本格稼働した7月27日、野村証券や光世証券など証券5社が新たに商品先物市場に参入した。... 別のインターネット証券関係者は「個人投資家の金への関心は高まっているが、商品先物のイメージの悪...

投資対象には新たに店頭市場「新三板」登録企業の証券や私募投資基金、金融先物、商品先物、オプションなどが加わる。

東京商品取引所が電力先物を試験上場して以来1年が過ぎた。... 先物などの金融派生商品(デリバティブ)取引は期末に時価で評価し、損益計算書に計上するのが原則。... また、電力業界の従業員が在宅勤務に...

ドル安基調を受けて、割安となったドル建て商品への投機資金の流入が上昇を支えてきた側面があり、目先では調整が入るリスクもくすぶる。 ロンドン金属取引所(LME)の銅地金相場は、日本時間...

株式相場/3日続伸 (2020/9/15 金融)

業種別株価指数(33業種)は、パルプ・紙、非鉄金属、保険業の上昇が目立ち、下落は、海運業、その他金融業、証券・商品先物取引業。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる