51件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

国際航空運送協会(IATA)のリポートによれば、15―19年の5年間の世界の航空死亡事故の最大要因は特殊気象であり、40%の事例において何らかの気象現象が事故の主要因あるいは背景要因となっていた。&#...

航空会社にとって機材調達は要となる。... 【事業縮小で収支均等】 国際航空運送協会(IATA)は、世界の航空旅客需要がコロナ前の水準に戻るのを24年と想定する。...

航空・海運 排出削減へブレークスルー 国内におけるCO2排出量の1%弱を、それぞれ航空と海運が占める。... 航空は国際航空運送協会(IATA)が50年までの半減を目標に掲げる。.....

新型コロナ/ジャムコ、航空機内装品のコロナ対策急ぐ (2020/10/19 機械・ロボット・航空機2)

航空会社や機体メーカーと連携しながら模索が続く。... コロナ禍により航空業界は窮地に陥っている。国際航空運送協会(IATA)は世界の航空需要が2019年の水準に戻るのは24年との見方を示す。

日本鉱業協会の宮川尚久会長は「ウィズコロナ、アフターコロナでは、物資の安定供給確保やサプライチェーン(部品供給網)の強化など国内の供給体制の維持・確保が重要だ」と指摘。... 国際航空運送協会(IAT...

航空2社の4―6月期、大幅赤字 コロナで移動需要激減 (2020/8/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

ANAホールディングス(HD)、日本航空(JAL)ともに成長を先導してきた国際線は、各国の水際対策や渡航制限で散々な状況。... 国際航空運送協会(IATA)の見直しを受けて、福沢一郎ANAHD取締役...

航空機の電動化を見据えた産学プロジェクトが始動する。... 一部の航空機では電力で空調を稼働させているが、電動化には航空機全体のエネルギーの利用を最適化する必要がある。... 国際...

【ニューヨーク=時事】国際航空運送協会(IATA)は、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ航空業界の旅客輸送がコロナ前の水準に戻るには、2024年までかかるとの予想を公表した。... また、オンラ...

ANAHD、運航以外で発生CO2ゼロに (2020/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

ANAホールディングス(HD)は22日、2050年までに、航空機の運航以外で発生する二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにするなどの環境目標を発表した。... このほか国際航空運送協会(IATA)の行動計...

コロナ禍を受け、航空会社やリース会社が受領時期や機体数の調整を本格化しそうだ。 ... 新型コロナの感染拡大を受け、航空会社は減便を余儀なくされている。国際航空運送協会(IATA)は...

JAL、2050年にCO2排出ゼロ 省エネ機材・バイオ燃料採用 (2020/6/22 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)の赤坂祐二社長は19日開いた定時株主総会で2050年に二酸化炭素(CO2)排出量、実質ゼロを目指す方針を明らかにした。「多くのCO2を排出する航空機は正面から(地球温暖化問題に)取り...

【ニューヨーク=時事】国際航空運送協会(IATA)は9日、2020年の世界の航空業界の損失が843億ドル(約9兆円)に上るとの見通しを公表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要急減で、航空各社の...

世界の航空会社が加盟する国際航空運送協会(IATA)は4月14日、20年の国際線・国内線合わせた旅客収入の減収規模が3140億ドル(約33兆5000億円)と予測した。... 国内航空各社が加盟する定期...

アメリカン航空グループは補助金と低利融資で58億ドル(約6200億円)、デルタ航空は54億ドル、サウスウエスト航空は32億ドルの支援を受ける。ユナイテッド航空、アラスカ航空、ハワイアン航空なども対象。...

世界の航空業界が新型コロナウイルス危機を乗り切るためには、1500億―2000億ドル(約16兆―21兆円)規模の政府支援や救済措置が必要だと、国際航空運送協会(IATA)が指摘した...

ボーイングは、民間航空機需要が今後20年でほぼ倍増すると予想している。... 民間航空機需要の増加に伴い、航空機の環境対応の重要性は高まっている。国際航空運送協会(IATA)は、地球温暖化防止に向けて...

環境負荷を抑えた航空機燃料の需要拡大を取り込む狙い。 ... 国際航空運送協会(IATA)が原料の多様化により、名称をSAFに変更した。 ... 航空機燃料への応用...

成田空港など、医薬品輸送品質認証 21年3月取得目指す (2019/10/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

【千葉】成田国際空港(NAA)は2021年3月に、関係事業者と結成した空港コミュニティーで、IATA(国際航空運送協会)が提唱する医薬品輸送品質認証「CEIV Pharma」の取得を目指す。

アジア諸国を中心とした経済発展を追い風に、航空機関連事業は拡大が見込まれている。... 中でも「航空機」は成長性が期待され、最注力分野に位置付ける。 国際航空運送協会(IATA)によ...

航空機の電動化 超電導で高出力・軽量 日本航空機開発協会(JADC)によると、航空旅客需要は堅調に伸び、38年までに現在の2...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる