電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5,563件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

脱脂不要、油面に強粘着 リンレイテープが片面タイプ投入 (2024/7/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

油面向けの片面テープを商品化した前例は、ほとんどなかった。... 既存の油面向けテープは被着物を固定するための両面タイプが大半だったが、片面テープにも多くの需要があるとにらみ、商品化に踏み切った。

速度自在、負荷を軽減 トーヨーコーケン(東京都江東区、渡辺一人社長)は、作業者の昇り降りの荷重変化を検知し、自動的に電動荷揚げ機(ホイスト)が昇降する...

新役員/日本軽金属 執行役員・長崎拓哉氏ほか (2024/7/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

14年板事業部電機・電子ビジネスユニットサブリーダー、23年商品化事業化戦略プロジェクト室長。

大ガス、水素30%混焼に成功 ガスエンジンコージェネ運転実証 (2024/7/8 素材・建設・環境・エネルギー)

今後の具体的な商品化などは未定。

業績安定化へ植物肉に参入 ソディックは食品機械事業で攻勢をかける。... 専任の担当者を配置し、アジアや米国などの海外展示会への出展を積極化する。... 新規分野では肉様PBF「フラ...

数年以内の商品化を目指して研究中だ。... 今は老朽化した高炉の更新に伴う需要が多くある。... 唯一の商材である結晶質アルミナ繊維「マフテック」が車の内燃機関周りに特化した「枯れる」技術ではなく、成...

【いわき】トレ食(福島県南相馬市、沖村智社長)とトラスト企画(同いわき市、椎名弘直社長)、ナガヨシ(同石川町、金子弘行社長)は連携し、もみ殻をバイオマス...

【奈良】奈良商工会議所は奈良の資源を活用した新商品開発で目利氣358(大阪市中央区)を支援する。商品化に向けて吉本興業、LINEヤフーと連携し、商品開発から販売まで取り組み、奈良の新た...

東芝と双日、ブラジルで次世代電池バス実証 (2024/6/21 電機・電子部品・情報・通信)

東芝では2025年春に次世代LiBの商品化とグローバル市場での展開を計画する。

大松精機、3Dプリンター参入 部品内製で安価 (2024/6/19 機械・ロボット・航空機1)

ヘッドを内製化したレーザークリーナーを商品化するなど、自社製品の開発を進めている。

【札幌】北洋銀行は、スタートアップ企業を資金面から支援する融資商品「北洋スタートアップローン」の取り扱いを始めた。同行によるスタートアップに焦点を絞った融資商品は初めて。... 新商品は設立から10年...

船に「硬翼帆」 常石造船、27年商品化へ開発開始 (2024/6/17 機械・ロボット・航空機1)

2026年の実船搭載、27年の商品化を目指す。

サギサカ/盗難防ぐカギ付きバスケット (2024/6/17 新製品フラッシュ1)

自転車運転でヘルメット着用が努力義務となったが「ヘルメットを持ち歩きたくない」「自転車に置いておくと盗難が心配」などの声が寄せられ商品化した。

環境対応も含めた新たな市場の開拓に向けて商品化を目指す。 熱硬化性樹脂を用いた電着塗料は200度C以上での焼き付けが一般的だが、設計の最適化などで絶縁性能はそのままに低温での焼き付け...

JFEエンジは既存の高効率ガスエンジンコージェネシステムで、水素混焼の実証試験を実施しており、都市ガス専焼と同一出力で同レベルの発電効率を達成したため、Hシリーズとして商品化した。 ...

JFE、連続鋳造機異変検知システムをベトナムで受注 (2024/6/3 素材・建設・環境・エネルギー)

JFEスチールが自社の活用技術を外部向けに商品化した。

エクセルなど、小型EVバス国内投入 公共向け、自動運転対応 (2024/5/31 電機・電子部品・情報・通信)

30年までにアルファバスジャパンで扱う全商品で累計2000台の販売を目指す。 ... アルファバスジャパンの伊東信輔副社長は「日本にはなかった、独自サイズのコミュニティーバスを商品化...

ヤンマー、メタノール・アンモニア対応舶用エンジン投入 (2024/5/30 機械・ロボット・航空機1)

またアンモニア燃料対応の舶用エンジンについても、28年に多気筒エンジンの実機試験を開始し、需要動向を見て商品化を目指す。 ... 重油と比べて出力が低くなる可能性がある次世代燃料にも...

花王、化粧品ボトルを水平リサイクル (2024/5/29 生活インフラ・医療・くらし1)

花王は28日、使用済み化粧品プラスチックボトルの再生素材を一部に使用した化粧品ボトルを商品化したと発表した。... 今回、22年にユーザーから回収した使用済み化粧品プラスチックボト...

油圧装置や配置の設計を工夫し小型化した。... 新開発の「ドライアイスステーション」は高さ1220ミリ×幅440ミリ×奥行き800ミリメートルで、櫻製作所が持つ「プラント用装置の設...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン