47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

食品や医薬品、精密機器業界に照準を定め、実証実験を進める。 振動感知センサーをモーターや回転機器に貼り付け、故障の前兆を感知するIoTシステムも開発中。

新川電、設備保守を手軽に自動化 振動をクラウド管理 (2020/3/24 電機・電子部品・情報・通信1)

【広島】新川電機(東京都千代田区、新川文登社長、03・3263・4411)は、モーターやポンプなど回転機器の振動センサーにより収集したデータを、インターネット上のクラウドシステムで管理できるタイプを発...

NECファシリティーズ、工場インフラ設備の故障予兆検出を実証 (2020/1/31 電機・電子部品・情報・通信2)

実験では従来、手作業で測定していたポンプやファンなどの回転機器の振動・温度データを、IoT化したセンサーを用いてリモートで取得。

拠点再編、最適ラインで一貫製造 ナカニシは医療や工業分野の回転機器などを手がけ、主力の歯科用ハンドピースは世界シェア25%を誇る。... 中西社長は「歯科用回転機器の世界シェア40%...

従来3キロ―5キロヘルツまでしか測定できなかったのを10キロヘルツまで測定でき、より高速な回転機器に対応する。 ... 回転機器の故障はほとんど転がり軸受に発生するという。電池は最大...

圧縮機やタービンなど中大型の回転機器向けの磁気軸受の開発・販売を始める。... 磁気軸受は磁気の力で回転体を支持する仕組みで、高速回転などが強み。

診断対象となる機器が外部振動の影響を受けている場合でも、機器固有の異常振動だけを正しく検知できる。... 船舶の回転機器などの予防保全や異常診断には、振動計測技術が用いられている。ただ、機器の異常振動...

新川センサ、重心のズレ測定機 毎分30万回転に対応 (2018/7/6 電機・電子部品・情報・通信2)

【広島】新川センサテクノロジ(東京都千代田区、新川文登社長、03・3263・4517)は、超高速で回転する機器の重心のズレを測定する装置(写真)を開発した。最高毎分30万回転までの...

IoTビジネスプラットフォームは、IoTと機械学習により回転機器の点検診断を行う「エアインサイト・メンテナンス」、産業用機械の故障対応や保守義務をサポートする「エアプロダクト・マシン」、トイレ施設の状...

装置は、発電用タービンといった回転機器の振動や温度などを監視する「VM―7」。... 大量の異常なデータを送りつけるといったサイバー攻撃のテストを実際に行い、稼働を止めなかった機器がレベル2の認証を得...

旭化成は2017年11月に商船三井と共同で船用回転機器トラブルの予兆検知の実証事業に乗り出した。

防爆仕様で、石油プラントや石油化学プラントの回転機器に後付けして振動を監視する用途などを想定する。同社は回転機器向けセンサーで国内大手に位置し、中小企業ながら米ゼネラル・エレクトリック(GE)など海外...

新川電機、回転機器向け監視装置を小型化 IoT対応容易に (2018/1/18 電機・電子部品・情報・通信1)

【広島】新川電機(東京都千代田区、新川文登社長、03・3263・4411)は、ポンプやモーターといった回転機器を監視する装置の中位機種「VM―25=写真」を発売した。... 今後、より高性能な渦電流式...

具体的にはプラント内のボイラ・回転機器における異常故障検知手法や、プラント内の設備・器具へのIoT導入で発現するリスクについて共同研究する。

電動機や減速機など回転機器の稼働監視や保全業務の効率化を支援する。 ... 電動機の高速回転部付近と減速機の低速回転部付近にセンサーを設置。センサーを通じて機器の振動・温度データを集...

商船三井は旭化成エンジニアリング(川崎市川崎区)と共同で、振動センサーを用いた舶用回転機器に起こる異常の予兆検知について、実証プロジェクトに取り組む。 ... 異業種の技術を舶用機器...

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と高田工業所は20日、モーターなど回転機器の電流情報量診断システムを共同開発する覚書(MOU)を締結したと発表した。高田工業所の回転状態が診断できる計測装置の技術と...

風速や回転速度、発電量といった正常時の基本データを収集し、データベースを構築。... 【条件変化に対応】 風力発電設備はポンプなどの一般的な回転機器と異なり、風速や風向きの変化で回転...

【広島】新川電機(広島市中区、新川文登社長、082・247・4211)は、タービンやモーターなど回転機器の振動を測定するセンサーで、無線でデータを集めるタイプ(写真)を開発した。... 電源や通信ケー...

VM―82Aは、加速度・速度・変位を適切な周波数で測定し、回転機器などの振動状態を評価する。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる