2,185件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

経済協力開発機構(OECD)は38カ国が加盟する世界最大のシンクタンクで、経済、産業、環境、教育、科学技術などの広範な政策領域で分析・提言を作成し世界標準を作る「スタンダード・セッター...

そこで新認証の土台となるケミカルリサイクルの国際標準化の取り組みを始めた。日化協が事務局を務める国際標準化機構(ISO)の化学分野の専門委員会(TC47)へケミカルリサ...

この成果は、6月にアメリカで開催された「コンピュータービジョンとパターン認識国際会議」(CVPR 2022)において発表しており、データセット及び学習済みモデルが公開されている...

産総研で開発した精度評価法を広く世界で利用できるよう、国際標準化に取り組んでいる。... 産総研 工学計測標準研究部門 幾何標準研究グループ主任研究員 佐藤理 ...

石連、合成燃料の開発支援 来月2組織始動 (2022/8/5 建設・生活・環境・エネルギー)

官民一体で国際標準化狙う 石油連盟(杉森務会長=ENEOSホールディングス会長)は、液体合成燃料など次世代の脱炭素エネルギー開発を支援するため、政策提言と技術...

アズビル、流量試験で国際標準対応 京都に設備新設 (2022/8/4 機械・ロボット・航空機1)

国際標準に適合する圧力流量範囲の試験に対応する。

日本の国家規格の地域メッシュコードの国際標準化を進める。

情報通信研究機構(NICT)では、6Gを含む次世代通信システムの研究開発を進めており、殊に得意分野である高周波電波技術の開発や国際標準化に鋭意取り組んでいる。... このアンテナは面積...

国際標準化機構(ISO)の非破壊試験専門委員会(TC135)の日本代表や国際議長を務めた経験から、今後の標準化活動や人材育成について語った。 ... ...

経済産業省は水素の製造に利用する水電解技術の国際標準化を支援する。... 23日に開いた産業構造審議会(経産相の諮問機関)作業部会で国際標準化の方針を示した。... 欧州と国際標準化で...

活動の一環で日本発の国際標準化機構(ISO)規格化を推進する。

TDK、ワイヤレス給電向け薄型パターンコイル開発 (2022/6/22 電機・電子部品・情報・通信1)

TDKによると、ワイヤレス給電の国際標準「Qi(チー)」規格の適合品で最も薄い。

電機産業の持続的発展のため、政策提言、市場調査、国際標準化規格の審議・制定、技術イノベーションの創出支援などに取り組む。

「エネルギー・環境戦略推進による持続可能な社会の実現」、「次世代技術・イノベーションによる新市場創出」、「グローバル市場拡大に向けた技術基盤強化と国際標準化の推進」の3点を引き続き重点方針として設定。

私たちが提案するオフローディング機構は、ICNの国際標準仕様に準拠する通信ソフトウエア「Cefore」を用いて実装し、NICT内の実験ネットワークに導入した。

脱炭素やデジタル変革(DX)など新潮流をめぐる国際競争が激化する中、標準化戦略を担える人材育成支援や規格開発を後押しする場の提供強化が柱。... 「脱炭素をめぐり各国が自分たちの技術体...

アイガ電子工業は今回、国際標準である米国電子回路協会(IPC)の規格「電子組立品の許容基準」で最高水準の「クラス3」に対応する製造ラインの構築を目指す。

材料劣化を微弱光で分析 東北電子産業、測定法がISO規格に採用 (2022/5/10 電機・電子部品・情報・通信)

【仙台】東北電子産業(仙台市太白区、山田理恵社長)が国際標準化を目指して提案していた自社の微弱発光測定装置(ケミルミネッセンスアナライザー)...

こうした取り組みにより、国際標準化機構(ISO)など国際規格の取得につながれば中小製造業のSDGs経営の実現に近付くとみている。

追加したチェックシート機能により、金型の保守や部品交換に必要な手順など国際標準化機構(ISO)の規定に基づいて作成する各種チェックシートを電子化できる。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン