76件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校、香港大学は、成功と失敗の試行錯誤の結果が意識下に作用することで、ヒトの脳が報酬を得るための行動を合理的に選択する強化学習を...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の脳情報通信総合研究所と情報通信研究機構の脳情報通信融合研究センター(CiNet)は、人工知能(AI)とヒトが互いを訓練するシステムを開発し、ヒトが感じる痛みの軽減...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者の、強い恐怖と恐怖の過剰抑制という2種類の反応について、脳のスイッチ機能を発見した。

KDDIなど、スマホ依存で共同研究 (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

KDDIはKDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)、国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)、エックスネフ(京都府精華町)と連携し、脳神経科学と人工知能(AI)を用いて「スマートフォン依存」の...

【広島】広島大学の岡本泰昌大学院教授らをはじめ、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)や昭和大学などによる研究グループは、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)による検査と人工知能(AI)を用いて特定のうつ病に...

国内外のスタートアップ、ATRが伴走支援 (2019/7/23 中小企業・地域経済2)

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は22日、国内外のスタートアップ企業を伴走支援する「けいはんなグローバルアクセラレーションプログラムプラス(KGAP+)」を始めた(写真)。... 国内外のスタート...

私たちの研究の目的は、人々にとって優しく自然なコミュニケーションを阻害しない、ツールとしての立体(3D)映像技術を研究開発することである。 ... (火曜日に掲載) ...

【北九州】デンソーなど4者は29日、無線技術を使って産業用ロボットを制御する実証実験を始めたと発表した。高速・大容量の第5世代通信(5G)技術を利用して製造現場の大容量通信や効率化を目指す。 ...

関西文化学術研究都市推進機構(KRI)と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は24日、イスラエル・イノベーション庁と、技術革新の推進に関する連携協定を結んだと発表した。... KRIの中川雅永常務理事...

同ファンドは、日本ベンチャーキャピタル(NVCC)が運営し、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の研究成果を投資対象としている。 ... 具体的には、ドローンの位置情報管理、相互通信...

考えるだけで動くアームロボ、ATRが開発 (2018/7/26 科学技術・大学)

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所の西尾修一主幹研究員らは、考えるだけで操作できるアームロボットを開発した。

■建設・エンタ・クルマに変革 2020年の実現を目指す次世代通信技術「第5世代通信(5G)」―。... 3月に国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などと共同で、50台のタブレット端末...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の佐藤匠徳特別研究所所長らは、さまざまなヒト疾患の変化を表すマウスモデルの全身網羅的な多器官遺伝子の発現地図を作製した。

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)佐藤匠徳特別研究所の河岡慎主任研究員らは、ゼブラフィッシュによる動物モデルで、局所のがんが正常な臓器に作用を及ぼす仕組みの一部を解明した。

東レ建設(大阪市北区、冨山元行社長、06・6447・5152)は、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などと共同でIoT(モノのインターネット)技術を活用した地域住民参加型農業「シェアリング農業」の実...

NECは11日、情報処理や通信、電子デバイスやその融合分野で顕著な業績を挙げた人物に贈る2017年度の「C&C賞」を、脳の情報を読み取って機器を操作する「ブレイン・マシン・インター...

東レ建設(大阪市北区、冨山元行社長、06・6447・5152)は30日、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などと共同で地域住民が農業に参加する「シェアリング農業」の実証事業を9月1日に開始すると発表...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所ネットワークロボット研究室の宮下敬宏室長らは31日、店舗用接客ロボットが見よう見まねで業務を覚える技術を開発したと発表した。... 開発した技...

18年には三菱東京UFJ銀行事務センター、日本電産生産技術研究所が開所予定となるなど、最近も大型の立地が続いている。 ... 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、オムロン、京セラ、...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)佐藤匠徳(なるとく)特別研究所の河岡慎平主任研究員らは、がん患者で見られる肝臓肥大の仕組みをマウス実験で明らかにした。... 東京大学、国立循環器病研究センター、統...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる