931件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

産業春秋/宇宙開発の精華 (2020/6/2 総合1)

米国の宇宙船『クルードラゴン』が2人の宇宙飛行士を乗せた試験飛行で、無事に国際宇宙ステーションに到着した。... 従来のロシアの宇宙船に比べて「情報が得やすくなった」と宇宙航空研究開発機構の担当者。&...

国際宇宙ステーション(ISS)に水や食料、実験器具などを運ぶ国産物資補給船「こうのとり」9号機が、大型基幹ロケット「H2B」で打ち上げられISSに到着した。... 9号機は宇宙ステーション補給機(HT...

米宇宙企業スペースXが開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が30日午後(日本時間31日未明)、南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。国際宇宙ステーション(ISS)到達を目指す本格的な...

【ワシントン=時事】米フロリダ州のケネディ宇宙センターで27日午後(日本時間28日早朝)に予定されていた民間開発では初の本格的有人宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げは、悪天候のため延期された。... ...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)に実験関連機器などを運ぶ国産物資補給船「こうのとり」9号機がISSとの結合に成功したと26日発表した。

産業春秋/心の「免疫力」 (2020/5/26 総合1)

国際宇宙ステーションは、究極の閉鎖環境の中で冷静な判断と正確な作業が要求される。... 厳しいメンタルトレーニングを積んだ猛者たちも命の危険と隣り合わせの宇宙では緊張の連続だ。 .....

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日2時31分、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」9号機を大型基幹ロケット「H2B」9号機で種子島宇宙センター(鹿児島県...

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、水や食料、実験器具などの物資を国際宇宙ステーション(ISS)に運ぶ国産物資補給船「こうのとり」9号機を21日2時半ごろに種子島宇宙センター(鹿児島県南種...

ANAHD、国際宇宙ステーションでアバター実証 (2020/5/20 建設・生活・環境・エネルギー)

ANAホールディングス(HD)でアバター(分身ロボット)事業を手がけるアバターインは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とともに、国際宇宙ステーション(ISS)で実証プロジェクトを始める。JAXAの有償...

宇宙技術を応用することで、深宇宙への進出や地球上でのビジネス展開が期待される。... ゲートウェーは国際宇宙ステーション(ISS)よりも高い安全性を求められるだろう。その分、できることも大幅に増えると...

小型衛星や国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に搭載可能な複数機体制により、夜間も含めた1日1回以上の撮影体制で稼働状況の変化を把握する。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は31日、米スペースXが開発中の宇宙船「クルードラゴン」初号機に宇宙飛行士の野口聡一さんが搭乗すると発表した。クルードラゴンは、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙セン...

東京大学大学院農学生命科学研究科の五十嵐圭日子准教授らと有人宇宙システム(JAMSS、東京都千代田区、古藤俊一社長、03・3211・2002)は、宇宙環境下で地上と異なる構造や性質を持つセルロースの酵...

NASAの21年度予算要求、12%増252億ドル (2020/2/20 科学技術・大学)

米大統領府は、2021年度の米航空宇宙局(NASA)の予算要求を取りまとめた。... 次世代大型ロケット「SLS(スペース・ローンチ・システム)」と有人宇宙船「オリオン」の開発関連に約40億ドル(約4...

また数キログラム程度の超小型衛星であれば、一度補給船で上空400キロメートルに位置する国際宇宙ステーション(ISS)に運びこみ、ISSの放出機構を利用して周回軌道上に放出することも可能だ。 &...

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は27日、政府全体の宇宙開発予算案を取りまとめた。... 19年10月に日本政府が参加を正式表明した米国の国際宇宙探査計画に向けた研究開発などには120億円を盛り込んだ。そ...

国際宇宙ステーション(ISS)の物資輸送で定評がある物資補給船「こうのとり」を発展させた補給技術や、水と空気の再生技術の開発などで貢献する。人類は宇宙のどこまでたどり着けるか。... 内部に有人宇宙船...

電離圏では、国際宇宙ステーションや人工衛星が飛翔し(高さ300キロ―400キロメートル)、オーロラが光る(高さ100キロ―500キロメートル)。いわば宇宙への入り口だ。 ... 私た...

検証2019/米宇宙計画へ参加 日本が正式表明 (2019/12/20 科学技術・大学)

2024年に有人月面着陸、30年代に有人火星着陸を目指す米国の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」に日本も参加することになった。... 4人の宇宙飛行士が10―30日常駐できる施設となる。 &#...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、JAXAの主衛星を打ち上げるロケットに相乗りする超小型衛星の打ち上げ機会を提供する事業の民間事業者として、SpaceBD(スペースBD=東京都中央区)を選定した...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる