2,034件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

低金利環境が継続する中、同債券は40年国債に比べて利回りが良く長期・安定的な利息収入が得られる。

それぞれ「iシェアーズ米国債1―3年ETF」「同米国債20年超ETF(為替ヘッジあり)」「同米ドル建て新興国債券ETF(為替ヘッジあり)」「同ユーロ建て投資適格社債ETF(為替ヘッジあり)」。

要求額のうち、基礎的財政収支(プライマリー・バランス)の対象経費は77兆9952億円、国債の償還や利払いに充てる国債費の要求額は25兆4934億円だった。

コロナ対策で20年度の新規国債の発行額は90兆円に達する。

(編集委員・宮里秀司、最終面に 「深層断面」) 21年度の一般会計概算要求のうち、国債の償還や利払いに充てる国債費は、20年度当初予算比で2兆1419億円増の25兆4934億...

赤字国債を発行してでも中小企業の資金需要に応えてほしい」 「また、銀行からの融資に依存する資金調達手段を多様化させる必要がある。

政府は新型コロナ対策として、20年度に2度の補正予算を組み、新規国債発行額が戦後最大の90兆円に達する。

国債の格付けが下がるリスクが潜在的に常にある。仮に国債の格付けが下がれば、その国の企業の格付けにも影響する。

大規模な金融緩和策は、長期金利をゼロ%に誘導するために長期国債を上限なく購入し、短期金利は日銀当座預金の一部にマイナス0・1%のマイナス金利を適用するもの。

景気回復期待や国債増発による需給緩和で10年債利回りが上昇し、期待インフレ率の上昇を相殺した。

アルゼンチンは今月初め、約650億ドルに上る外貨建て国債の債務再編交渉について債権者側と合意に達したものの、経済の先行きには大きな不安がつきまとう。

コロナ禍を受けた大型経済対策の財源として、57兆円余りの国債増発を決めたためだ。

米10年物国債利回りから期待インフレ率を控除した実質金利はマイナス1%近辺と依然低水準にあり、金は高値を維持しやすいが、目先ではドル買いに伴う調整が入る可能性もある。

国債は1・5%増と、3カ月連続増加した。

政府案では、債権者の国債を新たな国債と交換するが、詳細な条件は明らかになっていない。 ... 政府は20年4月、外貨建て国債について、22年までの返済猶予と元本5・4%、利払い62%...

今年の財政赤字の対GDP比は3・6%以上とし、財政赤字の規模は前年度比1兆元増とするほか、感染症対策特別国債を1兆元発行する」としたのに加えて、「2020年は地方特別債を19年より1兆6000億元増や...

財務省がまとめた2019年度の特別会計(特会)の決算概要によると、歳入から歳出を差し引いた剰余金は、借金返済を管理する国債整理基金特会を除いて9兆3000億円となり、前年度より約1000億円増えた。&...

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた大型経済対策の財源として、57兆円余りの国債を増発したことを踏まえた。... コロナ禍による景気の悪化で税収が下ぶれる見通しとなったことや、大型補正予算の編成に伴う...

これまでも風力、太陽光と並んで水素エネルギーの研究開発に多額の資金を投じてきたが、7年ぶりの新規国債発行で全額が賄われる今回の補正予算編成に当たり、一気にグリーン水素の実用化に向けた取り組みを加速する...

国債の低金利が継続する中、クレジット投融資など運用面を工夫することで本格的に販売するめどがついた。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる