9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

コロナ時代の生保営業のあり方はどうあるべきか。... 当社は約5万人の営業職員がいるが営業を自粛した緊急事態宣言期間を商品知識などを磨くスキルアップ期間として全体の底上げを図った。給与補償も実施してお...

三井住友海上火災保険はアフターコロナを見据え、代理店のリモート営業を支援する。... 代理店営業支援システム「MS1 Brain」に業界初となる「PIPセールステック」の機能を加えた。... 今後も対...

情報通信技術(ICT)各社が製薬企業の営業効率改善につながる商材の提案を積極化する。... (製薬企業は)MR頼みの営業モデルを改める必要がある」。... 製薬企業のMRに医師向けの営業ツールの一つと...

ブランドダイアログが提供するSaaS型アプリケーション(応用ソフト)群「ナレッジ・スイート」と、FJMが強い基幹系や業種別システムを連携させ、営業面で戦略を共有しながら、中小企業向け市場を深耕する。&...

商品先物業界は営業活動に対する規制強化などにより、新たな営業モデルの構築が求められている。

2011年1月施行の商品先物取引法(改正商品取引所法)により、商品先物業者の不招請勧誘が厳格化されるのに備え、放送衛星(BS)デジタル放送や初心者向けセミナーと併せた「プル型営業」モデルを早期に構築。

ATMやプリンター以外で、中長期の新たな収益モデルを確立するには、足元の財務基盤を強固にすることが不可欠との判断だ。 ... 従来、企業向けのITシステム事業は導入設計から機器販売までを手がけ...

そのためには「営業職員体制の一層のレベルアップが不可欠」という。 「厳選した採用や育成強化で営業職員の水準を底上げするとともに、地域別営業モデルを推進して都心や地方の市場特性に応じた取り組みを...

京都市など自治体による深夜営業制限の動きが、コンビニエンスストア(CVS)業界に波紋を広げている。... 深夜営業している業種、業態はさまざまだが、24時間営業を“売り”に成長してきた「コンビニ」が標...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる