36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

沖縄のジュゴン絶滅危機 IUCNが警告 (2019/12/13 科学技術・大学)

国際自然保護連合(IUCN)は11日までに、絶滅の恐れがある野生動物を掲載した「レッドリスト」を更新し、沖縄の近海に生息するジュゴンを絶滅危険性の最も高い「絶滅危惧IA類」に指定した。

稚魚漁調査、乱獲防止の重要さ啓発 イオンは2018年、中央大学の海部健三准教授、非政府組織(NGO)の世界自然保護基金(WWF)などと協力し、インドネシアのジャワ島南部でシラスウナギ...

日仏連合が“ゴーン・ショック”を乗り越えられるか、注目される。 ... 11月23日(日本時間24日未明)にフランスのパリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会で、競合するロシア・...

ニホンウナギも資源量が減っており、14年に国際自然保護連合が近い将来、野生での絶滅の危険性が高い種とした。

自然食品志向が強い米国の消費者へも対応し、長野県伊那市に農業法人を設立。... 新丸正(静岡県焼津市)は17年2月にカツオブシ工場として初めて欧州連合(EU)向けに輸出水産食品取り扱い施設認定を取得。...

CDPがWWF(世界自然保護基金)などと始めた活動「サイエンスベースドターゲッツ(SBT)」も、影響力を持ち始めた。... SBTが登場し、環境目標にも国際基準ができた。... 事業で使う電気全量を再...

国際協力機構(JICA)の委託事業で、現地で発生する廃材などを燃料に活用する。日本製紙連合会や足利工業大学、三陽(佐野市)など約10社・団体と連携する。 ... ...

最近はただでさえ“スロー・トレード”現象と呼ばれ、国際通貨基金(IMF)などが、貿易の伸び率が経済成長率を下回る現状に警鐘を鳴らしていた。 ... 代表例が英国の国民投票で欧州連合(...

国際自然保護連合(IUCN)は25日、アフリカ大陸に生息するゾウの数が急速に減少したと危機的状況を訴える報告書を発表した。... 報告書は南アフリカのヨハネスブルクで開かれている国際的な野生動物の取引...

販売額の一部を、絶滅危惧種の保護を目指す団体「国際自然保護連合(IUCN)」に寄付した。

トヨタ自動車は10日、国際自然保護連合(IUCN、本部=スイス)の活動を、2020年までの5年間にわたり支援すると発表した。

14年には国際自然保護連合がニホンウナギを絶滅危惧種に指定した。

ニホンウナギについては2014年、国際自然保護連合が「絶滅する危険性が高い絶滅危惧種」に指定するなど、資源枯渇の懸念が高まっている。

11月17日、国際自然保護連合(IUCN)は、太平洋クロマグロを絶滅危惧種に指定し、日本に対して保護の強化を求めた。... 養殖して漁獲量を維持、価格安定を支え、雇用を保護すれば養殖の重要性が高くなる...

国際自然保護連合(IUCN)がニホンウナギを絶滅危惧種に指定したが「四国の四万十川でウナギの養殖に成功したい」と話すのは、環境関連製品製造・販売のアクト(徳島県吉野川市)社長の尾北俊博さん。 ...

昨日、今日と事務折衝を続けており、その進展度合いによって大臣間で自然体で会うことはある」と含みを持たせた。... 貿易の技術的障害を取り除こうという国際的な潮流の中で、自動車分野の安全・環境基準につい...

国際自然保護連合はニホンウナギを絶滅危惧種とするかどうかの検討に入った▼日本人は昔からウナギを食べていたが、その生態は謎だった。

世界遺産は7カ所が登録されるなど自然と歴史にも恵まれている。04年には欧州連合(EU)に加盟した。 ... 名誉領事は主に大使館のない地方において、在日スロバキア人の保護や経済、文化...

日本機械工業連合会が選定した「第32回優秀省エネルギー機器表彰」の受賞製品を連載で紹介する。... 中でもフロン冷媒のハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)22は、オゾン層破壊係数が0・055、地...

環境省は、外務省との共催により17日14時から東京都港区の三田共用会議所大会議室でワークショップ「大規模自然災害と保護地域〜インド洋大津波の経験を三陸復興国立公園(仮称)につなげるために〜」を開く。世...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる