70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

清水建が国際物流拠点 福岡空港近接、西鉄に一括賃貸 (2021/6/18 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は17日、福岡空港に近接する同社所有地で国際物流拠点となる物流施設「S.LOGi(エスロジ)福岡空港」(福岡市博多区)の開発に着手すると発表した。同空港は東南アジアや中国各都市への増便を計画し...

アイセルグループの国内工場は5拠点あり、半導体関連の主力はりんくう工場(大阪府泉南市)が担う。沖縄工場は沖縄県の経済特区・国際物流拠点に立地しており、生産する部品の約8割が中国や韓国、台湾などへの輸出...

SG HD、大型物流施設を公開 中継拠点集約 (2020/1/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

従来型中継センターの約5倍に相当する1時間当たり10万個の仕分け処理能力で、中継拠点集約の効率化を図るとともに、センター内に入居する国際物流やEC(電子商取引)物流機能との連携を狙う。 ...

内閣府沖縄総合事務局、国際物流推進事業に離島追加 (2020/1/10 中小企業・地域経済2)

内閣府沖縄総合事務局は、沖縄からの製品出荷の拡大を目指す「沖縄国際物流拠点等活用推進事業」の対象物流拠点に離島の施設を追加する。... 同事業は沖縄の特色を生かした先進的モノづくりなどを補助し、県内物...

北から南から/特区を行く 制度活用、産業集積に拍車 (2019/12/30 北から南から/経済特区)

同特区は、環境を軸に産業の国際競争力を高め、アジアから世界に展開する産業拠点の構築を図っている。... 高付加価値船については、物流や生産の効率化による生産コスト削減を図っている。 ...

沖縄総合事務局、国際物流推進事業で採択2件追加 (2019/8/30 中小企業・地域経済1)

内閣府沖縄総合事務局は2019年度「沖縄国際物流拠点活用推進事業」で補助金交付先2件を追加で選んだ。同事業は沖縄からの搬出品増加に向けた、製造業や物流業の取り組みに対して経費の3分の2を補助する制度。

西濃運輸、千葉・成田支店の営業スタート (2019/6/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

成田国際空港に近い立地を生かし、同県北東部での集荷や配達業務だけでなく、通関、流通加工、保管を一括運用できる国際物流拠点としても活用する。

同県がまとめた、経済特区の国際物流拠点産業集積地域(旧うるま地区・那覇地区)への立地企業数は、2018年末時点で88社となった。

植物工場やエネルギー、物流もある」と変化を意識。... 特に苫小牧港は食の国際物流拠点として整備が進む。「これからは物流を起爆剤にした食関連の移輸出もできる」と北海道の強みである食産業の集積に期待する...

アイセル、沖縄に新工場 精密ガイド部品、アジアに輸出 (2018/7/30 機械・ロボット・航空機2)

沖縄の経済特区・国際物流拠点に立地するメリットを生かし、需要が伸びる中国や韓国、台湾を中心に同部品を輸出する。... アイセルグループの国内工場は、本社を含む大阪府の2カ所と広島、山口両県を合わせ、5...

ナノシステムソリュ、ウエハー表面検査装置 60μm単位で凹凸検知 (2018/7/5 電機・電子部品・情報・通信2)

内閣府の国際物流拠点活用推進事業を利用して開発した。

ブランド化にあたっては国の「沖縄国際物流拠点活用推進事業費補助金」を活用する。

本社工場は沖縄県中部の経済特区「国際物流拠点産業集積地域」にある。... 【物流の課題なお】 沖縄の製造業にとってネックは物流。

県中部の「国際物流拠点産業集積地域うるま・沖縄地区」の立地企業数は2018年3月末で67社となり、前年から9社増え過去最高の企業数を記録した。... エフエムディ 増産支える「人の手」確保 &...

沖縄県、賃貸工場で技能五輪 立地環境を訴求  (2018/6/6 中小企業・地域経済2)

うるま市内の経済特区「国際物流拠点産業集積地域」の4棟を会場とする。

【那覇】沖縄県は県中部の経済特区「国際物流拠点産業集積地域うるま・沖縄地区」の2018年3月末時点の立地企業数が67社となった。

【那覇】沖縄県がまとめた2017年(12月末時点)の立地企業数によると、経済特区「国際物流拠点産業集積地域」の旧うるま地区、那覇地区の実績は前年比6社増で過去最高の81社となった。

欧州企業が沖縄県内に製造拠点を設ける事例は少なく、同社は、欧州企業が沖縄をアジア・オセアニア向けの製造拠点として活用できる可能性を示したいと意欲的だ。 従業員20人、設計か...

食品加工場は経済特区「国際物流拠点産業集積地域」に建設する。精肉以外のローストビーフやハンバーグなど加工食品の生産・輸出拠点とする。... 輸出には那覇空港を中心とした国際貨物ネットワークを活用する。

イーレックス、沖縄でバイオマス発電 21年春開業 (2017/10/18 中小企業・地域経済2)

バイオマス発電所は経済特区「国際物流拠点産業集積地域うるま・沖縄地区」内に置く。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる